Skip to content
master
Switch branches/tags
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

ご注文はクラムボンですか?

東京高専競技部門

第25回 全国高等専門学校プログラミングコンテスト(一関大会)の競技部門で実際に使用されたソースコード.

##順位 ###25th-procon 6位

###NAPROCK2014 9位

##開発環境など マルチプラットフォームアプリケーションなので,いずれのOSでも実行可能です.
実行は以下の環境をサポートしています.

  • Windows
    • Visual C++ Compiler Nov 2013 CTP
  • (Arch|Gentoo) Linux
    • clang 3.6
    • gcc 4.9.1

多くの外部ライブラリを利用していますが,以下のライブラリをコンパイラがinclude/link可能になっていれば問題ありません.
なお,環境構築について詳しくは,環境構築を一から行う方法について言及してあります.

  • Boost C++ Libraries 1.56.0
  • FLTK(Fast, Light Toolkit) 1.3.2
  • cpp-netlib 0.11.0
  • Gregwar/mongoose-cpp Hash:2051bc380ae3fcf7fc3b9ace8700b25a79981a52
    • eval_server(自作プロコンサーバ)のコンパイルのみに必要. 導入しなければコンパイル時にエラーが出るだけで,コア・プログラム(./clammbon/./bin/release/procon)の動作には影響無し
    • 当Repositoryのルートに配置してある,mongoose.patchを適用する必要有

##実行方法 WindowsのVCなら,何も考えずにF5で実行できます.
引数の設定はVCのデバッガ引数あたりを使っても問題ないです.引数については,Linuxと共通です.
パスの設定は必要ですが,実は環境変数を,目を瞑って環境変数について(Windowsのみ)のように設定すると……

Linuxなら,

$ make -j9
$ ./bin/release/procon -s 127.0.0.1 -p 01

によって,127.0.0.1の80番に開いているサーバに,/problem/prob01.ppmの請求をできます.
引数-aをつけると,一番最初に原画像を推測できたアルゴリズムが自動的にOneShotします.

その他の詳しい引数については,引数無しでproconを実行すると表示されますので,ご確認ください.

##ディレクトリ構造

パス 説明
./README.md 本READMEファイル
./makefile 統合makefile
./makefile.in 各makefileの共通設定
./mongoose.patch mongoose-cppに対する追加パッチ
./procon2014.sln Visual Studio 2013 ソリューションファイル
./bin/ 実行ファイル出力先
./bin/release/ リリースビルド出力先
./bin/debug/ デバッグビルド出力先
./clammbon/ 共通基盤,solverの実装本体をまとめたライブラリ
./eval_position/ 問題画像から原画像を推測するアルゴリズムの検証コード
./eval_movement/ 並び替え(パズドラ)アルゴリズムの検証コード
./eval_server/ 公式サーバじゃない自作問題サーバ
./lib/ clammbonライブラリのビルド先(.aや.lib)
./prob_maker/ 問題作成プログラム
./resolver/ 所謂solverで,clammbonの各処理を分散させたりする本体
./test/ テスタ.通信テストぐらいか

/clammbon,/eval_*,/resolverディレクトリの中には./src,./includeディレクトリがあり, それぞれ.cppファイル,.h{,pp}ファイルが入る.

##環境構築について詳しく ####環境変数について(Windowsのみ)

Windowsで環境変数を利用したincludeパス/libraryパスの設定に対応しました. Visual Studioの「VC++ ディレクトリ」は事情があるとき以外は弄らないこと.

環境変数の設定の一例として次のように設定すれば動くはず.

LIBRARIES_DLL : C:\opencv\build\x64\vc12\bin

LIBRARIES_INCLUDE : C:\boost\include\boost-1_56;C:\cpp-netlib;C:\fltk-1.3.2;C:\opencv\build\include;C:\openssl-1.0.1h\include

LIBRARIES_LIB : C:\boost\lib;C:\fltk-1.3.2\lib;C:\openssl-1.0.1h\lib\VC\static

LIBRARIES_LIB_X64_DEBUG : C:\cpp-netlib\libs\network\src\Debug;C:\opencv\build\x64\vc12\lib

LIBRARIES_LIB_X64_RELEASE : C:\cpp-netlib\libs\network\src\Release;C:\opencv\build\x64\vc12\lib

LIBRARIES_LIB_X86_DEBUG : C:\cpp-netlib\libs\network\src\Debug;C:\opencv\build\x86\vc12\lib

LIBRARIES_LIB_X86_RELEASE : C:\cpp-netlib\libs\network\src\Release;C:\opencv\build\x86\vc12\lib

PATH : 末尾に;%LIBRARIES_DLL%を追加

####Boost C++ Libraries (http://www.boost.org/)

Windowsならば,C:\直下の位置に配置して以下に示すようにビルドすれば, Visual Studioの「VC++ディレクトリパス」を変更しなくても使えるはず.

Linuxなら,ビルドしてGCCにパスを通すか,パッケージマネージャで入れればそのまま使える. 例えば,Archだとpacman -S boost boost-libsとでも叩いておけば,勝手にパス通る.

後に環境変数で,環境の違いでも吸収できるようにする予定.
Windowsならば https://sites.google.com/site/boostjp/howtobuild が参考になるかと思う. とりあえず,以下にWindowsでのビルド方法やらを書いておく.

#####Windows/Linux共通 公式HPからダウンロードして解凍.
サイト探すの面倒なら, http://sourceforge.net/projects/boost/files/boost/ から最新バージョン選んで, 好きな圧縮形式を選べばいいと思う.

#####Windows Visual Studio系統の準備が済んでいることを前提に説明をする.

  1. 解凍してできたboost_1_*_*というフォルダをC:\boost\boost_1_*_*となるように配置する.
  2. スタートのすべてのプログラムより, 「Visual Studio 20**」→「Visual Studioツール」→「VS20** x64 Native Tools コマンドプロンプト」を起動.
    なお,32bit Windowsを使っている場合はx86だと思う.
  3. > cd C:\boost\boost_1_*_*
  4. > .\bootstrap.bat
  5. > .\b2 install --prefix=C:\boost address-model=64
    これも32bit Windowsなら64じゃなくて32.
  6. コンパイル終了まで陶芸でもやる.

これで,C:\boost\libにライブラリファイル,C:\boost\include\boost_1_*_*にインクルードファイルができる. これをVisual Studioの「VC++ディレクトリパス」に追加すればOK.

#####Linux Linuxならパッケージマネージャに大体用意されてるので,それを使ったほうが説明が楽だし割愛. svnとか使いたいなら,Windowsと大差無い方法でビルドできる..batが.shになるぐらい.

####FLTK(GUI Tool Kit)

fltk-1.3.2-source.tar.gzをDLしてきてREADMEを読めばなんとかなるけれど,一応書いておく.

#####Windows Visual Studioでのコンパイル方法を説明する.Visual Studioは2010用ソリューションを変換して利用する.

  1. 解凍してできたフォルダをC:\fltk-1.3.2となるように配置する.
  2. C:\fltk-1.3.2\ide\VisualC2010\fltk.slnを起動する.
  3. 変換に関するダイアログには従っておく.
  4. VSのツールバーの「Debug」やら「Release」やら選ぶボックスから,「構成マネージャ」を起動する.
  5. Windowsが32bit版なら何もする必要はない.64bit版なら,「アクティブソリューションプラットフォーム」から新規作成を選び, Win32をコピー元としてx64向けのプラットフォームを作成し,それを選ぶ.
  6. 32/64bit問わず,アクティブソリューション構成をDebugに変更し,構成マネージャを閉じる.
  7. ソリューションエクスプローラで全プロジェクトを選択し,右クリックよりプロパティを開く.
  8. 左のツリーから,「構成プロパティ」→「C/C++」→「コマンドライン」を選択する.
  9. 右の「追加のオプション」に/FSを追加し,OKを押して閉じる.
  10. VSのメニューの「ビルド」→「ソリューションのビルド」より,ビルドを開始する.さらに,すべてのプロジェクトが成功するまで,根気よく再試行する.
  11. 手順6で「Release」を選択し,同様の手順を行う.

ここまで終われば,C:\fltk-1.3.2がインクルードディレクトリ,C:\fltk-1.3.2\libがライブラリディレクトリとなる.

#####Linux pacman -S fltkでも大丈夫だと思う.makeでビルドする場合の手法は次の通り.

$ autoconf
$ make
$ sudo make install

これで,/usr/localなbinとlibとincludeに導入される.

####cpp-netlib (http://cpp-netlib.org/)

これはWindowsでもLinuxでもビルドする必要がある.どちらもCMake必須.Boost.Buildを用いる方法は今回は使わない.

#####Windows/Linux共通 ちょっとわかりにくいけれど,今回はバージョンとしてリリースされているものを用いる. 公式サイト( http://cpp-netlib.org/ )より,「0.11.0(zip)」をダウンロード.tar.gzは多分壊れてる

解凍したら,WindowsならC:\cpp-netlib,Linuxなら好きな位置に置く.(Linuxは/usr/localにinstallすることになる)

#####Windows Visual Studioでのコンパイル方法を説明する.
CMakeのソフトウェア自体は http://www.cmake.org/ から落としてインストールしておく.

  1. OpenSSLの導入をする. http://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html から, 「Win64 OpenSSL v1.0.1h」か「Win32 OpenSSL v1.0.1h」の環境に合った方をインストールするのが簡単. その際,インストール先をC:\openssl-1.0.1hにする.
  2. cmake-guiを起動.(すべてのプログラム→cmakeの中にあるはず)
  3. 「Where is the source code:」および「Where to build the binaries:」にC:/cpp-netlibを指定する.
  4. 下の方のConfigureをクリックし,任意のバージョンのVisual StudioのWin64もしくは無印を選択する.
  5. 赤いエラーが出なければ,そのままGenerateをクリックする.
  6. C:\cpp-netlib\CPP-NETLIB.slnを開く.
  7. DebugおよびReleaseにて,「ビルド→ソリューションのビルド」を行う. bigobj関係のエラーが出た場合は,素直にエラーメッセージに従うとビルドできるし,無視しても構わない.

ステップ4でエラーになる場合は,環境変数BOOST_ROOTにC:\boost\boost_1_55_0を指定したり,環境変数OPENSSL_ROOT_DIRにC:\openssl-1.0.1hを指定したりすると良い.

#####Linux cpp-netlibのディレクトリ内へ移動して,

$ cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Debug -DCMAKE_C_COMPILER=clang -DCMAKE_CXX_COMPILER=clang++
$ make
$ make install

$ cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Debug -DCMAKE_C_COMPILER=gcc -DCMAKE_CXX_COMPILER=g++
$ make
$ make install

の好きな方を実行.

Gregwar/mongoose-cpp


詳しくは,./eval_server/README.mdを参照. なお,本Repositoryのルートにあるパッチを当ててください.

About

25th-Kosen-Procon Competition

Resources

License

Packages

No packages published

Languages