Japanese Translation of Requests documentation.
Python
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Failed to load latest commit information.
docs
requests
.gitignore
AUTHORS.rst
HISTORY.rst
LICENSE
MANIFEST.in
Makefile
NOTICE
README.rst
requirements.txt
setup.py
test_requests.py

README.rst

Requests: 人間のためのHTTP

このドキュメントは Requests のドキュメントを翻訳したものです。 翻訳の間違いなどの指摘は、 翻訳リポジトリのIssues に登録して頂けるとうれしいです。


Requestsは、人が使いやすいように設計されているPythonで書かれたApache2ライセンスのHTTPライブラリです。

冗長で扱うのが難しいHTTPリクエストを送信するためのPythonモジュールが既にたくさんあります。 Pythonの組み込みのurllib2モジュールは、必要なHTTP機能がほとんど提供されていますが、APIがまともに使えません。 簡単なことを行う(メソッドの上書きでさえ)のに、たくさんの作業量が必要になります。

それはPython的ではないので、そんなに複雑にするべきではありません。

>>> r = requests.get('https://api.github.com', auth=('user', 'pass'))
>>> r.status_code
204
>>> r.headers['content-type']
'application/json'
>>> r.text
...

Requestsを使わずに同じ事をするときのコード を見て下さい。

Requestsは、HTTP/1.1のリクエストを送信することができます。 ヘッダー、フォームデータ、マルチパートファイル、簡単なPythonの辞書形式でパラメータを添付することができ、 同じ方法でレスポンスデータにアクセスすることができます。 httplibや urllib3 が組み込まれていますが、 面倒な作業などは全てRequestsでやってくれます。

機能

  • ドメインとURLの国際化
  • Keep-Aliveとコネクションプーリング
  • Cookieによるセッションの永続化
  • ブラウザのようなSSLによる接続
  • ベーシック/ダイジェスト認証
  • エレガントなキー/バリューによるCookie
  • 圧縮の自動的な展開
  • レスポンスの本文のユニコード化
  • マルチパートファイルのアップロード
  • コネクションのタイムアウト
  • スレッドセーフ

インストール

Requestsをインストールするのは簡単です。

$ pip install requests

もしくは、以下でも同じです。

$ easy_install requests

しかし、easy_installを使うべきではない。

コントリビュート

  1. 公開されているissueの一覧をチェックするか、機能のアイデアやバグに関するディスカッションをするための新しいissueを作成して下さい。 まだコードに精通していない人にとって持って来いのContributor Friendlyタグがあります。
  2. master ブランチ(もしくはそれから派生したブランチ)に修正を加えるために、 Githubの リポジトリ をフォークして下さい。
  3. 期待している通りに動くか修正したバグが分かるようなテストを書く。
  4. プルリクエストを送るとバグのメンテナーがマージして公開します。 AUTHORS に追加されるでしょう。