Skip to content
This repository

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP

ぼっちの御伴のリポジトリ

branch: master
README.md

ぼっちの御伴とは

http://botti.heroku.com/ ぼっち飯を解消するためのツールです。「Twitter とか mixi とかいってても、俺には関係ねえ!おれはずっとぼっちで昼飯一緒に食うやつもいねえんだよ!」という人が、Twitterで連絡をとりあって付近の友人とごはんがたべられるようになります。

SNSで「一緒に飯くわね?」とかいうのは憚られますが、このサービスではあなたをフォローしていて、サービスを利用している人にしかみえません。ログも3日しかのこらないので安心です。

Google Map を利用して、付近で最近ごはんをたべたがっている人を探せます。おもわぬ人が近くにいることがわかって、仲良くなれるかもしれません。今はおもにスマートフォンを対象としていますが、近く携帯電話にも対応させたいです。

「ぼっちの御伴」というサービス名は「おとも」と「ごはん」を掛けています。ぼっちの御伴がぼっちなあなたをリア充の地平につれていきます。

デザイナーさん募集

デザインがあまりにも酷いので、どなたかデザインしてくださる方を募集しています。

How to setup

rvm を使用している前提です。

$ rvm install ruby-1.8.7
$ rvm use ruby-1.8.7
$ gem install bundler
$ bundle install --path vendor/bundle

つぎに auth_info.rb というファイルを config.ru とおなじ階層につくります。 これは twitter の認証情報他を設定しています。 heroku 等で公開する場合は、環境変数にこれらと同じものを導入する必要があります。 Twitter のアプリ登録は、発言までできるオプションを選択してください(DMは不要)。 テスト用と書いているものは、 cucumber や rspec の自動テストを走らせない場合は必要ないです。

# -*- coding: utf-8 -*-
ENV['CONSUMER_KEY'] = 'your key'
ENV['CONSUMER_SECRET'] = 'your secret'
ENV['USER_TOKEN'] = "token for your account" # テスト用
ENV['USER_SECRET'] = "secret" # テスト用
ENV['TWITTER_SUFFIX'] = " #otomo http://bit.ly/m4sMyV"
ENV['MESSAGE_SUFFIX'] = " [ぼっちの御伴] http://bit.ly/m4sMyV"
ENV['CLOSE_FILTER'] = "false" # filter.rb 参照
TEST_OAINFO = { # テスト用
  'uid' => '111222333',
  'user_info' => {
    'name'=>'Botti Testkun',
    'nickname'=>'nick',
    'description' => 'This is TestAccount',
    'image' => 'http://example.com/sample_image1.png'
  },
  'credentials' => {
    'token' => ENV['USER_TOKEN'],
    'secret' => ENV['USER_SECRET']
  },
  'provider' => 'twitter'
}

次に database.yml を作成します。

# SQLite version 3.x
#   gem install sqlite3
development:
  adapter: sqlite3
  database: db/development.sqlite3
  pool: 5
  timeout: 5000

# Warning: The database defined as "test" will be erased and
# re-generated from your development database when you run "rake".
# Do not set this db to the same as development or production.
test: &test
  adapter: sqlite3
  database: db/test.sqlite3
  pool: 5
  timeout: 5000

production:
  adapter: sqlite3
  database: db/production.sqlite3
  pool: 5
  timeout: 5000

cucumber:
  <<: *test

db を有効にしてサーバを起動します。 問題なくできていれば、ログイン・ツイートなどの機能もつかえるはずです。

$ bundle exec rake db:create
$ bundle exec rake db:migrate
$ bundle exec rails s
Something went wrong with that request. Please try again.