Skip to content
Display Requirementsによって損なわれたユーザビリティを取り戻します
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
README.org
display_requirements.rb
spec

README.org

なんこれ

TwitterのAPIのバージョンが1.1に上がり、2013/3/5以降は従来のAPIが使用できなくなります。 これに伴って、Twitterが「Developer Display Requirements」を制定しましたが、これに準拠すると著しく使い勝手が悪くなります。しかしこれはTwitter APIを使う以上避けては通れません。 このプラグインは、0.2.1で使いづらくなったmikutterを浄化するプラグインです。Display Requirementsに準拠しているmikutter 0.2.1を使用するなら、インストールすべきです。

インストール方法

以下のコマンドを端末上で実行すればインストール完了です。

$ mkdir -p ~/.mikutter/plugin; touch ~/.mikutter/plugin/display_requirements.rb

動作環境

mikutter 0.2.1以降で動作します。以前のバージョンでも動きますが、効果を発揮しません。

使いかた

インストールするだけで動作します。機能を抑制するだけなので、これ自体が機能を提供することはありません。

リンク

Developer Display Requirements | Twitter Developers

You can’t perform that action at this time.