Skip to content

traPtitech/knoQ

master
Switch branches/tags

Name already in use

A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

knoQ

イベント管理システム

docs

wiki

開発

必要要件

  • go 1.16
  • make
  • docker
  • docker-compose

サーバーの起動

> cd ./development
> make init
> docker-compose up -d

http://localhost:6006に knoQ が起動します。 また、http://localhost:8000に phpmyadmin が起動します。

現在、ログインできるのは traP ユーザーのみです。

環境変数の設定・追加のファイル

knoQ の全ての機能を動作させるためには、追加の情報が必要です。

名前 種類 デフォルト 説明
SESSION_KEY 環境変数 random32wordsXXXXXXXXXXXXXXXXXXX session を暗号化するもの
TRAQ_CALENDARID 環境変数 進捗部屋の提供元(公開されている google calendar の id なら何でもいい)
CLIENT_ID 環境変数 aYj6mwyLcpBIrxZZD8jkCzH3Gsdqc9DJqle2 認証に必要
WEBHOOK_ID 環境変数 Bot 情報
WEBHOOK_SECRET 環境変数 Bot 情報
CHANNEL_ID 環境変数 Bot の送信先チャンネル
TOKEN_KEY 環境変数 random32wordsXXXXXXXXXXXXXXXXXXX Token を暗号化する。長さ 32 文字のランダム文字列。存在しない場合はエラー。
KNOQ_VERSION 環境変数 UNKNOWN knoQ のバージョン (github actions でイメージ作成時に指定)
KNOQ_REVISION 環境変数 UNKNOWN git の sha1 (github actions でイメージ作成時に指定)
DEVELOPMENT 環境変数 開発時かどうか
service.json ファイル 空のファイル google calendar api に必要(権限は必要なし)

テスト

テスト環境の構築

テストするために、db(localhost:3306), traQ(localhost:3000)を起動します。

> cd ./development/test
> docker-compose up -d

実行

> go test ./infra...