Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
146 lines (124 sloc) 4.27 KB
/*
* parameter.h : ソーシャルブックマーク管理プログラム
* CParameter クラスの定義
* written by H.Tsujimura 13 Oct 2005, 5 Jul 2006 / 4 Apr 2007
*
* 「ソーシャルブックマーク管理プログラム」で使っているソースコードを
* そのまま流用
*
* $Log: /comm/chirrup/parameter.h $
*
* 1 09/05/14 3:50 tsupo
* (1) ビルド環境のディレクトリ構造を整理
* (2) VSSサーバ拠点を変更
*
* 2 08/01/28 17:00 Tsujimura543
* evalKey() と writeKey() の unsigned long 版を追加
*
* 1 07/04/05 3:33 Tsujimura543
* bookey のソースを流用
*
* ------------------------------------------------------------------------
* 以下は、bookey/parameter.h の変更履歴
* ------------------------------------------------------------------------
* 5 07/01/18 0:53 Tsujimura543
* デバッグ用のコード(の名残)を削除
*
* 4 06/08/21 21:06 Tsujimura543
* authType の値を「初期設定ファイル」に保存するようにした
*
* 3 06/07/05 17:49 Tsujimura543
* CUserInfo 導入によるリファクタリング第12段階、終了
*
* 2 06/07/05 13:59 Tsujimura543
* 必要最小限のものだけ見せるようにする
*
* 1 06/07/05 13:10 Tsujimura543
* 初期設定ファイルから読み取った内容を解析、格納、照合する処理、
* 初期設定ファイルへ書き出す処理を bookeyView.cpp から分離独立
* させた
*/
#ifndef __PARAMETER_H__
#define __PARAMETER_H__
/*
* 暗号化済み parameter を復号する
*/
void
extractKey(
CString &param, // (O) 復号済みデータ
const unsigned char *encrypted, // (I) 復号したい(暗号化済み)データ
const unsigned char *rsaString ); // (I) 復号に必要な情報(秘密鍵)
/*
* 暗号化済み parameter が正常に復号できることを確認する
*/
void
checkKey(
const char *value, // (I) 暗号化前のデータ
const unsigned char *encrypted, // (I) 暗号化済みデータ
const unsigned char *rsaString, // (I) 復号に必要な情報(秘密鍵)
bool &ret ); // (O) 復号できることを保証できるか否か
/*
* (初期設定ファイルから読み取った)parameter の抽出
*/
bool
evalKey(
const char *context, // (I) 初期設定ファイルから読み取った文字列
const char *name, // (I) parameter の名前
char *value ); // (O) parameter の値(文字列)
bool
evalKey(
const char *context, // (I) 初期設定ファイルから読み取った文字列
const char *name, // (I) parameter の名前
CString &value ); // (O) parameter の値(CString)
bool
evalKey(
const char *context, // (I) 初期設定ファイルから読み取った文字列
const char *name, // (I) parameter の名前
BOOL &value ); // (O) parameter の値(BOOL)
bool
evalKey(
const char *context, // (I) 初期設定ファイルから読み取った文字列
const char *name, // (I) parameter を象徴する名前
bool &value ); // (O) parameter の値(bool)
bool
evalKey(
const char *context, // (I) 初期設定ファイルから読み取った文字列
const char *name, // (I) parameter を象徴する名前
long &value ); // (O) parameter の値(long)
bool
evalKey(
const char *context, // (I) 初期設定ファイルから読み取った文字列
const char *name, // (I) parameter を象徴する名前
unsigned long &value ); // (O) parameter の値(unsigned long)
/*
* 初期設定ファイルへの parameter の書き出し
*/
void
writeKey(
FILE *fp, // (I/O) 書き出し先
const char *name, // (I) parameter の名前
const char *value ); // (I) parameter の値(文字列)
void
writeKey(
FILE *fp, // (I/O) 書き出し先
const char *name, // (I) parameter の名前
BOOL value ); // (I) parameter の値(BOOL)
void
writeKey(
FILE *fp, // (I/O) 書き出し先
const char *name, // (I) parameter の名前
long value ); // (I) parameter の値(long)
void
writeKey(
FILE *fp, // (I/O) 書き出し先
const char *name, // (I) parameter の名前
unsigned long value ); // (I) parameter の値(long)
void
writeKey(
FILE *fp, // (I/O) 書き出し先
const char *name, // (I) parameter を象徴する名前
const char *value, // (I) parameter の値(文字列) [暗号化対象]
char *key, // (I) 公開鍵
unsigned char **secret, // (I/O) 復号に必要な情報(秘密鍵)
bool &done ); // (O) 暗号化処理実行済みか否か
#endif /* __PARAMETER_H__ */