Skip to content
New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

USB用イメージとエミュ用イメージの統合 #7

Closed
tsutsui opened this issue Feb 17, 2019 · 3 comments
Closed

USB用イメージとエミュ用イメージの統合 #7

tsutsui opened this issue Feb 17, 2019 · 3 comments

Comments

@tsutsui
Copy link
Owner

@tsutsui tsutsui commented Feb 17, 2019

従来は USB用イメージとエミュレータ用イメージでは起動ディスクが sd0 と wd0 と異なっていて /etc/fstab の中身をかき分ける必要があり、そのためだけに個別のイメージを用意していた。USB用イメージからスワップ分を除去しているのはせっかく別のイメージにしているので書き込み時間を短縮したいというオマケ的な意図であった。

NetBSD -current では /etc/fstab に "ROOT.a" "ROOT.b" といった書式で「root device の指定パーティション」という記載ができるように修正され、公式のイメージも USB用とエミュレータ用とで統合された。
http://www.nerv.org/netbsd/?q=id:20181215T180318Z.90507428feb8f8cacb009836c7437194f5218173

ておくれ Live Image でも NetBSD 9.0 ベースに切り替える場合は両者を統合させる。

@tsutsui

This comment has been minimized.

Copy link
Owner Author

@tsutsui tsutsui commented Nov 30, 2019

USB用とエミュ用とで、RTC_LOCALTIME も切り替えていた。(USB用はWindowsマシンに刺すことを仮定してRTC_LOCALTIME有効、エミュ用はUTC前提)

現状でどちらかとするならば、実機テスト用優先で RTCLOCALTIME=YES で揃えるべきか……。
mikutter の Twitter認証では時計がずれてるとNGになるという課題(?)もあったが、エミュ用の設定説明を更新して対応する。

@tsutsui

This comment has been minimized.

Copy link
Owner Author

@tsutsui tsutsui commented Dec 2, 2019

ファイルシステムサイズ拡張スクリプトの expand-image-fssize.sh に
BOOTDISK=@@BOOTDISK@@
などという起動メディア仮定の行を埋め込んでいたということにテストの段階で気づくというダメな事案が発生。disklabel の Diskname を見てれば十分で sysctl で取得している ${ROOTDEV} 使えばいいという気もするけれど、あまり変更するのもアレなので dmesg の boot device: sd0 の行を見て取得するように変更する。

@tsutsui

This comment has been minimized.

Copy link
Owner Author

@tsutsui tsutsui commented Dec 2, 2019

統合は完了。問題あれば別チケットで。

@tsutsui tsutsui closed this Dec 2, 2019
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
Projects
None yet
1 participant
You can’t perform that action at this time.