Skip to content
This repository

online perl testing!

branch: master

Fetching latest commit…

Octocat-spinner-32-eaf2f5

Cannot retrieve the latest commit at this time

Octocat-spinner-32 data
Octocat-spinner-32 lib
Octocat-spinner-32 root
Octocat-spinner-32 t
Octocat-spinner-32 tools
Octocat-spinner-32 .gitignore
Octocat-spinner-32 LICENSE
Octocat-spinner-32 Makefile.PL
Octocat-spinner-32 README.md
Octocat-spinner-32 app.psgi
Octocat-spinner-32 config.pl
Octocat-spinner-32 prod.psgi
README.md

Perl道場

問題作成方法

https://github.com/kayac/perldojo

を fork し問題定義ファイルを追加後、 pull request を送信してください。

問題定義ファイル

問題定義ファイルは data ディレクトリ以下に .pod 形式で記述します。

また、 =head1 として決まった要素を定義する必要があります。以下の要素はすべて必須項目です。

  • =head1 QUESTION
  • =head1 CHOICES
  • =head1 ANSWER
  • =head1 EXPLANATION
  • =head1 AUTHOR

その他の要素(たとえば LICENSE や SEE ALSO 等)は自由に記述していただいてかまいません。

問題はすべて選択肢形式で、回答を一つ選ばせるタイプにする必要があります。

なお、tools/new-question.pl コマンドを使って新しい問題を作成することができます。

# data/foo.podを作成する
$ tools/new-question.pl foo

このとき作者名とgithubのアドレスが自動で埋めこまれますが、これは git config user.namegit config github.user から自動で取得されるほか、--author--github オプションで設定することも出来ます。

$ tools/new-question.pl --author 'My Name' --github 'myaccount'

QUESTION

問題文を記述します。

内容に制約はありませんので、.pod の形式に沿っていればどのような記述でもかまいません

CHOICES

回答の選択肢を記述します。これは、

=head1 CHOICES

=over

=item 1.

回答1

=item 2.

回答2

=item 3.

回答3

=item 4.

回答4

=back

というリスト形式である必要があります。回答の個数には制限はありません。

また、各回答の文章は単語である必要はなく、複数行にまたがっていたり、コードブロックが含まれていても許容します。

ANSWER

CHOICES で指定した選択肢のうち、正解である選択肢の数値を記述します。

=head1 ANSWER

3

EXPLANATION

問題の解説文です。問題に答えたあとに表示されます。

QUESTION 同様、フォーマットは自由です。

AUTHOR

問題の作者を記述します。 将来的にここは自由に記述できるようにしたいですが、いまのところ下記のような、

=head1 AUTHOR

Daisuke Murase
http://github.com/typester

一行目に名前、二行目にgithubのURLというような感じで記述します。

問題のシンタックスチェック

$ prove -l t/data

というコマンドで問題定義ファイルのシンタックスチェックを行うことができます。

pull request を送信する前に実行してエラーにならないかを確認するようにしてください。

問題のライセンスについて

問題定義ファイル自体にライセンスの記述がない場合は、CC-by ライセンスであると見なし、 また、問題の著作権は問題作成者に帰属するとします。

Something went wrong with that request. Please try again.