Ruby開発環境のDockerコンテナー
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.travis.yml
Dockerfile
LICENSE
README.md
ruby-editor.sh
textlintrc
vimrc

README.md

Ruby Editor (ruby-editor)

Travis license GitHub release Website standard-readme compliant

Ruby開発環境のDockerコンテナー

Background

PCやスマホなど様々な環境でアプリケーション開発作業を進めたいと考えています。が、各端末に開発環境をセットアップするのはメンドウですし、なるべくホストOSに影響しないようにしたいと考えます。

そこで、開発環境をDockerコンテナとして構築します。当プロジェクトは、Ruby開発環境をDockerコンテナとして構築します。この開発環境は、次の機能を持ちます。

  • vim + 各種プラグインでソースコードを編集できます
  • Rubocop、textlint、RedPenなど各種チェックツールでソースコードやドキュメントをチェックできます
  • ホストOSのDocker、docker-composeを利用して、アプリケーションのビルド、動作確認を行えます
  • Git、git-flow、tigなどのバージョン管理ツールでソースコードやドキュメントを管理できます
  • Dockerコンテナなので、ホストOSの種類(Windows、Linux、macOS)によらず同様に動作します

次のことは、この開発環境ではサポートしません。

  • 開発サーバーへのssh接続…ホストOSの役割とする
  • tmuxなどのスクリーン制御…ホストOSの役割とする

Install

当リポジトリをgit cloneします。

$ git clone git@github.com:u6k/ruby-editor.git

Dockerイメージをビルドします。

$ docker build -t ruby-editor .

ruby-editor.shのリンクをパスが通っているフォルダに配置します。

$ ln -s ruby-editor.sh /usr/local/bin/ruby-editor.sh

Usage

RubyやRailsのプロジェクト・フォルダでruby-editor.shを実行します。ruby-editorコンテナが起動して、bashプロンプトが表示されます。

textlintで文書チェックする場合、次のコマンドを実行します。

$ textlint --preset ja-technical-writing README.md

RedPenで文書チェックする場合、次のコマンドを実行します。

$ redpen README.md

Rubocopでソースコードをチェックする場合、次のコマンドを実行します。

$ rubocop

Maintainer

Contributing

当プロジェクトに興味を持っていただき、ありがとうございます。新しいIssueを作成していただくか、プルリクエストをサブミットしていただけると幸いです。

当プロジェクトは、Contributor Covenantに準拠します。

License

MIT License