小粒な こんにちは世界! みたいなもの
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
src
utils
LICENSE
README.md

README.md

微笑み方

こちらの記事の付録です。あらかじめ GitHub にあるこの辞書を別途ダウンロード、もしくはクローンしておいてください。

git clone https://github.com/uakms/mto.git mtodic

Emacs での利用

27.0.50 で動作を確認しています。ブラグイン形式の emacs-mto を使います。

Vim での利用

8.0.1748 で動作を確認しています。ブラグイン形式の vim-mto を使います。

端末上での各種スクリプトの利用

辞書ディレクトリへのパスを環境変数から探すので、export MTODIC="/Users/path/to/mtodic" 等の絶対パスにて MTODIC を設定しておいてください。

環境変数が適切に設定されていればスクリプトをどこに置いても動くはずですが、とりあえず下記のコマンドはカレントディレクトリが snapshot/src であるとします。

Python3

3.6.0 で動作確を認しています。

python3 mto.py tradkana test/seed

Ruby

2.6.0dev で動作を確認しています。また、mruby でも動作しますが、mruby-iomruby-env、そして mruby-regexp-pcre もしくは mruby-onig-regexp を組み込んでビルドしておいてください。

ruby mto.rb tradkana test/seed
mruby mto.rb tradkana test/seed

Perl5

5.18.2 で動作を確認しています。

perl mto.pl tradkana test/seed

Lua

5.3.4 で動作を確認しています。

lua mto.lua tradkana test/seed

Go

1.10.0 で動作を確認しています。

go run mto.go tradkana test/seed

もしくは実行ファイルにして

go build mto.go
./mto tradkana test/seed

CSharp

momo 5.10.0 で動作を確認しています。

mcs mto-mono.cs
mono mto-mono.exe tradkana test/seed

Objective-C

Xcode 8.0.0 で動作を確認しています。

clang -framework Foundation osx/main.m osx/MTODict.m -o mto-objc
./mto-objc tradkana test/seed

Swift

Apple Swift 3.0.2 で動作を確認しています。

xcrun --sdk `xcrun --show-sdk-path` swiftc -o mto-swift mto.swift
./mto-swift tradkana test/seed

C

Xcode 8.0.0 で動作を確認しています。

clang mto.c -o mto-c
./mto-c tradkana test/seed

C++

Xcode 8.0.0 で動作を確認しています。

clang++ mto.cc -o mto-cc
./mto-cc tradkana test/seed

Node.js

9.8.0 で動作を確認しています。

node mto-node.js tradkana test/seed

PHP

7.2.0 で動作を確認しています。

php mto.php tradkana test/seed

Gauche

0.9.6_pre6 で動作を確認しています。

gosh mto.scm tradkana test/seed

SBCL

1.4.6.85 で動作を確認しています。ライブラリの cl-ppcre-2.0.11 が必要です。

sbcl --script mto-sbcl.lisp tradkana test/seed

Clozure CL

1.11 で動作を確認しています。ライブラリの cl-ppcre-2.0.11 が必要です。

ccl -load mto-ccl.lisp -eval '(quit)' -- dummy tradkana test/seed

CLISP

2.47 での動作を確認しています(Panther on iBook にて)。ライブラリの cl-ppcre-2.0.7 が必要です。

clisp mto-clisp.lisp tradkana test/seed

Elixir

1.6.4 (Erlang/OTP 20.2) で動作を確認しています。

elixir mto.exs tradkana test/seed

その他のスクリプトについて

Makefile

Golang, C, C++, C#, Objective-C, Clozure CL のようなコンパイル系のものをビルドするのが面倒なので作成しました。シェルスクリプトの方が良かったですね。

また、簡易的なテストやベンチマークもすることができます。これもシェルスクリプトの方が良かったかもしれませんけど。

conv.go

引数で渡した辞書をチェックしたり数えたり JSON っぽく出力します。

go run utils/conv.go -c mtodic/kana-jisyo

jisyo-converter.rb

conv.go を作成する前に使っていたものです。カレントディレクトリに JSON ファイルが出力されます。

ruby utils/jisyo-converter.rb

word-count.sh

conv.go を作成する前に使っていたものです。辞書の要素数や簡易的なチェックをします。

sh utils/word-count.sh

mto.js

このページで利用している JavaScript です。実はこれが結構速かったりします。ブラウザのエンジンが優秀なのか、split and joinreplace よりも速いからなのか。今はこればかり使っています。

osx ディレクトリ

ごにょごにょ。IDE で作成したプロジェクトってどのファイルを公開していいのかわからないんだよね。プロファイルに本名とか書かれちゃってるし……

MTOAppDelegate.hMTOAppDelegate.mMainMenu.xib が Cocoa 用です。MTODict.hMTODict.mmain.m が CUI 用です。

win ディレクトリ

ガサガサッ。IDE で作成したプロジェクトってどのファイルを公開していいのかわからないんだよね。プロファイルに本名とか書かれちゃってるし……

MtoGW.exe.configMtoGW_Form1.csMtoGW_Form2.csMtoGW_Program.cs が Visual Studio 2008 Express で作成した GUI 用のものです。mtocs_Program.cs は CUI 用です。