Commands

うっちぃ edited this page Sep 2, 2016 · 33 revisions

コマンドリファレンス

一般ユーザー用コマンド

lunachatコマンド

コマンド lunachat、省略形 ch または lc、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /ch create (channel) [description] - チャンネルを作成します。
  • /ch join (channel) - チャンネルに参加します。
  • /ch join ! - 発言先を通常チャットに変更します。
  • /ch leave - 参加しているチャンネルから退出します。
  • /ch list - チャンネルのリストを表示します。
    現在の発言先に設定されているチャンネルは赤で、参加しているチャンネルは白で、非表示のチャンネルは暗い青で、参加していないチャンネルはグレーで表示されます。
    数字は、参加人数(オンライン人数/総参加人数)が表示されます。
  • /ch info [channel] - チャンネルの情報を表示します。
    チャンネルの指定を省略すると、現在自分が居るチャンネルの情報が表示されます。
    オンラインのメンバーは白で、非表示にしているメンバーは暗い青で、オフラインのメンバーはグレーで表示されます。
    チャンネルモデレーターは、名前の前に「@」が付いています。
  • /ch log [channel] [d=date] [p=player] [f=filter] - チャンネルの発言ログ(当日の分)を表示します。
    過去の日付のログを参照する場合は、/ch log d=0920 のように、d= の後に4桁の数字で、参照したい日付を指定してください。
    ログをプレイヤー名でフィルタしたい場合は p=(プレイヤー名) を、発言内容でフィルタしたい場合は f=(キーワード) を指定してください。
  • /ch accept - 招待を受けてチャンネルチャットに入室します。
  • /ch deny - 招待を拒否します。
  • /ch hide [channel] - 指定したチャンネルの発言内容を非表示にします。
    チャンネルの指定を省略すると、現在自分が居るチャンネルが非表示になります。
  • /ch hide (player) - 指定したプレイヤーの発言内容を非表示にします。
  • /ch hide list - 現在非表示にしているチャンネルとプレイヤーのリストを表示します。
  • /ch unhide [channel] - 指定したチャンネルの発言内容を表示に戻します。
  • /ch unhide (player) - 指定したプレイヤーの発言内容を表示に戻します。
  • /ch または /ch help - ヘルプを表示します。

msgコマンド(tellコマンド)

1:1チャット用コマンド message、省略形 msg または tell、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。
※ デフォルトの tellコマンドの挙動を上書きします。

  • /tell (name) [message] - 指定した人との1:1チャットを開始・送信します。

rコマンド

1:1チャット返信用コマンド reply、省略形 r、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /r [message] - 受信した1:1チャットに返信します。

jpコマンド

日本語変換オンオフコマンド lcjapanize、省略形 japanize または jp、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /jp off - 自分のチャット日本語変換をオフにします。海外圏プレイヤーへの応対など、英語を喋りたいときにお使いください。
  • /jp on - 自分のチャット日本語変換をオンにします。

チャンネルモデレーター用コマンド

チャンネルモデレーターは、チャンネルを最初に作った人に設定されます。

  • /ch invite (name) - 指定した人をチャンネルチャットに招待します。
  • /ch kick (name) - 指定した人をチャンネルチャットからキックします。
  • /ch ban (name) - 指定した人をチャンネルチャットからBANします。
  • /ch ban (name) [minutes] - 指定した人を指定した分間、BANします。
  • /ch pardon (name) - 指定した人のBANを解除します。
  • /ch mute (name) - 指定した人をチャンネルチャットからMuteします。
  • /ch mute (name) [minutes] - 指定した人を指定した分間、Muteします。
  • /ch unmute (name) - 指定した人のMuteを解除します。
  • /ch remove - チャンネルを削除します。
  • /ch format (format) - チャンネルのメッセージフォーマットを設定します。
    キーワード付きで設定できます。詳細は後述。
  • /ch moderator (player...) - チャンネルのモデレーターを設定します。
    複数人をいっぺんに指定可能です。モデレーターから外す人は、名前の前にマイナス「-」を付けてください。詳細は後述。
  • /ch option (key=value...) - チャンネルのオプションを設定します。詳細は後述。

管理者用コマンド

  • /ch template (number) (template...) - メッセージフォーマットのテンプレートを登録します。
    テンプレートを使用するには、/ch format (format)コマンドで、置き換えキーワード%の後にテンプレート番号を書いて設定してください。
  • /ch check - モデレータがいないチャンネルを一覧します。
  • /ch check remove - /ch check で一覧されたチャンネルを全て削除します。
  • /ch dictionary add (from) (to) - 日本語変換するときの単語辞書に、新しい内容を登録します。/ch dictionary/ch dic に短縮可能です。fromにマッチングさせるワードを、toに置き換えられる文字列を指定してください。
    実行例)/ch dic add google グーグル
  • /ch dictionary remove (word) - 日本語変換するときの単語辞書から、指定した単語を削除します。
  • /ch dictionary view - 日本語変換に登録されている単語を表示します。
  • /ch reload - config.ymlの再読み込みをします。
  • /jp (name) off - 指定したプレイヤーのチャット日本語変換をオフにします。
  • /jp (name) on - 指定したプレイヤーのチャット日本語変換をオンにします。
  • /ch invite (name) force [channel] - 指定した人をチャンネルチャットに強制参加させます。forceの実行には、"lunachat-admin.force-invite" 権限が必要です。

メッセージフォーマット詳細

/ch format (format) コマンドでは、チャンネルチャットのメッセージフォーマットを指定可能です。

フォーマットには、下記のキーワードを設定可能です。

  • %ch - チャンネル名
  • %color - チャンネルカラー(設定されていなければ、白)
  • %username - 発言したプレイヤーの表示名
  • %player - 発言したプレイヤーのプレイヤー名
  • %world - 発言したワールド名
  • %prefix - PermissionsExに設定するprefix(Vaultがロードされている必要があります)
  • %suffix - PermissionsExに設定するsuffix(Vaultがロードされている必要があります)
  • %date - 日付
  • %time - 時刻
  • %to - プライベートメッセージの時の、会話先プレイヤー名
  • %0%9 - 対応するIDのテンプレートの内容
  • &? - カラーコード
  • %msg - メッセージ(発言内容)

デフォルトのメッセージフォーマットは、下記のようになっています。

&f[%color%ch&f]%prefix%username%suffix&a:&f %msg

チャンネルオプション詳細

/ch option (key=value...) コマンドでは、チャンネルのオプションを指定可能です。

下記のオプションを設定可能です。

  • description - チャンネルの説明文
  • alias - チャンネルの別名。別名を設定すると別名を指定して入室することも可能になります。空にすることで、別名を削除できます。
  • password - チャンネルのパスワード(空にすることで、パスワード認証なしになります。)
  • visible - チャンネルのリストに表示するかどうかを、true/false で指定
  • color - チャンネルのチャンネルカラーを指定(キーワード%colorで使用できます。)
  • broadcast - チャンネルをブロードキャストチャンネル(発言内容が全プレイヤーに表示される)に設定するかどうか、true/false で指定
  • range - チャンネルの可聴範囲指定 broadcast=false の場合は無視されます。range=world でワールドチャット、range=30 で30マスの範囲チャットになります。
  • allowcc - チャンネルにおけるカラーコードの使用可否を、true/false で指定。false にすると、そのチャンネルではカラーコード(&?)が使用できなくなります。
  • japanize - チャンネルごとのJapanize変換タイプ。none/kana/googleime で指定。空を指定する(/ch option japanize=)ことで、config.yml の JapanizeType に従った変換動作に戻ります。

指定例)/ch option description=パスワードつきの部屋だよ! password=12345 visible=true color=red

チャンネルモデレーター設定コマンドの詳細

/ch moderator (player...) コマンドでは、モデレーターを設定可能です。

設定するモデレーターは複数指定可能です。

また、名前の前にマイナス「-」を付けると、モデレーター権限を剥奪することが可能です。

  • 例1)(現在のデフォルト発言先チャンネルにおける)モデレーターに、ucchy を加える

/ch moderator ucchy

  • 例2)モデレーターに、ucchy、lunasys、pabook を加える

/ch moderator ucchy lunasys pabook

  • 例3)モデレーターから、ucchy を除外する(ucchy はモデレーターから一般参加者になる)。

/ch moderator -ucchy


パーミッションノード一覧

lunachat権限ノード

コマンド パーミッション デフォルト権限設定
/ch join lunachat.join 全てのプレイヤー
/ch join (チャンネル名) lunachat.join.(チャンネル名) 全てのプレイヤー
/ch leave lunachat.leave 全てのプレイヤー
/ch leave (チャンネル名) lunachat.leave.(チャンネル名) 全てのプレイヤー
/ch list lunachat.list 全てのプレイヤー
/ch invite lunachat.invite 全てのプレイヤー
/ch accept lunachat.accept 全てのプレイヤー
/ch deny lunachat.deny 全てのプレイヤー
/ch kick lunachat.kick 全てのプレイヤー
/ch ban lunachat.ban 全てのプレイヤー
/ch pardon lunachat.pardon 全てのプレイヤー
/ch mute lunachat.mute 全てのプレイヤー
/ch unmute lunachat.unmute 全てのプレイヤー
/ch hide lunachat.hide 全てのプレイヤー
/ch unhide lunachat.unhide 全てのプレイヤー
/ch info lunachat.info 全てのプレイヤー
/ch log lunachat.log 全てのプレイヤー
/ch log (チャンネル名) lunachat.log.(チャンネル名) 全てのプレイヤー
/ch create lunachat.create 全てのプレイヤー
/ch remove lunachat.remove 全てのプレイヤー
/ch format lunachat.format 全てのプレイヤー
/ch moderator lunachat.moderator 全てのプレイヤー
/ch option lunachat.option 全てのプレイヤー
/tell lunachat.message 全てのプレイヤー
/r lunachat.reply 全てのプレイヤー
/jp on|off lunachat.japanize 全てのプレイヤー
カラーコードの使用権限 lunachat.allowcc 全てのプレイヤー
チャンネルへの発言権限 lunachat.speak.(チャンネル名) 全てのプレイヤー
この表に書かれている全ての権限 lunachat.*  

lunachat.option権限ノード

チャンネルのオプション設定の変更権限についてのノードです。

コマンド パーミッション デフォルト権限設定
/ch option description=... lunachat.option.description 全てのプレイヤー
/ch option alias=... lunachat.option.alias 全てのプレイヤー
/ch option color=... lunachat.option.color 全てのプレイヤー
/ch option broadcast=... lunachat.option.broadcast OPのみ
/ch option range=... lunachat.option.range OPのみ
/ch option password=... lunachat.option.password 全てのプレイヤー
/ch option visible=... lunachat.option.visible 全てのプレイヤー
/ch option allowcc=... lunachat.option.allowcc 全てのプレイヤー
/ch option japanize=... lunachat.option.japanize 全てのプレイヤー
この表に書かれている全てのコマンド権限 lunachat.option.*  

lunachat-admin権限ノード

コマンド パーミッション デフォルト権限設定
全チャンネルのモデレータコマンドすべて lunachat-admin.mod-all-channels OPのみ
全チャンネルの発言内容表示
config.ymlで opListenAllChannel: true にしてください。
lunachat-admin.listen-all-channels OPのみ
/ch template lunachat-admin.template OPのみ
/ch check lunachat-admin.check OPのみ
/ch dictionary lunachat-admin.dictionary OPのみ
/ch reload lunachat-admin.reload OPのみ
/jp (name) on|off lunachat-admin.japanize-other OPのみ
/ch invite (player) force [channel] lunachat-admin.force-invite OPのみ
この表に書かれている全てのコマンド権限 lunachat-admin.*  
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.