Skip to content
No description, website, or topics provided.
JavaScript CSS
Branch: master
Clone or download

Latest commit

Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.

Files

Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
css
js
LICENSE
README.md
config.js
index.html

README.md

FullCalendar SPARQL

FullCalendar でSPARQLエンドポイントを使えるようにしました。

デモ

http://uedayou.net/fullcalendar-sparql-js/

使い方

config.js の endpoint に SPARQLエンドポイントを、query に SPARQLクエリを入力してください。 queryは、/* ... */ の中に記述してください。

var endpoint = "http://archive.yafjp.org/test/inspection.php";
var query = (function () {/*
PREFIX dc: <http://purl.org/dc/elements/1.1/> 
PREFIX schema: <http://schema.org/> 
PREFIX event: <http://fp.yafjp.org/terms/event#> 
SELECT * WHERE{
	?uri a event:Event;
	schema:name ?title;
	schema:startDate ?start;
	schema:endDate ?end;
	dc:description ?description.
} 
*/}).toString().match(/\n([\s\S]*)\n/)[1];

SPARQLクエリは、イベントやスケジュールの名前を ?titleに、開始日時を ?start、終了日時を ?end に入れるようにしてください。

SPARQLクエリ内で現在の日時を使う場合は、{% now %} をクエリ内を記述すると、現在の日時(xsd:dateTime型)に置き換わります。

たとえば、

filter(?end>="{% now %}"^^xsd:dateTime).

と記述すると、SPARQLエンドポイントへクエリを送信する際に

filter(?end>="2014-07-07T12:00:00+09:00"^^xsd:dateTime).

のように置き換わります。

SPARQLエンドポイントは、CORS(Cross-Origin Resource Sharing)に対応したもののみ利用できます。

※ config.js に記述されているSPARQLエンドポイントとクエリはサンプルです。このままではカレンダーを表示できません。SPARQLエンドポイントとクエリを書き換えて利用してください。

利用ライブラリ

ライセンス

Copyright © 2014 Hiroshi Ueda(@uedayou). Licensed under the MIT license.

You can’t perform that action at this time.