Skip to content
UIT meetup vol.7 vote system OSS Edition
JavaScript Vue TypeScript HTML
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
attendee-spa first-commit Nov 1, 2019
presenter-electron
LICENSE
README.md

README.md

Nigiyakashi

Nigiyakashi は、IT ミートアップで LT 大会を盛り上げたい、いつものセッションにちょっとした遊び心を入れたい。そんなスピーカーや運営者のための、賑やかしシステムです。

来場者のスマホから、リアルタイムでセッションへの「いいね」を転送。笑いや感心を、かんたんにシェアできます。

Firebase を利用した、お手軽かつ無料で始められる賑やかしを使ってみませんか?

Demo

ここにデモ動画

必要環境

  • ローカル環境
    • Node.js v8.x or higher
  • 本番環境
    • Firebase プロジェクト(Spark or Frame or Blaze)

仕組みと導入方法

AppName の動作には、以下の準備が必要となります。

  • 動作用の Firebase プロジェクト(無料プラン可)
  • 来場者向け SPA アプリのホスティング(Firebase Hosting)
  • 発表者の PC にインストールする Electron クライアント

1. Firebase プロジェクトの作成

https://firebase.google.com/ よりプロジェクトを作成してください。

当日の Read/Write がそれぞれ 2 万未満に収まる場合は無料の Spark プラン、それ以上の場合は従量課金の Blaze プランにて作成ください。

実績値として 60 名ほどのイベント、10 個ほどの LT で 10 万 Read / 3 万 Write 程度で Blaze プラン従量課金は¥ 60 となります。

プロジェクトを作成後、Web 向けのアプリを作成。 プロジェクトの ID と firebaseConfig キーを控えておいてください。

2. SPA アプリのホスティング

1. で作成したプロジェクトのホスティング環境への SPA のデプロイも併せて行います。

ソースコードを clone してきてください。

$ git clone git@github.com:uit-community/uit-meetup-nigiyakashi-client.git
$ cd uit-meetup-nigiyakashi-client

clone 後、 attendee-spa/src/utils/firebase.config.ts にある Firebase の設定を、先程のプロジェクトのもので書き換えます。 あとは通常の Vue.js アプリケーションと同様に、 https://firebase.google.com/docs/hosting/deploying?hl=ja の通りにデプロイしてください。

3. Electron クライアントの起動

最後に SPA の受け口である Electron クライアントをプレゼンテーションを行う Mac 上で起動します。こちらよりバイナリをダウンロードしてください。

ダウンロードが終わったあと、普段の Mac App と同じ様に起動します。

起動後、Firebase の設定の記述を求められるので設定後、「開始」をクリックするとプレゼンテーションモードが始まります。

4. 統合テスト

最後に SPA と Electron の設定が正しく行われているか確認します。

SPA と Electron を同時に起動し、 SPA 側でボタンを押すと、Electron 側に 👍 が表示されていたら OK です。

これで動作準備は完了です。

注意点

Q. Web ページ以外を表示したい場合はどうする?

現状は Web ページ上にいいねをオーバーレイする専用のシステムとなっています。

汎用化はまだ済んでいないため、Pull Request や Feature Request を募集しています。

Q. Windows PC 上で動作させるには?

バイナリ配布は macOS を対象にしていますが、 Electron のため Windows 向けバイナリの出力も可能です。

レポジトリソースコード内 packages/electron-client に全てのソースコードが格納されているため、 Windows 向けにビルドを行ってください。

ライセンス

このシステムは Apache-2.0 ライセンスにて配布されています。 ライセンス条項に違反しない範囲で自由に改変・再配布が可能です。

開発者

  • Kurihara Yuji (開発)
  • Hanatani Takuma (企画)
You can’t perform that action at this time.