Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
158 lines (129 sloc) 4.51 KB

Python3とPyCharmのインストール方法

すうがくぶんか「基礎から学ぶPython講座」受講生向けの python3及びPyCharmインストール手順です。 python3のインストール方法はいくつかありますが、 ここでは準備が少ない方法を紹介します。

こちらはmacユーザー向けです。

確認してほしいことは以下の3点です。

  • python3がインストールされているか
  • 必要なpythonのライブラリがインストールされているか
  • pycharmからライブラリが使えるか

すでにpython3や必要なライブラリをインストールしている方は、 PyCharmから必要なライブラリを使うことができるかを確認してください。

以下の操作はターミナルを起動して行います。

Homebrewのインストール

まずすでにHomebrewが入っているかどうか確かめましょう。 ターミナルに

which brew

と入力してEnterで実行してください。

インストールされていなければ以下のように何も表示されず次の行が出てきますので、 下の手順にしたがってインストールしてください。 1

インストールされていれば以下のように表示されます。 1 すでにインストールされている場合

brew update

しておきます。 1

インストールの手順

以下のwebpageにあるように、

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

を実行するとHomebrewのインストールが始まります。 1

下の画面で止まったらEnterをおしてください。 1 下の画面で止まったらmac起動時に入力するパスワードを入力してください。 1

そのまましばらく待てばHomebrewのインストールが終了します。

pythonのインストール

次にHomebrewを使ってpython3をインストールします。 以下を実行します。

brew install python

1

終了後

brew list

としてpythonが表示されればokです。 1

python3が起動するかの確認

ターミナルから

python

で起動できるか確かめます。 1 このままだとPython 2.7.10となっていてpython3が起動できていません。 そのためにPATHを通します。

まず

vi .bash_profile

と入力してviを起動します。 次にキーボードのiを入力し export PATH="/usr/local/opt/python/libexec/bin:$PATH" と入力します。 その後escキーをおし、:wqと入力しEnterキーをおします。 1

その後

source .bash_profile

を実行したのち、改めて

python

と実行すると以下のようにPython 3.6.5が起動されます。 1

パッケージのインストール

次に必要なパッケージのインストールを行います。

pip install scipy

と入力し、実行します。 1

同様にして

pip install pandas
pip install matplotlib
pip install scikit-learn

を実行します。 1

その後pip listを実行して、以下のように必要なパッケージが表示されればokです。 1

PyCharmのインストール

まずbrew caskをインストールするため

brew tap caskroom/cask
brew install caskroom/cask

を実行します。

次にPyCharmをインストールするため

brew cask install pycharm-ce

を実行します。 1

PyCharmの実行

アプリケーションからPyCharmを選んで起動すると、 下のような画面が出てくるので、 Create New Projectを選びます。 1

Project InterpreterからExisting interpreterを選び、 先ほどインストールしたpython 3.6を選びます。 1

画面上部のFile -> New -> Python fileと選びます。 1

下の画面と同じコードを書き、画面上部のRunから実行します。 1

次の画面下半分と同じものが出力されれば成功です。 1