Permalink
Find file
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
44 lines (30 sloc) 2.26 KB

The Sound of the Internet

Arduinoについて


Arduinoフォルダに、以下のフォルダがあります。

/the_sound_of_the_internet_master
/the_sound_of_the_internet_slave

~masterは Arduino UNO 用のプログラムです。
~slaveは Arduino Pro Mini 用のプログラムです。
Arduino IDE で正しいデバイスとポートを選択し、それぞれインストールしてください。

プロトコル

MIDIノートナンバーの 65〜85F3〜C5 に対応しています。
シリアル経由で上記の数字を送信すると対応するノートを発音します。

プロキシサーバについて

emobileのルータに接続してきたユーザの通信をプロキシします。

環境構築手順

  1. MacBookProでインターネット共有(The Sound of the Internet)を有効にします
  2. Wi-FiのDNSを自分自身(127.0.0.1)にします
  3. アプリケーションディレクトリ(~/app/soi}に移動します
  4. sudo node server/app.rbでプロキシサーバを立ち上げます(cap deploy:startでもOK)
  5. sudo ruby server/dns.rbでDNSサーバを立ち上げます(rbenvで入れたrubyのパスがcapistranoでうまく取れなかったので、実機で直接起動して下さい)
  6. 適当なデバイスをemobileのアクセスポイントに接続し、無限インターネット
  7. 音楽が鳴れば成功

その他留意事項

  • プロキシサーバはcap deploy:start, cap deploy:stop, cap deploy:restartを利用してリモートから操作できます
  • capistranoのコマンドを使用した場合はforeverを通じてプロセスが立ち上がります
  • sudo forever listで実行プロセスの一覧をsudo forever stopallでプロセスを停止することができます
  • DNSのキャッシュが残っていたり、インターネット共有がうまくいかなかったりで不具合がでる場合はMacBookProを再起動してみて下さい

OSCへ送信するデータの形式

localhostの8000番にデータを送信します。

リクエスト時は/out, <hostname>, <path>が、レスポンス時は/in, <status code>, <content-type>, <content-length>が送信されます。