campaign optomization

shotakowashi edited this page Mar 1, 2016 · 1 revision
Clone this wiki locally

キャンペーンの最適化

ユーザー獲得キャンペーンを始めるなら、最大限の効果を引き出すために、打てる手はすべて打っておきたいものです。入札額を上げて競争力を高めるのも非常に直接的で実効性のある対策ですが、予算に手を付けることなく最適化する方法も色々あります。ここではそうしたベストプラクティスのいくつかを紹介します。

心を動かすトレイラーを作る

トレイラーをターゲットオーディエンスが思わず反応したくなるような内容にすることは、コンバージョンレートを上げるために重要です。コンバージョンレートは、Unity Ads が各広告のランク付けに使うアルゴリズムがとりわけ重視する要素の 1 つです。ランク付けが高ければ、それだけ広告ネットワークでの露出とパフォーマンスも高まります。

反響の多いトレイラー動画に共通する特徴として、以下のものがあげられます。

  • 説得力があり、生き生きとした実際のプレイ内容
  • 明確なアクション喚起
  • 特徴的なゲームシステムへの言及
  • ターゲット地域の地元言語にローカライズ(必要に応じて)
  • 映像としての質の高さ
  • ナレーション/キャラクターが喋る/効果音

トレイラーを入れ替える

同じトレイラー動画を何度も繰り返し見せられると、ユーザーは飽きてしまいます。いわゆる「広告疲労」です。これがコンバージョンレートの低下を引き起こし、インストール数の減少につながります。広告疲労を防ぐには、定期的に新しいトレイラーと入れ替えて新鮮なコンテンツを投入します。余裕があれば四半期に 1 度は更新するのがよいでしょう。

キャンペーンのターゲティングを調整する

キャンペーンのターゲット層を絞り込むことは、より効果的な働きかけができるので非常に有効です。以下のような点を考慮してみてください。

  • あなたのアプリが世界中のユーザーを対象としているのなら、どの地域をターゲットにするかをよく検討しましょう。特にパフォーマンスの高い国や地域が分かっていれば、そこの入札額を高めにするのも一つの方法です。ユーザー獲得キャンペーンを始めたばかりで、パフォーマンスの良し悪しを判断するだけのデータがない状況なら、まず米国、英国、カナダ、オーストラリアで開始することをお勧めします。データが集まり、新しい市場を探る余裕が出てきたら、他の英語圏の国、西欧諸国、北欧諸国へキャンペーンを拡大してみてもいいかもしれません。定期的に国別パフォーマンスの見直しを行い、入札額を適宜調整します。
  • iOS キャンペーンを分割して、iPad と iPhone とで入札額を変えます。iPad ユーザーは一般に iPhone ユーザーより質が高い傾向があるので、入札額を高めにすることをお勧めします。
  • 非英語圏の国をターゲットにする場合は、トレイラー、サムネイル、動画終了時画面をそれぞれローカライズ版に差し替えることをお勧めします。

パフォーマンスの低いパブリッシャーを除外する

各パブリッシャーのインストール実績を追跡し、それに応じてターゲットを調整しましょう。トラッキング URL にパラメータを付与すると、5 桁のパブリッシャー ID を取得できます。このパラメータのマクロは「{source_game_id}」です。対応するパラメータ名についてはご利用のトラッキングサービスにお問い合わせください。

パラメータをセットして、パブリッシャーのパフォーマンスに関する内部データを、統計的に有意な量になるまで収集します。これを分析すれば、パブリッシャー別のユーザー品質を主要指標( LTV、ARPU など)で評価できます。品質の低いパブリッシャーのリストをクライアントサービスにお送りいただければ、以後広告がそちらに流れないようブロックいたします。