general faq jp

shotakowashi edited this page Jan 18, 2017 · 32 revisions
Clone this wiki locally

広告出稿時によくあるご質問

お申し込みについて

料金形態について

広告形態について

キャンペーンについて

クリエイティブについて

トラッキングツールについて

その他

広告出稿の流れを教えて?

以下の 3 Step で出稿が可能です。

※ ご出稿の前にお見積りをお勧め致します。

Step 1

ご出稿を決定されましたら弊社にご連絡下さい。発注書をお送りさせていただきます。必要事項をご記入いただき、弊社にメールでご送付下さい。

Step 2

広告出稿マニュアル(PDF)に従って、①〜⑦までのご設定をお願い致します。設定が完了されましたら、弊社にご連絡下さい。弊社にてトラッキング連携テストの準備をさせていただきます。

Step 3

ご設定いただいたトラッキング URL を元に弊社が連携テストを実施します。お使いのトラッキングツールにて、弊社のインストールログが確認でき、弊社にてポストバックが確認できればテスト成功となります。

上記 3 つの Step が完了後、発注書( IO )が揃い次第出稿となります。

発注書( IO )って何?

広告出稿をご希望される場合 Unity Technologies Finland との契約、発注をして頂く形となります。

IOにて予算, 単価( CPI ), 開始 / 終了日時などをご指定いただきます。 発注書( IO )の書き方を参考にご記入いただき、サインを加えて PDF ファイルにてご送付ください。

出稿時の見積もりは出してもらえるの?

はい。 ads-support@unity3d.co.jp にその旨をご連絡下さい。お見積りのご案内をお送りさせていただきます。

広告出稿に必要なものは?

広告出稿時には下記事項が必要となります。

  • UDN アカウントの作成
  • クリエイティブ(動画 1 種類, 静止画 2 種類)
  • 発注書( IO )
  • トラッキング URL
  • ポストバック URL の設定
  • トラッキングツール連携テスト

UDN アカウントって?

広告出稿とそのコントロールには Unity Developer Network ( UDN ) アカウントにご登録頂く必要があります。

登録完了後は Unity Ads 管理画面にログインすることができます。広告予算の管理や CPI の設定変更など様々なことを行うことができます。

日本円は使える?

残念ながらお使いいただけません。弊社では USD でのご依頼のみ承っております。以下の項目は USD にてご指定下さい。

  • 予算
  • CPI
  • デイリーキャップ

USD で支払う場合、どの時点のレートが使われるの?

お客様がお支払いするタイミングのレートが使われます。

料金形態は?

最低キャンペーン開始料金

Unity Ads の最低キャンペーン開始料金は各OS 3000USD ~ となります。

インストール時発生費用 ( CPI )

インストール時発生費用 ( CPI ) は御社指定価格でスタートが可能です。

※最低CPIは 0.1USD です。2015年11月現在、 CPI 5 ~ 7USD をおすすめしております。

広告形態を教えて?

Unity Ads は CPI 型広告と CPV 型広告の 2 種類からお選びいただけますが、CPI 型広告を強く推奨しております。現在 99% 以上のキャンペーンが CPI 型広告を採用しております。

表示されやすさはどうやって決まってるの?

Unity Ads は「各キャンペーンの eCPM 」をベースに決定されます。

eCPM の例

  1. CPI 2USD 1000回再生で 10 インストール = eCPM 20USD
  2. CPI 15USD 1000回再生で 1 インストール = eCPM 15USD
  3. CPV 0.01USD 1000回再生 = eCPM 10USD

この場合 1. のキャンペーンが優先して表示されます。重要なのは、CPI と魅力的なキャンペーン動画のセット運用となります。

キャンペーンの開始と終了について

発注書やトラッキングテストなど弊社での準備が完了後、お客様のタイミングで管理画面より開始操作が可能です。キャンペーン終了日の設定も可能です。

また、Unity Adsでは広告表示後、成果獲得までの猶予期間を 7 日間設けております。このためキャンペーン終了後でもインストール数が伸び、予算を超過してしまう可能性があります。詳しくはこちらをご覧ください。

予算を超えた CV が出た場合は?

なぜ予算を超えるの?

  1. CPI 型広告をお使いの場合、Unity Ads では予算額に近づくと広告の表示頻度を下げて予算内に収まるように調整します。しかし表示頻度が下がってもインストール数が伸びる場合があり、予算を超過してしまう可能性があります。

  2. Unity Adsでは広告表示後、成果獲得までの猶予期間を7日間設けております。

    例:11/1 13:00に動画を再生し、11/8 12:00にインストールを実施した場合でも、Unity Adsの成果となります)

予算が設定され、それを上回る CV が出た場合には予算の最大 5% を追加でお支払い頂く形となります。

例:予算 3000USD500USD 分の超過 CV の場合

予算 3000USD5% をあわせ、3150USDのご請求となります。このため、ご予算からその 5% を差し引いた予算の設定を推奨します。

※予算 3000USD の 5% をあわせた 3150USD に満たない超過 CV の場合は、超過分を通常通りお支払い頂く形となります。結果として、予算にその 5% をあわせた額より多くのご請求になることはありません。

予算に上限設定が無い場合や、IOで設定した期間中に新たに予算を追加した場合には、猶予期間内に発生した CV 分の料金も全額お支払いいただく形となります。

広告にはどんなことが指定できる?

Unity Ads では、下記の事項などを指定することができます。

※管理画面での設定は、ユーザーが随時変更可能、即時反映のため、ユーザーの自己責任となります。

出稿エリア / 国
全世界 230 エリアへの指定が可能です。各国ごとに CPI を指定することもできます。
ターゲティング
OS ターゲティング, スクリーンサイズターゲティング ( Android ) , デバイスターゲティング ( iOS, 端末名指定可能) , 接続形態ターゲティング ( LTE, 3G / WiFi )
個別タイトル指定
可能です。ご相談下さい。※Unity Ads ではメディアリストを公開していませんが、個別のゲームごとに割り振られた ID をもとに指定が可能です。
その他
日時指定, 一日ごとの上限消費金額指定(500USD~)など

媒体側の情報開示はある?

Unity Adsでは媒体リストの開示は行っておりません。ただしトラッキングツールを利用することで、任意に割り振られた Source Game ID を取得することが可能です。

クリエイティブの必要事項を教えて?

Unity Ads では、15 秒程度の動画 1 種類と静止画 2 種類が必要となります。

動画

  • 解像度 640×360
  • 容量 30MBまで
  • 規格 mp4( H264 形式)
  • 再生時間 15秒

※容量が30MB以内であればシステム上はアップロード可能ですが、15秒より動画途中での離脱率が上昇する為、Unity Adsでは15秒以内の動画をお勧めしております。

静止画( ランドスケープ / ポートレートの 2 種類必要です)

  • ランドスケープ解像度 800×600
  • ポートレート解像度 600×800
  • 容量 300kb まで

クロップエリア

ランドスケープでは左右、ポートレートでは上下 100px はクロップエリアとなっております。こちらのエリアは、端末によっては表示されません。ロゴや重要なコンテンツはクロップエリアにかからないように配置することを推奨します。

リジェクト対策

以下のようなクリエイティブは Unity Ads で配信することができません。

他社プラットフォームに関する情報が掲載されている

  • iOS 向けクリエイティブに「 Google Play ロゴ」
  • Android 向けクリエイティブに「 App Store ロゴ」

など

iOS 向けの広告で他社の端末が画面に表示されている

iOS 以外の端末が画面に表示されるとリジェクトされるケースが報告されているため、iOS 向けの広告では動画、静止画ともにご対策ください。

※ 詳細は Apple の review guideline をご参照下さい。

動画制作はサポートしてくれる?

動画についてのコメント、アドバイスはさせていただきますが制作は行っておりません。海外への出稿の場合には、本社側でサポートを承ります。

トラッキングツールとの連携って何?

Unity Ads での広告出稿には、外部トラッキングツールとの連携が必要です。こちらの連携が無いとインストール数などの数値を取得することができません。連携には、下記 2 種類の URL が必要となります。

トラッキング URL

お使いのトラッキングツールと Unity Ads を連携するための URL となります。生成方法はご利用のトラッキングツールによって異なりますので、お使いのツールのヘルプをご参照下さい。

ポストバック URL

お使いのトラッキングツールと Unity Ads を連携するための URL となります。ご利用のトラッキングツールにて、Game ID を元にポストバック URL の設定を行ってください。

※通常、ポストバック URL を弊社にお送り頂く必要はありません。

ポストバック URL は下記の形式を推奨しております。ご利用のトラッキングツールに合わせて、コードなどのご調整をお願いいたします。

iOS

https://postback.unityads.unity3d.com/games/[GAME_ID]/install?advertisingTrackingId=[YOUR_MACRO_FOR_IDFA]

Android

https://postback.unityads.unity3d.com/games/[GAME_ID]/install?advertisingTrackingId=[YOUR_MACRO_FOR_GOOGLE_AD_ID]

※[ ] 内に対応する情報を挿入してご設定下さい。

どんなトラッキングツールが使えるの?

Unity Ads は下記のトラッキングツールとの連携実績があります。

  • MobileAppTracking ( MAT )
  • metaps
  • Kochava
  • Adjust
  • Partytrack
  • Adstore Tracking

※その他のカスタムソリューションとも連携実績があります。御相談ください。

Unity Ads SDK が原因でリジェクトされることはない?

2015年11月現在、そういった情報はございません。