translate timer_xxx in eval.jax #91

Merged
merged 4 commits into from Jan 5, 2017

Projects

None yet

2 participants

@mattn
Member
mattn commented Jan 5, 2017

ref #48

@mattn mattn translate timer_xxx in eval.jax
ref #48
9a0ecd8
@koron koron referenced this pull request Jan 5, 2017
Open

eval.jax の未訳文を翻訳する #48

78 of 80 tasks complete
doc/eval.jax
- When {id} is omitted information about all timers is returned.
+ タイマーに関する情報のリストを返す。
+ {id} が指定された場合はそのタイマーに関する情報だけが返され
+ る。タイマー {id} が存在しない場合は空のリストが返される。{id}
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

「空のリストが返される。」の後で改行。

doc/eval.jax
+ "repeat" 何回タイマーを発火させるかの回数;
+ -1 は無限を意味する
+ "callback" コールバック
+ "paused" タイマーを一時停止するなら 1、それ以外は 0
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

現在のタイマーの状態を示していたと思うので、「タイマーが一時停止しているなら」が適切だと思います。

doc/eval.jax
- the callback to be invoked almost immediately if enough time
- has passed.
+ タイマーを一時停止もしくは再開する。一時停止したタイマーは時間
+ が経過しても コールバックを呼び出さない。タイマーの再開は十分
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

「経過しても」の後に余計な空白。

doc/eval.jax
- String, then the timer is paused, otherwise it is unpaused.
- See |non-zero-arg|.
+ {paused} が 0 以外の数値、もしくは空でない文字列で評価される
+ 場合にタイマーが言停止し、それ以外は再開する。
doc/eval.jax
- minimum time before invoking the callback. When the system is
- busy or Vim is not waiting for input the time will be longer.
+ {time} はミリ秒での待機時間。これはコールバックが呼び出される
+ までの最短の時間であるシステムがビジーもしくは Vim が入力待ち
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

s/である/である。/

doc/eval.jax
- is the timer ID. The callback is only invoked when Vim is
- waiting for input.
+ {callback} は呼び出す関数。関数の名前もしくは|Funcref|であって
+ も良い。タイマーID に対して引数で指定した物が一つだけ呼び出さ
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

ここの訳、変です。
コールバックは1つの引数で呼ばれ、その引数はタイマーIDだと言っています。

doc/eval.jax
- "repeat" Number of times to repeat calling the
- callback. -1 means forever. When not present
- the callback will be called once.
+ {options} はディクショナリ。以下がサポートされている:
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

s/ディクショナリ/辞書/
だったはず。

@mattn mattn fixes for the review
b150b40
doc/eval.jax
- When {id} is omitted information about all timers is returned.
+ タイマーに関する情報のリストを返す。
+ {id} が指定された場合はそのタイマーに関する情報だけが返され
+ る。タイマー {id} が存在しない場合は空のリストが返される。{id}
doc/eval.jax
+ "repeat" 何回タイマーを発火させるかの回数;
+ -1 は無限を意味する
+ "callback" コールバック
+ "paused" タイマーを一時停止するなら 1、それ以外は 0
doc/eval.jax
- the callback to be invoked almost immediately if enough time
- has passed.
+ タイマーを一時停止もしくは再開する。一時停止したタイマーは時間
+ が経過しても コールバックを呼び出さない。タイマーの再開は十分
doc/eval.jax
- String, then the timer is paused, otherwise it is unpaused.
- See |non-zero-arg|.
+ {paused} が 0 以外の数値、もしくは空でない文字列で評価される
+ 場合にタイマーが言停止し、それ以外は再開する。
doc/eval.jax
- minimum time before invoking the callback. When the system is
- busy or Vim is not waiting for input the time will be longer.
+ {time} はミリ秒での待機時間。これはコールバックが呼び出される
+ までの最短の時間であるシステムがビジーもしくは Vim が入力待ち
doc/eval.jax
- is the timer ID. The callback is only invoked when Vim is
- waiting for input.
+ {callback} は呼び出す関数。関数の名前もしくは|Funcref|であって
+ も良い。タイマーID に対して引数で指定した物が一つだけ呼び出さ
doc/eval.jax
- "repeat" Number of times to repeat calling the
- callback. -1 means forever. When not present
- the callback will be called once.
+ {options} はディクショナリ。以下がサポートされている:
@mattn mattn append translate of win_xxx in eval.jax
25cd0de
@mattn
Member
mattn commented Jan 5, 2017

すいません。ついでなので win_xxx も足しました。

doc/eval.jax
+ 特定のウィンドウに関する |window-ID|を得る。
+ {win} が未指定の時は現在のウィンドウとなる。
+ この {win} はウィンドウ番号である。トップウィンドウは番号 1 を
+ 持つ。{tab} が未指定の場合現在のタブが使用され、{tab} が番号
@k-takata
k-takata Jan 5, 2017 Member

「持つ。」の後で改行。

@mattn mattn fixes for the review
80ec4ec
@k-takata k-takata merged commit b93a711 into master Jan 5, 2017

2 checks passed

continuous-integration/travis-ci/pr The Travis CI build passed
Details
continuous-integration/travis-ci/push The Travis CI build passed
Details
@k-takata k-takata deleted the eval-timer-mattn branch Jan 5, 2017
@k-takata
Member
k-takata commented Jan 5, 2017

Merged!

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment