translate some getXXX & others in eval.jax #96

Merged
merged 3 commits into from Jan 10, 2017

Projects

None yet

2 participants

@kashewnuts
Contributor
kashewnuts commented Jan 10, 2017 edited

Relate: #48
getXXXだけのつもりでしたが、ついでにほかの箇所も翻訳しました。

@koron koron referenced this pull request Jan 10, 2017
Open

eval.jax の未訳文を翻訳する #48

78 of 80 tasks complete
@kashewnuts kashewnuts changed the title from translate some getXXX in eval.jax to translate some getXXX & others in eval.jax Jan 10, 2017
@kashewnuts kashewnuts translate some getXXX & others in eval.jax
680a056
doc/eval.jax
@@ -2057,8 +2057,8 @@ function({name} [, {arglist}] [, {dict}])
garbagecollect([{atexit}]) なし メモリを解放する。循環参照を断ち切る
get({list}, {idx} [, {def}]) 任意 {list}や{def}から要素{idx}を取得
get({dict}, {key} [, {def}]) 任意 {dict}や{def}から要素{key}を取得
-get({func}, {what}) any get property of funcref/partial {func}
-getbufinfo([{expr}]) List information about buffers
+get({func}, {what}) 任意 uncref/partial {func}のプロパティ取得
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

s/uncref/funcref/

doc/eval.jax
+ その結果は数値で、バッファ{expr}に関連付けられた最初のウィンド
+ ウの|window-ID|である。 {expr}の使用については、上記の
+ |bufname()|を参照。バッファ{expr}が存在しないか、ウィンドウが
+ 存在しない場合は、-1が返される。例: >
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

この関数、すぐ下の bufwinnr() の訳と表現をあわせておいたほうがいいかも。

doc/eval.jax
+ bufloaded ロードされたバッファのみを含む。
+
+ それ以外の場合、{expr}は情報を返す特定のバッファを指定する。
+ {expr}の使用については、上記の|bufname()||を参照。バッファが見
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

| が1つ余計。

doc/eval.jax
+ lnum バッファ内の現在の行番号。
+ loaded バッファがロードされている場合はTRUE。
+ name バッファ内のファイルへのフルパス。
+ signs バッファに配置されたsignsのリスト。
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

signはsign.jaxでは目印と訳しているので、そちらに合わせた方がよさそう。

doc/eval.jax
@@ -3989,7 +3983,7 @@ getbufinfo([{dict}])
endif
endfor
<
- To get buffer-local options use: >
+ バッファローカルオプションを使用するには: >
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

使用 -> 取得

doc/eval.jax
+ environment 環境変数名
+ event 自動コマンドのイベント
+ expression Vim式
+ file ファイルおよび辞書名
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

辞書名 -> ディレクトリ名

doc/eval.jax
+ event 自動コマンドのイベント
+ expression Vim式
+ file ファイルおよび辞書名
+ file_in_path |'path'|のファイルおよび辞書名
doc/eval.jax
+ winid |window-ID|を取得 (もし開かれていれば)
+ all 上記のquickfixのすべてのプロパティ
+ {what}の文字列以外の項目は無視される。
+ "nr"が存在しない場合、現在のquickfixリストが使用される。エラー
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

"nr" の後に半角空白

doc/eval.jax
+ all 上記のquickfixのすべてのプロパティ
+ {what}の文字列以外の項目は無視される。
+ "nr"が存在しない場合、現在のquickfixリストが使用される。エラー
+ 処理{what}の場合、空の辞書が返される。
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

「{what}の処理中にエラーとなった場合」といった感じでどうでしょう。

doc/eval.jax
- windows List of |window-ID|s in the tag page.
+ {arg}を指定しないと、すべてのタブページに関する情報がListとし
+ て返される。各リスト項目は辞書である。それ以外の場合、{arg}は
+ タブページ番号とその情報が返されることを指定する。タブページが
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

「{arg}はタブページ番号を指定し、それに関する情報が返される。」ぐらい?

doc/eval.jax
- variables a reference to the dictionary with
- window-local variables
- width window width
+ 辞書に関するリストとしてのウィンドウに関する情報を返す。
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

ウィンドウに関する情報を、辞書のリストとして返す。

doc/eval.jax
+ bufnr ウィンドウ内のバッファ数
+ height ウィンドウの高さ
+ loclist ロケーションリストを表示してる場合は1
+ {Vimが|quickfix|機能付きでコンパイルさ
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

|quickfix| -> +quickfix
原文にあわせたほうがよいでしょう。(あるいは |+quickfix| の方がよいかも?)

doc/eval.jax
+ れたときのみ有効}
+ quickfix quickfixまたはロケーションリストウィン
+ ドウの場合は1
+ {Vimが|quickfix|機能付きでコンパイルさ
@kashewnuts kashewnuts Fixed reviewed points.
25df55f
doc/eval.jax
+ {arg}はタブページ番号を指定し、それに関する情報がリストとして
+ 返される。各リスト項目は辞書である。それ以外の場合、{arg}はタ
+ ブページ番号とその情報が返されることを指定する。タブページが存
+ 在しない場合、空のListが返される。
@k-takata
k-takata Jan 10, 2017 Member

修正箇所が間違っています。1文目ではなく3文目を修正してください。

@kashewnuts
kashewnuts Jan 10, 2017 Contributor

Oops! 再度修正しました。ご確認よろしくお願いいたします。

@kashewnuts kashewnuts Fixed gettabinfo()
05039a2
@k-takata k-takata merged commit 9c13d9c into master Jan 10, 2017

2 checks passed

continuous-integration/travis-ci/pr The Travis CI build passed
Details
continuous-integration/travis-ci/push The Travis CI build passed
Details
@k-takata k-takata deleted the eval-some-getXXX branch Jan 10, 2017
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment