Skip to content
This repository

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
branch: master
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

file 83 lines (49 sloc) 2.241 kb
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
* mRubyとは

mRubyはISO規格に準拠したRuby言語を様々な環境で動作可能となるように
軽量化したものです。モジュール構成によりインタプリタ実行形式や
コンパイル&VM実行形式でも動作させることができます。

2010年度の経済産業省の地域イノベーション創出事業により開発されました。


* mRubyの特長

|MRI(Matz Ruby Implementation)版との互換性
|
|以下要修正
| + シンプルな文法
| + 普通のオブジェクト指向機能(クラス,メソッドコールなど)
| + 特殊なオブジェクト指向機能(Mixin, 特異メソッドなど)
| + 演算子オーバーロード
| + 例外処理機能
| + イテレータとクロージャ
| + ガーベージコレクタ
| + ダイナミックローディング (アーキテクチャによる)
| + 移植性が高い.多くのUnix-like/POSIX互換プラットフォーム上で
| 動くだけでなく,Windows, Mac OS X,BeOSなどの上でも動く
| cf. http://redmine.ruby-lang.org/wiki/ruby-19/SupportedPlatformsJa

* 入手法

** Zipで

以下の場所においてあります.

  https://github.com/mruby/mruby/zipball/master

** GitHubで

開発先端のソースコードは次のコマンドで取得できます.

  $ git …..

他に開発中のブランチの一覧は次のコマンドで見られます.

  $ git …


* ホームページ

mRubyのホームページのURLは

   http://www.mruby.org/

です.


* メーリングリスト

mRubyのメーリングリストがあります。参加希望の方は….


Ruby開発者向けメーリングリストもあります。こちらではrubyのバ
グ、将来の仕様拡張など実装上の問題について議論されています。
参加希望の方は…



* コンパイル・インストール・移植

INSTALL.ja ファイルを参照してください。


* 配布条件

COPYING.ja ファイルを参照してください。


* 著者

コメント,バグレポートその他は devel@mruby.org まで.
-------------------------------------------------------
created at: Fri Apr 20 11:57:36 JST 2012
Local variables:
mode: indented-text
end:
Something went wrong with that request. Please try again.