No description, website, or topics provided.
Erlang
Switch branches/tags
Nothing to show
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
20110521
.gitignore
README.rst
erlang_programming_chapter_3.rst

README.rst

Erlang/OTP 独習会

主催:@jbking, @voluntas
日時:6/??(土) 9:30--12:30
場所:未定
担当:@voluntas
内容:Erlang Programming Chapter 15. Socket Programming

概要

  • Erlang Programming (日本語もある)
  • Erlang and OTP in Action (英語しかない)

上記二冊を元にプレゼン+ハンズオン形式で進めていきます。

  • 参加者は最低 1 回以上プレゼン発表 + ハンズオンの講師をする必要があります
  • 1 日で進めるのは 1 章だけです、隔週で開催予定です。
  • イベントは 2 時間以内で終わらせるのを目標とします。
  • プレゼンは 1 ポモドーロ (25 分) で、ハンズオンは 2 ポモドーロ (25 分 * 2) です。
  • 流れとしては事前にいくつかの章に対して担当を割り振ります

内容

  • まず担当者事前にどちらかの本の担当部分を選びます。そしては 25 分程度でその章のまとめプレゼンを行います
  • 次にその章のエクササイズを各自で解いていきます、その際章担当者は講師として参加者にエクササイズを解くアドバイスをしてまわります。もちろん一緒に解いても構いません。
  • 時間内にエクササイズが終わらなくても構いません。
  • 開催日のフォルダに id 名でフォルダを作りますので是非そこにコミットしておいて下さい。

これを一つの章事に繰り返していきます。つまり担当者はしっかり勉強でき、参加者は気楽に出来る。 それを皆で共有するという勉強スタイルです。

参加方法

参加する際にErlang を知ってると楽かも知れませんが、知ってる必要はありません

参加予定者と自己紹介欄を埋めて、pull-request ください。それが merge されたら登録完了です。

毎回の参加は強制ではありません、欠席については何かしらの手段で連絡頂けると助かります。

参加予定者

  • @jbking
    • ここに一言自己紹介を
  • @voluntas
    • Erlang しか書けなくなってきてます
  • @ymotongpoo
    • Learn You Some Erlang翻訳してるOTP使いたい人
  • @itawasa
    • Ruby の変数がアトムに見え始めています
  • @hide5stm
    • Cがつらい軟弱者ゆえ
  • @cocoatomo
    • Erlang Programmer の Wannabe です
  • @_2F_1
    • 家事と育児の並列に悩んでいます
  • @ksauzz
    • Erlangと戯れたいです

Erlang Programming

1.  Introduction
2.  Basic Erlang
3.  Sequential Erlang
4.  Concurrent Programming
5.  Process Design Patterns
6.  Process Error Handling
7.  Records and Macros
8.  Software Upgrade
9.  More Data Types and High-Level Constructs
10. ETS and Dets Tables
11. Distributed Programming in Erlang
12. OTP Behaviors
13. Introducing Mnesia
14. GUI Programming with wxErlang
15. Socket Programming
16. Interfacing Erlang with Other Programming Languages
17. Trace BIFs, the dbg Tracer, and Match Specifications
18. Types and Documentation <- @cocoatomo 希望
19. EUnit and Test-Driven Development <- @cocoatomo 希望
20. Style and Efficiency

Erlang and OTP in Action

Part 1 Getting past pure Erlang: the OTP basics

  Chapter 1 The Erlang/OTP platform
  Chapter 2 Erlang language essentials
  Chapter 3 Writing a TCP-based RPC service
  Chapter 4 OTP applications and supervision
  Chapter 5 Using the main graphical introspection tools

Part 2 Building a production system

  Chapter 6 Implementing a caching system
  Chapter 7 Logging and event handling the Erlang/OTP way
  Chapter 8 Introducing distributed Erlang/OTP
  Chapter 9 Adding distribution to the cache with Mnesia
  Chapter 10 Packaging, services, and deployment

Part 3 Integrating and refining

  Chapter 11 Adding an HTTP interface to the cache
  Chapter 12 Integrating with foreign code using ports and NIFs
  Chapter 13 Communication between Erlang and Java via Jinterface
  Chapter 14 Optimization and performance