Re:VIEW build container by docker
Shell
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Permalink
Failed to load latest commit information.
.circleci
doc
noto
review-2.3
review-2.4
review-2.5
review-3.0 Add support to review 3.0.0.preview.1 Jul 2, 2018
sample-book @ bf2467c
.gitmodules
Dockerfile
LICENSE.md LICENSE.mdを追加 Jul 18, 2015
README.md
test.sh test.shがローカルで動かなかったのを修正 Jul 26, 2017
update.sh

README.md

Re:VIEW image for Docker

CircleCI Docker Build Statu Docker Automated buil Docker Stars Docker Pulls

このリポジトリはDocker上でRe:VIEWを動かすためのものです。

Docker HubにTrusted Buildとして置いてあるのでご活用ください。

Windows用の手引はこちらを参考にしてください。 docker-composeを使った時の手引としても使えます。

仕様

サポートしているタグ

Re:VIEWのバージョン毎にイメージを作成しています。 現在存在しているタグは latest, 2.3, 2.4 , 2.5, 3.0(preview) です。

$ docker pull vvakame/review:2.3
$ docker pull vvakame/review:2.4
$ docker pull vvakame/review:2.5
$ docker pull vvakame/review:3.0

インストールされているコマンド

  • git
  • curl
  • texlive & 日本語環境
  • mecab (Re:VIEW 索引作成時に利用される)
  • ruby (Re:VIEW 実行環境)
  • node.js & npm (FirstStepReVIEW v2用環境)
  • Re:VIEW & rake & bundler

他。詳細はDockerfileを参照してください。

TeX周りの初期設定

PDF作成時、Notoフォントをデフォルトで利用しフォントの埋め込みも行うようになっています。

  • IPAフォントのインストール
    • 利用したい場合 kanji-config-updmap ipaex を実行する
  • Notoフォントのインストール & デフォルト利用指定

使い方

次のようなディレクトリ構成を例にします

├── README.md
└── src
    ├── catalog.yml
    ├── config.yml
    ├── ch01.re
    ├── ch02.re
    ├── ch03.re
    ├── index.re
    └── layouts
  • config.ymlが存在するディレクトリをコンテナ上にマウントする

srcディレクトリにconfig.ymlがある場合

-v `pwd`/src:/work

workディレクトリは任意の名前でよいです。後述のコマンドでcdする先になります。

  • vvakame/review イメージを使用する

  • マウントしたディレクトリ内で任意のビルドコマンドを実行する

pdf出力する場合

/bin/sh -c "cd /work && review-pdfmaker config.yml"

この例では実行するコマンドは次のようになります。

$ docker run --rm -v `pwd`/src:/work vvakame/review /bin/sh -c "cd /work && review-pdfmaker config.yml"

ビルドが終了すると、srcディレクトリ内にpdfファイルが出力されます。