Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
53 lines (39 sloc) 2.86 KB
year month date title draft tags
2018
2018/12
2018-12-31
2018-12-31 2018年の振り返り
false
日報
年報
振り返り

2018年も大変お世話になりました。2018年も色々あったので振り返りたいと思います。

子供が生まれました

二児の父になりました。育児は大変ですが周囲の助けでなんとかやっていけてます。ありがとうございます。

転職しました

1人目が生まれるタイミングで前職に転職していました。前職は勤務時間が 09:00-17:30 で短めだったので初めての育児では助かったのですが、以下の理由から転職することにしました。

  • 仕事
    • Android ができるはずが案件がなく ASP.NET をやることに…
    • 最終的には大きめの案件のPLになったが、案件が終わったら協力会社のメンバーとの関係も終わるので虚しい…(自社サービスで関係の質を高めたい
    • 副業で Android やっているだけだと最新の Android についていけないので本業でやりたい
    • Android だけでなく他の領域も広くやっていきたい
  • 働きやすさ
    • 2人目が生まれるので柔軟な働き方が良い
    • 上の子が保育園に入るので送り迎えが必要
    • 子供が病気の場合に病院に連れて行った後にリモートしたい

他にもありますが一般的な理由は以上です。 年明けから情報収集して4月に大きめの案件が終わるタイミングでもともと気になってた会社から Findy でメッセージが来て、それが弊社です。

仕事について

機能追加やバグ修正の合間に以下をやりました。

  • Android 5.0 未満での TLS1.2 有効化
  • LifecycleDisposable で RxLifecycle を置き換え
  • Kotlin 100% 大作戦(進行中)

LifecycleDisposable

RxLifecycle, AutoDispose と同等の機能を AAC Lifecycle で提供するライブラリです。年内に公開したかったけど間に合わず…。

Kotlin 100% 大作戦

Kotlin 100% 大作戦とは Kotlin 化をマイルドに進めるつもりがスクリプトによる自動 Kotlin 化で革命的な Kotlin 化効率を達成して Kotlin 100% の機運が一気に高まった社内活動です。現実は色々あるので一気に 100% にはなりませんが Kotlin 化の勢いは高まっています。

個人活動について

MVVM のライブラリを作っています。その過程で他のアーキテクチャパターンについても理解を深めています。DroidKaigi に初めてプロポーザルを出しました。残念ながら選ばれなかったので別の形でアウトプットする予定です。

まとめ

時間確保が課題ですが、全体的にはなんだかんだ上手く行ってる 2018 年でした。