Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
155 lines (119 sloc) 12 KB

WAICにおける、WCAG 2.0関連文書の訳出ガイドライン(案)

まえがき

一般に、文書の表記は統一されていることが好ましいことは、言うまでもないでしょう。

WAICにあるWCAG 2.0については、W3CのWCAG 2.0を訳出した文書であると同時に、JIS X 8341-3:2016の元となった文書であり、やや特殊な出自を持ちます。つまり、最初からある程度JISになることを意識して訳出されており、JISの様々な表記ルール(JIS Z 8301:2011)にある程度準じて記述されています。

WCAG 2.0の関連文書、例えば解説書や達成方法集のみならず、WCAG 2.0関連文書について各WGでこれから翻訳してWAICで公開する予定もあります。

そのようなWCAG 2.0関連文書を作成・改訂する際に、WAIC内外の指針となるような訳出ガイドラインを設けることで、品質の担保を試みるものです。また、JIS X 8341-3の将来の改訂版になる可能性のある、WCAG 2.1の訳語の検討材料になることも狙っています。

ガイドライン(案)の注意書き

  • このガイドライン(案)は、JIS Z 8301:2011『規格票の様式及び作成方法』(JISCサイトのJIS検索より閲覧可能)を参考にしつつ、アレンジされています。
  • 隅付き括弧(【】)は、JIS Z 8301:2011の節番号に対応します(アルファベットの番号は附属書を意味します)。なお、このガイドライン(案)自体は、読みやすさのためにガイドラインに沿って書かれていません。
  • あくまでも、案です。抜けや漏れ、誤りがあり得ます。不足等ありましたら、issueでお尋ねください。

WCAG 2.0関連文書の翻訳ガイドライン(案)

文章の書き方【G.1】

文章は漢字かなまじりの文とし、口語体とします。 原文であるW3C文書に忠実な翻訳を心掛けます。ただし、日本語としての読みにくさがある場合は、原文のニュアンスを損なわない範囲で、読みやすい表現に変更することも可能です。

用字【G.2】

副詞および連体詞は原則として、漢字とします。

例:余り 必ず 極めて 更に 少し 既に 全て 例えば 常に 特に 再び 全く 最も 専ら 僅かに

ただし、次のような副詞は原則としてかなとします。

例:かなり ふと やはり よほど

接続詞は、かなとします。

例:おって かつ したがって ただし また ゆえに もしくは

ただし、次の接続詞は、漢字とします。

例:及び 並びに 又は

(「若しくは/もしくは」の表記は、JIS Z 8301 及び常用漢字表では漢字で表記しますが、読みやすさのためWAICでは「もしくは」とひらがなで表記しています。)

助動詞および助詞は、かなで書きます。

例:~ない ~ようだ ~ぐらい ~だけ ~ほど

常用漢字表の本表の「音訓」に示されない表記が適用される可能性がある語は、かなとします。

例:わかる(語の厳密な意味づけや文脈によって「分かる」「解る」「判る」...が適用され得るが、常用漢字表では、「解」「判」には「わかる」という訓は示されていない。)

次のような語句を、()の中に示した例のように用いるときは、かなで書きます。

  • ある(その点に問題がある。)
  • いる(ここに関係者がいる。)
  • こと(許可しないことがある。)
  • できる(だれでも利用ができる。)
  • とおり(次のとおりである。)
  • とき(事故のときは連絡する。)
  • ところ(現在のところ差し支えない。)
  • とも(説明するとともに意見を聞く。)
  • ない(欠点がない。)
  • なる(合計すると1万円になる。)
  • ほか(そのほか~,特別の場合を除くほか~)
  • もの(正しいものと認める。)
  • ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)
  • わけ(賛成するわけにはいかない。)
  • ~かもしれない(間違いかもしれない。)
  • ~てあげる(図書を貸してあげる。)
  • ~ていく(負担が増えていく。)
  • ~ていただく(報告していただく。)
  • ~ておく(通知しておく。)
  • ~てください(問題点を話してください。)
  • ~てくる(寒くなってくる。)
  • ~てしまう(書いてしまう。)
  • ~てみる(見てみる。)
  • ~てよい(連絡してよい。)
  • ~にすぎない(調査だけにすぎない。)
  • ~について(これについて考慮する。)

専門用語【G.3.1】

  • WCAG 2.0 附録A 用語集に用語として記載のあるものは、これに従います。
  • WCAG 2.0の本文に訳出のある語も、これに従うこととします。

WCAG 2.0に出現しない用語は、カタカナ書きが受け入れられているものであれば、カタカナで表記することとします。そうでなければ、カタカナ以外の何らかの訳語を当てることとします。 カタカナ書きの表記ルールは、後述します。

「以上」「以下」「超」「未満」【G.3.3.a】

例えば、"3秒以上"であれば、3秒を含みます。"3秒超"であれば、3秒を含みません。 英語との対比についての参考:英語で「以上」「以下」「超」「未満」の使い分け - teppeis blog

andの訳語候補、「及び」「かつ」「並びに」【G.3.3.b】、orの訳語候補、「又は」「もしくは」【G.3.3.c】

  • 「及び」「並びに」「又は」「もしくは」の使い分けについての参考:法律用語のキソ
  • JIS Z 8301では「若しくは」と漢字で表記しますが、読みやすさのためWAICでは「もしくは」とひらがなで表記しています。
  • 「かつ」は英語の条件節で訳を当てることがほとんどかと思われます。

and/orの訳語「及び/又は」【G.3.3.d】

and/orが出現したときは、「及び/又は」をあてます。ちなみに、全角スラッシュです。

if, whenの訳語候補「場合」「とき」「時」【G.3.3.e】

if節、when節の限定条件を示すときは、「場合」、「とき」のどちらかをあてます(どちらでも構いません)。 「〜する際」「もし〜ならば」といった訳語はあてません。

句読点【G.4.2.a, b】

  • 句点には「。」、読点には「、」を用います。
  • JISでは、読点にカンマ「,」を用いますが、WAICでは読点「、」を使用します。
  • ":"コロンが出現したとき、そのまま半角コロンを使ってもよいです。
  • ";"セミコロンは、句点または読点に置き換えます。

引用符号【G.4.3】

引用符号は、“”を用います。ただし、内容がコードの場合は""を用います。 なお、この目的でかぎ括弧「」は用いません。

括弧【G.4.7】

  • W3C文書内で出現する、文献へのリンク角括弧([])はそのまま用います。
  • 丸括弧もそのまま用います。半角丸括弧を使用するものとし、全角丸括弧は使用しません。
  • 括弧の外側は原則として半角スペースを入れます。ただし、記号類と隣接するときはスペースを入れません。
  • 原文にない補足説明を付け加えるときは、原文対応の観点から括弧書きではなく訳註とします。

数字【G.5】

数量を表現し、数を数えられるものは算用数字を使用します。任意の数に置き換えても通用する語句がこれに該当します。序数詞(~番目など)も算用数字を使います。ただし、「ひとつ」「ふたつ」と数えるものは漢数字とします。 慣用的表現、熟語、概数、固有名詞、副詞など、漢数字を使用することが一般的な語句では漢数字を使います。

  • 算用数字を使う例:1 億 2805 万人 第 3 回大会 4 か月 1 番目、2 番目 2 進法 3 次元
  • 漢数字を使う例:三つのボタン 世界一 一時的 一部分 第三者 一種の 一部の 一番に 数百倍 二次関数 四捨五入 四角い 五大陸

カタカナ書きの表記ルール【G.6.2】

  • 一般的なルールとしては、外来語の表記によります。
  • 長音符号を省く規則は【G6.2.2.b】に記されていますが、採用しません。

分かち書き【G.6.3】

  • とくにカタカナ語で長くなる場合に、半角スペースで語を区切ってもよいです。
    • WCAG 2.0で分かち書きがされる語は、「アクセシビリティ サポーテッド」、「ユーザインタフェース コンポーネント」の2つのみです。
    • 人名も半角スペースで区切ります。例: アラン チューリング
  • 分かち書きの目的で、中点(・)は用いません。

W3C文章中の例示・補足【6.5】

  • Note は「注記」とします。(「注」はfootnoteが対応するのでこれを使用しません。)
  • Example は「例」とします。

W3C文書に出現するRFC 2119キーワード【H】

RFC 2119キーワードmust、should、recommended、may、should not、must notは原則として次のように訳します。ただし、非規範部分(non-normativeやinfomativeと明示されているセクション、および注記部分)を除きます。

  • must(~しなければならない)
  • should(~すべきである)
  • recommended(~推奨される?)
  • may(~してもよい)
  • should not(~すべきでない)
  • must not(~してはならない)

これ以外の語に、キーワードに当たる訳出はしないように心掛けます。例えば、"have to"は学校英語では"must"に置き換えられるとされますが、規格類の訳出では置換できないものとして扱います。例えば、"have to"は「〜する必要がある」とします。 should, should notはJIS Z 8301では(〜すべきである、〜すべきでない)とは訳出しないとされていますが、現行のWCAG 2.0日本語訳がこのようになっているため、これに合わせます。

W3C文章の軽微な修正・原文にない補足

原文の単純な誤字・脱字の場合、日本語訳で断りなく修正してもよいです。【7.1】 日本語訳で補足が必要と思われる場合、「訳註」で追記することも可能です。

和文と欧文の間のスペース

全角文字と半角文字の間にスペースを入れます。例: HTML ファイル