Skip to content
No description, website, or topics provided.
C++ QMake
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
LICENSE
Readme.md
SimpleGLWidget.pro
glwidget.cxx
glwidget.hxx
main.cxx
mainwindow.cxx
mainwindow.hxx
mainwindow.ui

Readme.md

GLWidgetのサンプル

Qt5.5を使って,QtのGUI機能とOpenGLレンダリングを統合する簡単な例です.

アプリケーションはQt Widgets Applicationとして作成し,Designモードで追加したQOpenGLWidgetを自分で用意したGLWidgetクラスに昇格させることで特殊化しています.画面,右のラジオボタンtたちからはQtのSignal-Slot機構を用いてGLWidgetクラスと繋ぎこんできます.

OpenGLに関連して,main.cxxでOpenGLのバージョン(4.3)とプロファイル(Core Profile)を指定してから,OpenGL 4.3 Core Profileが提供する関数群を初期化した関数表を得ています.

一部,Mac対応をしているように見えますが,このままでは動かないと思います.プロファイルに基づいたテンプレートプログラミングするのが正しそうです.

実行環境はDell Alienware 13in, intel HD 5500です.

この機械はNvidia Optimusカードの設定によって,Nvidia GeForce 860Mで描画できるはずなのですが,今のところこのカードをQt側できちんと認識していません.Qt5で作成したアプリは起動時にOpenGLのドライバの有無を確認し,ない場合にはDirectXを用いたOpenGLのエミュレーション環境で実行しようとします.intel HD 5500の場合はいいのですが,GeForce 860Mの場合にドライバが見つからないらしく,OpenGL 2.0, No Profileと誤認してクラッシュしているようです.Nvidia Optimusドライバが悪さをしているような気がします.オンボードのGPUを持たないNvidiaなデスクトップでも試してみます.

You can’t perform that action at this time.