Virtual Machine Manager
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
cli
etc
LICENSE
Makefile
README.rst

README.rst

Orobas

qemu の VM を管理するための script、及びサーバ設定、ansible の playbook

名称は オロバス - Wikipedia より

virt-manager を使うまでもない、だけど qemu コマンドをそのまま打つのは option 多すぎて大変なので、コマンド option をまとめておく程度の管理を目指す。 また、virt-manager だと bridge 接続に root が必要だったり、libvirt は xml で設定書くのが辛い...、というのも作った理由。

  • 個人の開発・検証用途
  • 薄い wrapper 程度の層に留める

構成

  • cli * src * tests: bats によるテスト
  • etc * qemu: qemu の設定ファイル、bridge の設定など * systemd: systemd で実行する script, 及び設定
  • ansible

事前にインストールされているべきもの

  • app-emulation/qemu

  • net-dns/dnsmasq

  • net-misc/bridge-utils

  • net-firewall/iptables

  • kernel configuration

    CONFIG_MACVLAN=<y or m> CONFIG_MACVTAP=<y or m> CONFIG_VXLAN=<y or m> CONFIG_TUN=<y or m> CONFIG_TAP=<y or m>

インストール

下記を実行することで cli 以下の .sh を .sh を削って /usr/local/bin へ、lib は /usr/local/lib へ、etc の中身を /etc へ展開する

% cd orobos % sudo make install

下記で ansible を ~/.local/orobos/ansible に、config を ~/.config/orobos に symlink、~/.local/orobos/VMs を VM 格納先にする

% cd orobos % make user-install