Skip to content
KotlinのExcel操作ライブラリーです
Branch: master
Clone or download
Latest commit 0b4fe36 Apr 28, 2018
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.idea ライブラリーのバージョン変更 Sep 23, 2017
gradle/wrapper Gradleのバージョンを3.5に変更 May 14, 2017
src プロパティアクセス Sep 23, 2017
.coveralls.yml coverallsの設定の変更 Jun 4, 2016
.editorconfig パッケージの変更 Nov 17, 2016
.gitignore gitignoreにoutディレクトリーを追加 May 14, 2017
.travis.yml TravisCIの調整 Sep 23, 2017
KExcelAPI.iml IntelliJ IDEAにプロジェクトの取り込み May 14, 2017
LICENSE
README.en.md READMEの変更 Sep 23, 2017
README.md READMEの変更 Apr 28, 2018
build.gradle
gradle.properties Travis CI用にgradle.propertisの設定を変更 Nov 10, 2015
gradlew Gradleのバージョンを3.5に変更 May 14, 2017
gradlew.bat
settings.gradle gradleのjarの設定を追加 Nov 8, 2015

README.md

KExcelAPI Build Status Coverage Status

English

KExcelAPIの紹介サイトです。

Kotlin用のApache POIのラッパーです。皆さん大好きなExcelをできるだけ簡単にアクセスできるように考えています。

このライブラリーはGExcelAPIから影響を受けて作成しています。

使い方

シートから、セル名かセルのインデックスを指定してCellオブジェクトを取得することができます。 セルオブジェクトからのデータの取得には型が必要なので、toInt、toDouble、toStr等のメソッドで値を取得します。 データのセットの場合には型が自明なため、「=」でExcel上に値をセットできます。

使い方の基本としては、拡張関数を使用しているため link.arata.kexcelapi.* パッケージをimportします。

import link.webarata3.kexcelapi.*

これだけで準備は完了です。これで、次のようにExcelへアクセスできます。

// 簡単にファイルオープン、クローズ
KExcel.open("file/book1.xlsx").use { workbook ->
    val sheet = workbook[0]

    // セルの読み込み
    // セル名でのアクセス
    println("""B7=${sheet["B7"].toStr()}""")
    // セルのインデックスでのアクセス [x, y]
    println("B7=${sheet[1, 6].toDouble()}")
    println("B7=${sheet[1, 6].toInt()}")

    // セルの書き込み
    sheet["A1"] = "あいうえお"
    sheet[3, 7] = 123

    // ファイルの書き込みも簡単に
    KExcel.write(workbook, "file/book2.xlsx")
}

Maven

Mavenのリポジトリ(Gradleの設定)は次のとおりです。

dependencies {
    compile 'link.webarata3.kexcelapi:kexcelapi:0.5.1'
}

ライセンス

MIT

You can’t perform that action at this time.