Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
src
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KExcelAPI Build Status Coverage Status

English

KExcelAPIの紹介サイトです。

Kotlin用のApache POIのラッパーです。皆さん大好きなExcelをできるだけ簡単にアクセスできるように考えています。

このライブラリーはGExcelAPIから影響を受けて作成しています。

使い方

シートから、セル名かセルのインデックスを指定してCellオブジェクトを取得することができます。 セルオブジェクトからのデータの取得には型が必要なので、toInt、toDouble、toStr等のメソッドで値を取得します。 データのセットの場合には型が自明なため、「=」でExcel上に値をセットできます。

使い方の基本としては、拡張関数を使用しているため link.arata.kexcelapi.* パッケージをimportします。

import link.webarata3.kexcelapi.*

これだけで準備は完了です。これで、次のようにExcelへアクセスできます。

// 簡単にファイルオープン、クローズ
KExcel.open("file/book1.xlsx").use { workbook ->
    val sheet = workbook[0]

    // セルの読み込み
    // セル名でのアクセス
    println("""B7=${sheet["B7"].toStr()}""")
    // セルのインデックスでのアクセス [x, y]
    println("B7=${sheet[1, 6].toDouble()}")
    println("B7=${sheet[1, 6].toInt()}")

    // セルの書き込み
    sheet["A1"] = "あいうえお"
    sheet[3, 7] = 123

    // ファイルの書き込みも簡単に
    KExcel.write(workbook, "file/book2.xlsx")
}

Maven

Mavenのリポジトリ(Gradleの設定)は次のとおりです。

dependencies {
    compile 'link.webarata3.kexcelapi:kexcelapi:0.5.1'
}

ライセンス

MIT