KotlinのExcel操作ライブラリーです
Kotlin
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.idea
gradle/wrapper
out/test/KExcelAPI/link/arata/kexcelapi
src
.coveralls.yml
.editorconfig
.gitignore
.travis.yml
LICENSE
README.en.md
README.md
build.gradle
gradle.properties
gradlew
gradlew.bat
settings.gradle

README.md

KExcelAPI Build Status Coverage Status

English

Kotlin用のApache POIのラッパーです。皆さん大好きなExcelをできるだけ簡単にアクセスできるように考えています。

このライブラリーはGExcelAPIから影響を受けて作成しています。

使い方

シートから、セル名かセルのインデックスを指定してCellオブジェクトを取得することができます。 セルオブジェクトからのデータの取得には型が必要なので、toInt、toDouble、toStr等のメソッドで値を取得します。 データのセットの場合には型が自明なため、「=」でExcel上に値をセットできます。

使い方の基本としては、拡張関数を使用しているため link.arata.kexcelapi.* パッケージをimportします。

import link.arata.kexcelapi.*

これだけで準備は完了です。これで、次のようにExcelへアクセスできます。

// 簡単にファイルオープン、クローズ
KExcel.open("file/book1.xlsx").use { workbook ->
    val sheet = workbook[0]

    // セルの読み込み
    // セル名でのアクセス
    println("""B7=${sheet["B7"].toStr()}""")
    // セルのインデックスでのアクセス [x, y]
    println("B7=${sheet[1, 6].toDouble()}")
    println("B7=${sheet[1, 6].toInt()}")

    // セルの書き込み
    sheet["A1"] = "あいうえお"
    sheet[3, 7] = 123

    // ファイルの書き込みも簡単に
    KExcel.write(workbook, "file/book2.xlsx")
}

Maven

Mavenのリポジトリ(Gradleの設定)は次のとおりです。

repositories {
    maven { url 'https://raw.githubusercontent.com/webarata3/maven/master/repository' }
}

dependencies {
    compile 'link.arata.kexcelapi:kexcelapi:0.3.0'
}

ライセンス

MIT