Sample Test Result (G1M)

dynamis edited this page Dec 7, 2017 · 15 revisions

サンプルコンテンツの詳細とテスト結果

実機(G1M)での評価結果 Version: 52.4.1 Build ID: 20171111183253

  • iWave RZ/G1M
  • 201711 build, BSP2.0
    • Linux 4.4 の BSP 2.0 リリース向けの Firefox 52 をビルドしたモノ
    • egl, openmax, webgl, canvas-gpu を有効化したビルド
    • WebRTC については開発途上のものだったため不安定。その後のビルドで解決済み
about:buildconfigの写し Build platform:
target:
arm-poky-linux-gnueabi
-----
Build tools:
-----
Compiler: /home/webdino/rzg1-iwg20m-2.0/build/tmp/sysroots/x86_64-linux/usr/bin/arm-poky-linux-gnueabi/arm-poky-linux-gnueabi-gcc -march=armv7-a -mfloat-abi=hard -mfpu=neon -mtune=cortex-a15 --sysroot=/home/webdino/rzg1-iwg20m-2.0/build/tmp/sysroots/iwg20m -std=gnu99
Version: 5.2.1
Compiler flags: -Wall -Wempty-body -Wignored-qualifiers -Wpointer-arith -Wsign-compare -Wtype-limits -Wunreachable-code -Wno-error=maybe-uninitialized -Wno-error=deprecated-declarations -Wno-error=array-bounds -fno-lifetime-dse -Os -fsigned-char -fno-strict-aliasing -fno-strict-aliasing -fno-math-errno -pthread -pipe
-----
Compiler: /home/webdino/rzg1-iwg20m-2.0/build/tmp/sysroots/x86_64-linux/usr/bin/arm-poky-linux-gnueabi/arm-poky-linux-gnueabi-g++ -march=armv7-a -mfloat-abi=hard -mfpu=neon -mtune=cortex-a15 --sysroot=/home/webdino/rzg1-iwg20m-2.0/build/tmp/sysroots/iwg20m -std=gnu++11
Version: 5.2.1
Compiler flags: -Wall -Wc++11-compat -Wempty-body -Wignored-qualifiers -Woverloaded-virtual -Wpointer-arith -Wsign-compare -Wtype-limits -Wunreachable-code -Wwrite-strings -Wno-invalid-offsetof -Wc++14-compat -Wno-error=maybe-uninitialized -Wno-error=deprecated-declarations -Wno-error=array-bounds -fno-lifetime-dse -Os -fsigned-char -fno-strict-aliasing -fvisibility-inlines-hidden -fno-exceptions -fno-strict-aliasing -fno-rtti -fno-exceptions -fno-math-errno -pthread -pipe -freorder-blocks -Os -fomit-frame-pointer
-----
Configure options:
--host=x86_64-linux --target=arm-poky-linux-gnueabi --enable-application=browser --disable-tests --with-toolchain-prefix=arm-poky-linux-gnueabi- 'CC=arm-poky-linux-gnueabi-gcc -march=armv7-a -mfloat-abi=hard -mfpu=neon -mtune=cortex-a15 --sysroot=/home/webdino/rzg1-iwg20m-2.0/build/tmp/sysroots/iwg20m' 'CXX=arm-poky-linux-gnueabi-g++ -march=armv7-a -mfloat-abi=hard -mfpu=neon -mtune=cortex-a15 --sysroot=/home/webdino/rzg1-iwg20m-2.0/build/tmp/sysroots/iwg20m' 'HOST_CC=gcc ' 'HOST_CXX=g++ ' --disable-debug-symbols --enable-system-ffi --enable-default-toolkit=cairo-gtk3-wayland --with-gl-provider=EGL MAKE=make --disable-crashreporter --disable-elf-hack --disable-gconf --disable-gold --disable-install-strip --enable-mobile-optimize --disable-necko-wifi --enable-pulseaudio --enable-startup-notification --disable-strip --enable-system-pixman --disable-updater --prefix=/usr --with-system-bz2 --with-system-libevent --with-system-zlib

JS/CSS系

  • Pure CSS Slides
    • :target 疑似クラス を使ってクリックすると #anchor が切り替わり適用対象のスタイルが変化し各要素 (ページ) の Transition が発生するようにしている (ついでに :hover とかも)

    • 800x480で30-40fps程度
    • ライセンスは未確認
    • 特徴としては、JavaScriptを一切使っておらず、HTMLとCSSとCSSアニメーションのみで構成されている点
  • Single Element CSS Spinners
    • 読み込み中などのアニメーションをCSS アニメーションで実現している例
    • 各ローダはピクセル単位のフォントサイズが与えられ、他のすべてのサイズはemで書かれているので、ローダのサイズを変更するにはフォントサイズを調整するだけです。

    • 800x480で30-40fps程度
    • MITライセンスでGitHubで公開中
  • Swiper
    • スライダーのライブラリ 詳しくはここを参照
    • デモのパフォーマンスは画像を持ちいるものとそうでないもので大きく異なった
    • テキストのみのものは800x480で30-40fps程度
    • 画像を使うものは初回のみ800x480で10-20fps程度でレスポンスも悪く、2、3回目以降は30-35fps程度
    • このデモは画像を遅延読み込みするので、fpsが低下しているものと思われる
    • こちらはJavascriptとCSSの両方を用いている。
    • MITライセンスでGitHubで公開中
  • A sphere built with CSS 3D transforms
    • CSS 3Dトランスフォームを使って球を描くデモ
    • JavaScriptを使って、3Dトランスフォームを適用したulとliを球になるように並べることで実現している
    • マウスを使ってドラッグすると、800x480で1-10fps程度
    • MITライセンスでGitHubで公開中
  • CSS 3D Earth
    • CSS 3Dトランスフォームを使って地球を描くデモ
    • JavaScriptを使って、3Dトランスフォームを適用したdivを球になるように並べることで実現している
    • 球の縦と横の分割数を変更することができるため、負荷テストに有用
    • 以下のテスト結果はすべて解像度800x480で、雲と光のオプションはオフにして実行した
      • 横の分割数 6 縦の分割数 6 で 33-37fps
      • 横の分割数 12 縦の分割数 8 で 20-23fps
      • 横の分割数 12 縦の分割数 12 で 15-18fps
      • 横の分割数 24 縦の分割数 12 で 8- 9fps
      • 横の分割数 24 縦の分割数 24 で 4- 5fps
    • ライセンスは未確認だが、ソースコードはGitHubで公開されている

WebGL系

WebRTC系

note: 開発途上のビルドであったため不安定、その後のビルドで解決済み

とりあえずWebRTC Test Landing PageのMulti-person video chatのサイトを一つずつ試してみる。 現状ではデバイスを取得してローカルのみでカメラ映像を表示することは可能だが、リモートと接続しようとすると失敗する模様。 以下のテスト結果は断りのない限りLogicool製ウェブカメラ PRO 9000を用いた。

  • getUserMedia example
    • カメラデバイスから取得したデータをそのまま表示する
    • 全く問題なく表示される。モニタ解像度800x480で15fps程度
  • AppRTC video chat client
    • URLパラメータを指定して細かな設定ができる模様 (詳細)
    • 部屋に一人でいるときはカメラ画像が表示される
    • 誰かがいる部屋に入ろうとすると「Sorry, this room is full.」と表示されてしまう
    • 部屋に一人でいるときに誰かが入って来ようとすると入ろうとした人のブラウザに「Sorry, this room is full.」と表示されてしまう
    • モニタ解像度800x480で15fps程度
  • OpenTok
    • 部屋を作り、その部屋に入って複数人とビデオチャット等ができるデモサービス
    • 他人と通信はできなかった
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.