Skip to content

つらくなるメカニズム

Tatsuro Ueda edited this page · 1 revision

感情は8つある

  1. 怒り
  2. 悲しみ
  3. 楽しみ
  4. 驚き
  5. 怖れ
  6. 嫌悪
  7. 罪悪感・恥
  8. 興味

マインドフルになることで、自分の感情に気づくことができる。そして名前を付けることで、安心感や心地よさを得ることができる。

感情には種類がある

一時的感情とは

周囲の出来事に対して、即座に出てくる強い気持ち。起きていることについて考えなくても生じる感情。

一時的感情は強烈なことを引き起こすことがあるので、上手につきあわないとトラブルや辛いことになる。上手につきあうと、生活が豊かになる。

二次的感情とは

一時的感情に反応して出てきた感情。言い換えると、自分の気持ちについての気持ち。「二次的感情」が他の「二次的感情」を引き起こし、悪循環になることがある。感情調節できるようになろう。

感情のメカニズムとは

  1. 原因となる出来事(1)
  2. 出来事の解釈→評価
  3. 一時的感情・二次的感情
  4. 身体反応
  5. したい行動
  6. したこと・言ったこと
  7. 姿勢・表現・身体的表現
  8. 1.-7.の後の考え・感情・行動
  9. 原因となる出来事(2)→2.に循環的につながる

考え方のクセがつらい感情を引き起こす

とてもつらくなるパターン

  1. 辛いことやストレスな出来事
  2. 考えが浮かぶ
    • 「〜に違いない」
    • 「こうなってしまうのでは・・・」
    • 「あのときもこうだった・・・」
  3. 否定的な解釈
  4. つらい感情がどんどん増す

これに対する対策とは

  • 自分の考え方を知る
  • いろいろな考え方ができるようになる

「思い込み」の例

Something went wrong with that request. Please try again.