勉強会用資料
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
test
image
lib
.gitignore
Procfile
README.md
_config.yml
app.js
git.sh
package-lock.json
package.json

README.md

目次

動画による解説

下記のリンク先動画で手順を再現しています
https://youtu.be/aByTfznhBWs


使い方

勉強会用の LINE BOT ソースコード です。

完成イメージ

  • 今回作成するのは、自動で応答してくれるLINE BOTです
  • データベースに接続するとクイズだって作れます

必要なアカウント

下記のソフトウェアとアカウントが必要なので、事前に取得しておいてください

Chrome

ブラウザはChromeを利用してください
https://www.google.com/intl/ja_ALL/chrome/

Google

アカウントがあると各種ログインが簡単になります
https://accounts.google.com/

Heroku

サーバーはherokuを利用します
https://id.heroku.com/login

LINE

LINE Messaging API利用登録
https://developers.line.me/ja/

LINEの作業

  • プロバイダ追加する
  • チャネル追加する
  • LINE_CHANNEL_SECRETの取得
  • LINE_CHANNEL_ACCESS_TOKENの取得
  • Webhook送信 利用するに設定
  • Webhook URLをセットする(後述)

github

アカウント作成
https://github.com/


Codenvy

アカウント登録 https://codenvy.io/site/login

Codenvyの作業

STEP-1 ワークスペース作成

  • サイドバーからcreate workspaceを選択

STEP-2 STACKを選択する

  • 今回はNodeを選択してください

STEP-3 PROJECTSでGitURLを指定する

  • 以下のURLをコピペして貼り付けましょう
https://github.com/x-hack-git/line-messaging-api.git

STEP-4 heroku CLI のインストール

  • 以下のコマンドを実行してみましょう
$ curl https://cli-assets.heroku.com/install.sh | sh

STEP-5 LINEのAPIkeyをherokuにセットする

  • ターミナルで下記のコマンドを実行
$ cd line-messaging-api
$ heroku login
$ heroku git:remote -a [アプリ名]
$ heroku config:set LINE_CHANNEL_SECRET="[チャンネルシークレット]"
$ heroku config:set LINE_CHANNEL_ACCESS_TOKEN="[チャンネルアクセストークン]"
$ git push heroku master

STEP-6 コードを修正してherokuにpushする

  • 修正したら変更をHerokuに反映させる必要があるので、下記のコマンドを実行します
$ sh git.sh

データベースCLI

インストール

$ sudo apt-get install postgresql

補足

天気APIを使う場合

  1. こちらでアカウント作成 → https://openweathermap.org/api
  2. API Keyを取得する
  3. herokuサーバーにAPI Keyを登録
$ heroku config:set WEATHER_API_KEY=""

アンケート

https://docs.google.com/forms/d/13tuqpEKT9VVqTSwZB5ml_kAYfDo0UH63VWIT9eBbob0