Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
branch: gh-pages
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

60 lines (53 sloc) 4.314 kB
layout title tagline
page
なぜScalaを学ぶのか
Why learning Scala is important?

{% include JB/setup %}

Scalaの良いところ

  • 現代的なプログラミングについて学べる
  • 実用的なアプリケーションが作成できる
  • 関数型言語、オブジェクト指向言語(C++, Java)などの良いところを吸収している
    • 関数定義のための簡潔な構文
    • オブジェクトを使ってデータ構造、コンテキストを定義
  • Syntaxが簡潔(コードを短く書けるのは武器)
  • そのため、言語の不備と戦うための技術から解放される
    • テンプレートによるHack (Modern C++ Design)
    • 言語の不備を乗り越えるためのデザインパターン
      • JavaでのVisitorパターンなどはScalaでは不要。パターンマッチを使えば良い
      • ただし、Scala特有のデザインパターンはある (Loan, concept, cake pattern, monadなどなど)
    • Rubyもprimitive型を捨て、オブジェクト指向に徹することで良いデザインの言語になっている
  • コレクションとその基本操作(map, filter, foldなど)が充実
    • Javaで数百行必要なコードが数行にまとまることも珍しくない
  • pattern matchingで、簡単な場合分けが手軽に
  • 静的型付け言語
    • 型情報を利用したデータ構造の最適化により速いコードが書ける
  • JVMの実行時最適化などの恩恵がある
  • OS環境を問わないコードを書ける
    • C++でwindow, mac, linuxでも動くコードを書くのは大変!
  • スレッドを使った並列プログラミングが手軽になる
  • immutable (const)なデータだということをプログラム中で伝える術がある (val)
    • バグの少ないコードを書くのに大切
    • 並列化の際にもimmutableであることでデータの使い回しが効く
  • Javaの資産が活きる
    • 画像を描く、GUIアプリケーションを作る、ネットワーク通信、グラフを描く、データ圧縮など多数のライブラリがScalaでも使える
  • 以下のJavaの不便さを見事に解消している
    • 冗長な構文
    • checked exception(throws ...Exception) を考慮したクラス設計の難しさ
    • 多重継承ができないために、実装を複数クラスで共有できない
      • そのため、コレクションクラス間で共通にできそうな操作(map, fold, filterなど)が実装しにくく、提供すらされていない。Scalaではtraitで実装の共有が可能
    • 関数に渡す関数(高階関数)を定義するのに、クラスを定義する必要があった(その場で使うコードに対して、近い位置に必要なコードを書けない)
      • Javaではコードブロックを定義するのが大変だった
    • クラスの定義が面倒 (constructor内で変数をbindする単調作業が多い)
    • type erasureによって、オブジェクトの型が静的に決まらない場合への対処がある(ClassManifest, signatureなど)
    • publicクラス毎にファイルを分ける必要があった
    • switch ... break でbreak分を書き忘れるバグ
  • プログラマが頑張ればJavaでもできたが、Scalaのコンパイラが代わりに上記の言語の不備を補う仕事をやってくれる

Scalaの不便なところ

  • 起動、コンパイルがやや遅い
    • ただし、sbtを使ったコンパイル-テストの実行のサイクルが速いので多少待ち時間は緩和されている
  • 書こうと思えば(あるいは言語が提供するライブラリに不慣れなうちは)読み難いコードが書けてしまう
  • SIMD命令など、CPUの特性を生かしたコードを書くためには、JNIなどを通す必要がある
  • メモリ管理に厳しさが必要なアプリケーション(ゲノムアセンブラなど)を書く場合、メモリ管理がライブラリ、JVMのGCの裏側に隠れてしまうので予測しにくい。
    • しかし、それほど高度なプログラミングを必要とするアプリケーションは特殊
    • 例えば、ゲノムのアラインメントなら、Scalaでも十分実用的な速さのコードが書ける
Jump to Line
Something went wrong with that request. Please try again.