Skip to content

y-meguro/testOS

master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
env
 
 
src
 
 
 
 
 
 

testOS

About this repository

作って理解するOS x86系コンピュータを動かす理論と実装 | 林 高勲, 川合 秀実 を読んで作成した OS のコードをあげています

参考: サポートページ:作って理解するOS x86系コンピュータを動かす理論と実装:|技術評論社

環境

  • Bochs の 2.6.9 で挙動確認した
  • アセンブラは NASM の 2.14.02 を使用
  • Windows 環境ではなく、Mac 環境で作業(mac OS Catalina 10.15.1)
  • 読んだ本は初版のもの(2019年10月9日初版、第1刷)

作成時のメモ

  • 本と違う点など、作成時のメモを以下に記載します
  • 全般に渡って挙動確認は Bochs のみ、実機での確認は行っていません

12章: 開発環境を構築する

  • Bochs を利用することにした
    • バージョンは 2.6.9
    • brew install bochs
    • Windows ではなく、本に書かれているようなメニュー画面がないので、config file を設定する必要がある
    • env 配下に .bochsrc ファイルを作成。12 章で設定されていそうな内容を記載した
ata0-master: type=disk, path=boot.img, mode=flat, cylinders=20, heads=2, spt=16, translation=auto
boot: disk
  • 本に記載がある通り、ata0-0: specified geometry doesn't fit on disk image の警告は無視して、Booting from Hard Disk... のメッセージが出ることを確認した
  • 起動オプションは本の指定通りとした
bochs -q -f ../../env/.bochsrc -rc ../../env/cmd.init
  • bat ファイルではなく sh ファイルとした
  • env.bat と dev.bat は作らず、.zshrc で PATH を指定した。また Bochs を使う(QEMUを使わない)ため、boot.bat も作っていない
  • 本と同様に、00_boot_only や 01_bpb などから box.sh 等を呼び出す想定で記載

13章: アセンブラによる制御構文と関数の記述例

  • 記載の通り実装しただけ

14章: リアルモードでの基本動作を実装する

  • 各ステップごとに実装し、挙動確認をした
  • 14.9 で macro.s にある .cyln が .syln とタイポされてたので、.cyln にする。また、resw が reww とタイポされているので、resw にする
  • 14.12 で get_mem_info.s にメモリを確保する記述を追加する
  • 14.13 で kbc.s の KBC_Data_Read の loopnz を loopz に修正する
  • 14.16 で lba_chs は (read_lba.s ではなく)lba_chs.s という名前で保存する

15章: プロテクトモードへの移行を実現する

  • 記載の通り実装しただけ

16章: プロテクトモードでの画面出力を実現する

  • mac での画面拡大
    • システム環境設定で Accessibility から Zoom を選択して、キーボードからショートカットで拡大できるように設定する
  • 16.10 で 23_draw_rect ではなく、24_draw_rect で作成する

17章: 現在時刻を表示する

  • 時刻の変化を確認する時、本に記載の通り、.bochsrc に cpu の設定を追加する
    • cpu: ips=60000000 の記載を追加して、確認した
    • 参考: Using Bochs

18章: プロテクトモードでの割り込みを実現する

  • 18.2 の VECT_BASE は define.s に登録する
  • 18.3 の macro.s の set_vect に if 文を追加する

19章: マルチタスクを実現する

  • 記載の通り実装しただけ

20章: 特権状態を管理する

  • 記載の通り実装しただけ

21章: 小数演算を行う

  • draw_line.s に USE_SYSTEM_CALL が定義されている場合の処理を追加

22章: ページング機能を利用する

  • task_3.s の rose.n を 5、rose.d を 2 にして挙動を確認した(提供されているコードと揃えた)
  • real 配下の memcpy.s を protect 配下にコピー

23章: コードを共有する

  • 記載の通り実装しただけ

24章: ファイルシステムを利用する

  • define.s に FAT1_START / FAT2_START などの変数を定義する
  • テキストファイルの確認はしていない(挙動確認は Bochs のみ)

25章: モード移行を実現する

  • 記載の通り実装しただけ

26章: ファイルの読み出しを実現する

  • 記載の通り実装しただけ

27章: PC の電源を切る

  • CTRL+ALT+END キーの処理は、45_fat_bios/kernel.s ではなく、46_acpi/kernel.s に記載する
  • power_off.s の最初に "Power off..." のメッセージを表示する処理を入れる
  • Ctrl + Alt + End の確認は Ctrl + Option + Fn + → で確認する

読書メモ

About

「作って理解するOS x86系コンピュータを動かす理論と実装」の演習用

Resources

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published