Skip to content

RedmineをCentOSに自動インストールするためのAnsibleプレイブック mariadb利用、 Redmine UnofficialCooking版

License

Notifications You must be signed in to change notification settings

y503unavailable/redmine-centos-ansible

 
 

Folders and files

NameName
Last commit message
Last commit date

Latest commit

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Repository files navigation

redmine-centos-ansible

最小構成でインストールしたCentOSにRedmine/Redmicaを自動インストールするためのAnsibleプレイブックです。

コマンド数個をコピペ実行し、あとはしばらく放置プレイすればインストールが完了します。

注意事項

本プレイブックは、Redmine4.0対応 UnofficialCooking版(闇鍋版)です。

本プレイブックは、fts-mariadb10-utf8mb4用開発ブランチです。feature-fts-maria10-utf8mb4

カテゴリPJ継承の4.X(trunk)用開発ブランチから作成したブランチです。feature-category-trunk20190629

試行中なので自己責任でご利用ください。(自己責任は他も同じ)

システム構成

  • Redmine 4.1(trunk)

  • CentOS 7

  • mariadb-10

  • Apache

  • utf8-mb4対応

  • full-text-search plugin ,mroonga 取込

概要

Ansibleを使ってRedmineを自動インストールするためのプレイブックです。

以下のwebサイトで紹介されている手順におおむね準拠しています。

Redmine 3.2をCentOS 7.1にインストールする手順

Redmine標準からの変更内容

カテゴリのサブプロジェクト継承機能を追加(標準のバージョンと同等機能 2019/06/30)

y503unavailable/redmine#14

機能紹介 https://www.slideshare.net/y503unavailable/ss-189711783

OR条件、文字列not match のフィルタ機能を追加(本家4939-note56取込 2020/1)

http://www.redmine.org/issues/4939#note-56

y503unavailable/redmine#33

機能紹介 https://redmine.tokyo/issues/281

その他、取り込んだ機能はRedmine.TokyoのUnofficialCookingで説明しています。 https://redmine.tokyo/projects/unofficialcooking

同時インストールするプラグイン

詳細は下記参照ください。

https://github.com/y503unavailable/redmine-centos-ansible/tree/feature-fts-maria10-utf8mb4/roles/redmine-plugins/tasks/main.yml

同時インストールするテーマ

farend_basic,redmine_flat,gitmike,PurpleMine2,minimalflat2,flatly_light,kodomo,farend_bleuclair,kodomo_midori

詳細は下記参照ください。

https://github.com/y503unavailable/redmine-centos-ansible/tree/feature-fts-maria10-utf8mb4/roles/redmine-themes/tasks/main.yml

admin初期パスワードの変更

Redmineインストール直後のadmin初期パスワードは admin で固定されており、インストール直後に乗っ取られる可能性を否定できません。(特にインターネット上VPS等を利用する場合)

そのため、情報セキュリテイ対策として、admin初期パスワードを変更しました。初期パスワードは必要に応じ変更ください。

admin初期パスワード unofficial-cracking

Mariadb/Mroongaのインストール失敗時

Mariadb/Mroongaのバージョンが上がり、インストールに失敗する場合は、下記箇所を修正してみてください。 (MariaDBの最新が10.4の間は大丈夫だと思いますが)

roles/mariadb/templates/MariaDB.repo
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.4/centos7-amd64
roles/mariadb/tasks/main.yml
yum: name='mariadb-10.4-mroonga' enablerepo=epel

plantumlプラグインインストール失敗時

インストール時にplantumlのバージョンエラーが発生した場合は、下記ファイルを修正してから、再度ansibleで実行してください。 /var/lib/redmine/plugins/plantuml/init.rb requires_redmine version: '2.6'..'4.1' <- 4.1を4.2に修正


AWS上での追加設定

AWS(EC2/Lightsail)上で利用する場合は、本Playbookの実行前に下記操作を行ってください。

スーパーユーザに移行しておく(rootにパスワードが設定無いため)

下記実行(またはパスワード設定)

$ sudo su -

firewalldをインストールする

# yum install -y firewalld

swap領域を作成する(メモリ1GB以下の場合)

passengerのビルド中、メモリ不足でインストール失敗する場合があるため、swap領域を追加する。 https://mseeeen.msen.jp/redmine-amazon-linux-ansible/

dd if=/dev/zero of=/swap bs=1M count=2048
chmod 600 /swap
mkswap /swap
swapon /swap

Redmine_knowledgebase Plugin利用時の注意点

本Playbookでは、Redmine_Tags Pluginを初期導入しています。

Redmine_Tags Pluginは、Redmine_knowledgebase Pluginと同居できませんので、下記手順で対応してください。 alexbevi/redmine_knowledgebase#320

Redmine_knowledgebase Plugin以外の、'redmine_acts_as_taggable_on'を使用しているPluginも、同様に対応する必要があります。 http://www.redmine.org/issues/1448#note-124

Redmine_knowledgebase Pluginのインストール前に、Redmine_Tags Pluginをアンインストールする。

rake redmine:plugins:migrate NAME=redmine_tags VERSION=0 FORCE_REDMINE_TAGS_TABLES_REMOVAL=yes

本PlayBook実行前に、Redmine_Tagsをインストール対象から外す。

roles/redmine-plugins/tasks/main.yml から、Redmine_Tagsの行を削除する。


Redmineのインストール手順

インストール直後の CentOS 7 に root でログインし以下の操作を行ってください。

パッケージの更新

yum -y update

Ansibleとgitのインストール

yum install -y epel-release
yum install -y ansible git

playbookのダウンロード(feature-fts-maria10-utf8mb4ブランチ)

git clone -b feature-fts-maria10-utf8mb4 https://github.com/y503unavailable/redmine-centos-ansible.git

初期設定を変更する場合は、この時点で行ってください。

playbook実行

下記コマンドを実行してください。Redmineの自動インストールが開始されます。

systemctl enable firewalld
systemctl start  firewalld
systemctl stop iptables
systemctl disable iptables
cd redmine-centos-ansible
ansible-playbook -i hosts site.yml

10〜20分ほどでインストールが完了します。

webブラウザで http://サーバIPアドレス/redmine にアクセスしてください。Redmineの画面が表示されるはずです。

初期パスワードは admin/ unofficial-cracking です。(標準から変更)


初期設定の変更

Redmine admin 初期パスワードの変更

admin初期パスワードを変更する場合は、下記箇所を変更してから実行ください。

group_vars/redmine-servers

redmine_admin_passwd: unofficial-cracking

Redmine 初期テーマの変更

初期設定されるテーマを変更する場合は、下記箇所を変更してから実行ください。

インストールされるテーマの一覧は、Redmineインストール下の/public/themes/を参照ください。

group_vars/redmine-servers

redmine_default_theme: redmine_flat

Redmineオリジナルで利用したい場合

下記箇所を変更してから実行ください。(2018/3現在)

group_vars/redmine-servers

Redmine-本家gitミラー

redmine_git_url: https://github.com/redmine/redmine.git
redmine_git_branch: 4.0-stable

Redmicaで利用したい場合

下記箇所を変更してから実行ください。(2019/11現在)

なお、Redmine4.1.XがRedmica 1.0-stable, 4.1.0リリース後のtrunk(4.2候補)がRedmica masterに 相当するものと思われます。(4.1.0の開発はほぼ完了しているため)

group_vars/redmine-servers

Redmica

redmine_git_url: https://github.com/redmica/redmica.git
redmine_git_branch: stable-1.0

mariadbに設定するパスワードの変更

ダウンロードしたプレイブック内のファイル group_vars/redmine-servers をエディタで開き、 db_passwd_redmine と、db_passwd_root を適切な内容に変更してください。これはmariadbのRedmine用ユーザー redmine に設定されるパスワードです。


Dockerを使用したPlaybookの実行

Docker最新版のインストール

CentOSの場合、下記手順でdockerの最新版をインストールし、起動してください、(Docker CE 17以降)

CentOSのパッケージから導入すると、旧バージョンがインストールされ、正常に動作しない場合があります。

curl -sSL https://get.docker.com/ | sh

systemctl enable docker
systemctl start  docker

Dockerコンテナのビルド

下記のコマンドでPlaybookを実行できるDockerコンテナのビルドができます。

$ git clone https://github.com/y503unavailable/redmine-centos-ansible.git
$ cd redmine-centos-ansible
$ docker build -t redmine-centos-ansible docker

Dockerコンテナの起動とPlaybook実行

下記のコマンドでビルドしたDockerコンテナでPlaybookを実行できます。

$ docker run --privileged --name redmine-centos-ansible -d -p 8080:80 redmine-centos-ansible /sbin/init
$ docker exec -ti redmine-centos-ansible /bin/bash

以下はDockerコンテナ内操作

# cd /tmp
# git clone https://github.com/y503unavailable/redmine-centos-ansible.git
# cd redmine-centos-ansible
# ansible-playbook -i hosts site.yml

Webブラウザで http://サーバIPアドレス:8080/redmine にアクセスしてください。Redmineの画面が表示されるはずです。


起動後の設定変更

kodomo テーマで利用したい場合

起動後、kodomoテーマを選択し、 message_customizeプラグインで用語を変更してください。

https://github.com/akiko-pusu/redmine_theme_kodomo

ライセンス

MIT License

作者

y503unavailable (Redmine.Tokyoスタッフ unofficial redmine cooking 担当)

連絡先 Twitter y503unavailable 、Discord、slack

Redmine.tokyo unofficial cooking

Docker対応は Tatsuya Saito twopackas@gmail.com さんによります。

本プレイブックについて

原作 ファーエンドテクノロジー株式会社 https://github.com/farend/redmine-centos-ansible

Fork元 https://github.com/ssaito/redmine-centos-ansible

About

RedmineをCentOSに自動インストールするためのAnsibleプレイブック mariadb利用、 Redmine UnofficialCooking版

Resources

License

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published

Languages

  • Jinja 48.4%
  • Dockerfile 41.2%
  • Shell 10.4%