Home_jpn

Takeshi Nakatani edited this page Dec 9, 2016 · 1 revision

K2HASH To English

K2HASH(NoSQL Key Value Store(KVS) library)は、いくつかの特徴を備えた独自のKVS(key-value store)です。
K2HASHは、キー(Key)に対して、一意のHash値を割り当て(計算)、そのHash値に対応したデータ格納場所へ、値(Value)を保存、読み出し、削除を行うライブラリです。

背景

単純で一時的なデータ保管、またウェブサービスのバックエンドシステムで利用される大規模なデータの取り扱いにおいて、KVS(NoSQL)は有効に機能します。
私たちは、これらの小規模から大規模なデータの取り扱いができる共通のKVSライブラリおよびシステムを必要としました。
特に、共通のライブラリの提供を行い、このライブラリにより派生システムが構築できることにより、開発、保守、運用を楽にしたいと考えました。
また、多様な要求(対象データ量、速度など)を共通に取り扱えるKVSライブラリがあるとよいと考えました。

この背景から、K2HASHは、小規模から大規模までのデータを取り扱うことができ、高速であり、また派生システムのためのいくつかの特徴を持って作成されたKVSライブラリです。