Switch branches/tags
Nothing to show
Find file History
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
..
Failed to load latest commit information.
arduino
common
raspi
readme.md

readme.md

YMF825Board Sample Module

About this Sample Module

This is a software module for using YMF825 as a MIDI tone generator. It supports the following MIDI Commands.

  • Note On / Note Off
  • Program Change
  • Control Change #1
  • Control Change #7
  • Control Change #64
  • Pitch Bend
  • System Exclusive(YMF825 Tone Data)

How to run on Arduino

  • Create a folder and copy all files in /common and files in /arduino to the folder.
  • Open the .ino file from Arduino IDE.
  • Each file will appear on the tab area, after loading. Verify and Upload as is, Arduino will work.
  • ymf825board_sample2.ino is a sketch that automatically plays ascending semitones for an octave.

How to run on Raspberry Pi

  • Requires the bcm2835 library.
  • (If note installed)Install the bcm2835 library.
  • Please configure setting of makefile so that all files in /common and files in /raspi are compiled.

Module Interface

Function Name details When it's called include file
initSPI() initialize SPI in an application initialization section fmsd1.h
initSD1() initialize YMF825(SD1) in an application initialization section(after initSPI()) fmsd1.h
Fmdriver_init() initialize the module after initSD1() fmif.h
Fmdriver_sendMidi() send MIDI messages to the module when it recieves a MIDI message fmif.h
  • In the case of Arduino, please wrap '#include fmif.h' in 'extern "C"{}'.

このサンプルについて

本サンプルプログラムは、YMF825をMIDI音源化するためのソフトウェアモジュールです。以下のMIDI Commandに対応しています。

  • Note On / Note Off
  • Program Change
  • Control Change #1
  • Control Change #7
  • Control Change #64
  • Pitch Bend
  • System Exclusive(YMF825音色データ)

Arduinoでの使い方

  • 開発用のフォルダを作り、そこに /common 内のファイルと、 /arduino 内のファイルを全てそのフォルダにコピーします。
  • その状態で、Arduino IDE から .ino ファイルを開きます。
  • 正常に読み込めたら、各ファイルがタブ上に現れます。そのまま検証と書き込みを行えば、Arduinoが動作します。
  • ymf825board_sample2.ino は半音単位で1octaveを自動に発音するプログラムです。

Raspberry Piでの使い方

  • bcm2835ライブラリの使用が前提となっていますので、bcm2835ライブラリをインストールしてください。
  • /common 内のファイルと、/raspi 内のファイルが全部コンパイルされるように、makefileの設定を行ってください。

Module Interface

関数名 処理内容 コールするタイミング include file
initSPI() SPIの初期化 アプリの初期化処理 fmsd1.h
initSD1() YMF825(SD1)の初期化 アプリの初期化処理(initSPI()の後) fmsd1.h
Fmdriver_init() このモジュールの初期化 initSD1()の後 fmif.h
Fmdriver_sendMidi() このモジュールにMIDIを送る MIDIメッセージ受信時 fmif.h
  • Arduinoで使用する場合 '#include fmif.h' は 'extern "C"{}'で囲んでください。