Twitter API Library for Google Apps Script
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
dist
src
.gitignore
LICENSE
README.md
package.json
webpack.config.js
yarn.lock

README.md

TwitterApp for Google Apps Script

Google Apps ScriptでTwitter APIを扱うためのライブラリです。

ライブラリの導入

  1. Google Apps Script エディタを開く
  2. メニューバーの リソース -> ライブラリ を選択
  3. スクリプトID 1CIaZhVF8e8d_RVv5T1GGJrkVZjZhv4Cg-Nsylwv1OUa8x7nxeQjNdll3 を入力 -> 追加
  4. 最新バージョンを選択 -> 保存

Twitter アプリケーションの登録

  1. メニューバーの ファイル -> プロジェクトのプロパティスクリプトIDを確認
  2. Twitter Application Management でアプリを作成 (Callback URLに https://script.google.com/macros/d/{スクリプトID}/usercallback を指定する)

Twitter 認証

  1. エディタに戻り プロジェクトのプロパティ -> ユーザー プロパティ を選択

  2. 作成したアプリの Consumer Key, Consumer Secret をそれぞれ TWITTER_CONSUMER_KEY, TWITTER_CONSUMER_SECRET の名前で追加して保存

  3. 下記のコードをエディタに貼り付ける

    var twitter = TwitterApp.create() // インスタンスを生成
    
    // 引数にラベルを指定すると複数アカウントを使い分けられます (デフォルトのラベルは 'Twitter')
    // var twitterMain = TwitterApp.create('Twitter_Main')
    // var twitterSub = TwitterApp.create('Twitter_Sub')
    
    // ユーザープロパティに追加した以外の consumer key, consumer secret も利用できます
    // var twitterMain = TwitterApp.create('Twitter_Main', '{consumer_key}', '{consumer_secret}')
    
    // 認証に利用する関数
    function authorize() { twitter.authorize() }
    function reset() { twitter.reset() }
    function authCallback(request) { return twitter.authCallback(request) }
  4. 関数を選択 -> authorize を選択、左の で実行 (アクセス許可がリクエストされた場合は承認)

  5. 表示 -> ログ に表示されたURLを開いて認証


APIへのアクセス

twitter.get('statuses/home_timeline', { count: 10 }) // ホームTLから10件取得する

twitter.post('statuses/update', { status: '* message *' }) // 新しいツイートを投稿する
  • tweet_mode=extended がデフォルトで設定されているため、取得したツイートのテキストは text ではなく full_text に格納されます
  • APIの詳細は Twitter REST APIの使い方 - Syncer などを参照してください