Railsチュートリアルの環境構築で困っている方へ
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download

README.md

Railsチュートリアル スターターキット

本ツールは、仮想環境 (VirtualBox + Vagrant) を使ってRailsチュートリアルの環境構築をするためのものです。Railsの環境構築にお困りの場合は試してみてください :)

なお、RailsチュートリアルではHeroku/BitBucket/GitHubの項目をスキップしても次に進めるように構成されています。このため、Railsの開発環境さえ整えばRailsチュートリアルを最後まで読み進めることが可能です。

ファイル構成

Vagrantfile ファイル

ゲストOS (もう一つのパソコンだと思ってください) をダウンロードするための必要な設定が書かれています。 ls コマンドで Vagrant ファイルが見える位置 (ディレクトリ) まで移動して vagrant up と実行するだけで Railsチュートリアルが始められる環境が整います (Windows 8 / Mac OS X 10.10 / Ubuntu 14.04 にて確認済み)。

data ディレクトリ

dataディレクトリは、Vagrant というツールを使って立ち上げた ゲストOSの /vagrant ディレクトリと同期しています。

ホストOS (お手持ちのパソコン) に Sublime Text などのエディタをインストールし、 data 以下にあるファイルを操作することで、ゲストOS上のファイルを操作することができます。

これにより、ゲストOSの中でRailsアプリを立ち上げ、コーディングや編集、 ブラウザでの確認(※)をホストOSで行う、といった開発が可能になります。

※ ゲストOS上で`rails server` を立ち上げると、
 Vagrant のポートフォワーディングという機能が働き、
 ホストOSの localhost:3000 というURLからRailsのアプリケーションを確認することができます。

本ツールを使った環境構築の手順

まずは下記リンクからスターターキットをダウンロードし、Zip ファイルを展開します。
https://github.com/yasslab/railstutorial.jp_starter_kit/archive/master.zip

Mac/Linuxの場合

  1. VirtualBoxをインストールする
  2. Vagrantをインストールする
  3. Vagrantfile があるディレクトリに移動して、vagrant upを実行する
  4. vagrant ssh でゲストOSにログインする
  5. ruby --versionrails --version でちゃんと動くか確かめる

Windowsの場合

下記の手順にしたがってスターターキットを利用することができます。
https://github.com/yasslab/railstutorial.jp_starter_kit/blob/master/for_windows.md

動作確認

もしちゃんと開発できるか不安であれば、 vagrant sshでログインしたあと、 次のコマンドを1行ずつ打っていって動作確認することもできます。 (#から始まる行はコメントです。打たなくても問題ありません。)

git clone https://github.com/yasslab/sample_apps.git
cd sample_apps/5_1_2/ch14
bundle install
rails db:migrate

# テストが通ることを確認する
rails test

# rails server が立ち上がるか確認する
rails server

# ホストOS (お手持ちのパソコン) のブラウザを立ち上げ、
# アドレズバーに http://localhost:3000/ を打ち込んで画面が開くか確認する

特定のRailsバージョンを使う

Railsには様々なバージョンがあります。vagrant sshでログインしたあと、次のコマンドを1行ずつ打っていって、特定のバージョンのRailsを使えるようにできます。

今回はRails 5.1.2をインストールしてみましょう。

  1. $ rbenv install 2.3.0
  2. $ rbenv global 2.3.0
  3. $ gem install rails -v '5.1.2'
  4. $ ruby --versionrails --version などでちゃんと指定したバージョンになっているか確認してください。

注意点

公開鍵の登録や暗号鍵の登録が少し難しいので、 HerokuへのデプロイやGitHubへのpushは少し難しいかもしれません :(

とはいえ、Railsチュートリアルの開発において支障は無いので、 本ツールを使って開発を進める場合は、HerokuへのデプロイやGitHubへのpushは飛ばしてお読みください。(2週目では、ぜひ自分のPCへの環境構築にもトライしてみてください!)

最後に

Railsチュートリアルの環境構築が難しくてうまくいかなかったときなどに、本ツールをご活用ください。 本ツールが読者のお役に立っていれば幸いです.

YassLab チーム一同
https://yasslab.jp/

関連リポジトリ/リンク

ライセンス

The MIT License (MIT)

Copyright © 2015-2017 YassLab

YassLab Logo