Skip to content
Browse files

wrote the slides.

  • Loading branch information...
1 parent 740fa34 commit ecb131e73a47208de4da04c801b4a84a8e1ee76a @ychubachi committed Mar 15, 2012
Showing with 2,458 additions and 2,242 deletions.
  1. BIN figure/32.png
  2. +30 −17 figure/32.svg
  3. BIN figure/37.png
  4. +27 −17 figure/37.svg
  5. BIN figure/stages.png
  6. +2,063 −2,065 figure/stages.svg
  7. +80 −74 slides/ipsj-iot16.html
  8. +77 −69 slides/ipsj-iot16.rst
  9. +181 −0 slides/scale.svg
View
BIN figure/32.png
Sorry, something went wrong. Reload?
Sorry, we cannot display this file.
Sorry, this file is invalid so it cannot be displayed.
View
47 figure/32.svg
@@ -10,40 +10,52 @@
xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"
xmlns:sodipodi="http://sodipodi.sourceforge.net/DTD/sodipodi-0.dtd"
xmlns:inkscape="http://www.inkscape.org/namespaces/inkscape"
- width="297mm"
- height="210mm"
+ width="580"
+ height="420"
id="svg4890"
version="1.1"
- inkscape:version="0.48.1 "
- sodipodi:docname="新規ドキュメント 1">
+ inkscape:version="0.48.3.1 r9886"
+ sodipodi:docname="32.svg"
+ inkscape:export-filename="/home/yc/git/ipsj-iot16/figure/32.png"
+ inkscape:export-xdpi="90"
+ inkscape:export-ydpi="90">
<defs
id="defs4892">
<clipPath
id="clipPath4915"
clipPathUnits="userSpaceOnUse">
<path
id="path4917"
- d="m 0,0 4960.67,0 0,7015.75 L 0,7015.75 0,0 z" />
+ d="m 0,0 4960.67,0 0,7015.75 L 0,7015.75 0,0 z"
+ inkscape:connector-curvature="0" />
</clipPath>
</defs>
<sodipodi:namedview
- inkscape:document-units="mm"
+ inkscape:document-units="px"
pagecolor="#ffffff"
bordercolor="#666666"
borderopacity="1.0"
inkscape:pageopacity="0.0"
inkscape:pageshadow="2"
- inkscape:zoom="0.43415836"
- inkscape:cx="490"
- inkscape:cy="380"
+ inkscape:zoom="1.2279853"
+ inkscape:cx="393.01513"
+ inkscape:cy="224.96694"
inkscape:current-layer="layer1"
id="namedview4894"
showgrid="false"
- inkscape:window-width="1416"
- inkscape:window-height="819"
- inkscape:window-x="50"
- inkscape:window-y="50"
- inkscape:window-maximized="0" />
+ inkscape:window-width="1215"
+ inkscape:window-height="776"
+ inkscape:window-x="65"
+ inkscape:window-y="24"
+ inkscape:window-maximized="1"
+ units="px"
+ fit-margin-top="0"
+ fit-margin-left="0.4"
+ fit-margin-right="0"
+ fit-margin-bottom="0"
+ borderlayer="false"
+ inkscape:showpageshadow="false"
+ showborder="true" />
<metadata
id="metadata4896">
<rdf:RDF>
@@ -52,16 +64,17 @@
<dc:format>image/svg+xml</dc:format>
<dc:type
rdf:resource="http://purl.org/dc/dcmitype/StillImage" />
- <dc:title></dc:title>
+ <dc:title />
</cc:Work>
</rdf:RDF>
</metadata>
<g
inkscape:label="Layer 1"
inkscape:groupmode="layer"
- id="layer1">
+ id="layer1"
+ transform="translate(-22.309777,-294.16408)">
<g
- transform="matrix(0,1.25,1.25,0,5.2097264,5.4145221)"
+ transform="matrix(0,0.7428199,0.71253106,0,11.919972,281.58467)"
inkscape:label="ink_ext_XXXXXX"
id="g4907">
<g
View
BIN figure/37.png
Sorry, something went wrong. Reload?
Sorry, we cannot display this file.
Sorry, this file is invalid so it cannot be displayed.
View
44 figure/37.svg
@@ -10,40 +10,49 @@
xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"
xmlns:sodipodi="http://sodipodi.sourceforge.net/DTD/sodipodi-0.dtd"
xmlns:inkscape="http://www.inkscape.org/namespaces/inkscape"
- width="297mm"
- height="210mm"
+ width="580"
+ height="420"
id="svg4931"
version="1.1"
- inkscape:version="0.48.1 "
- sodipodi:docname="新規ドキュメント 3">
+ inkscape:version="0.48.3.1 r9886"
+ sodipodi:docname="37.svg"
+ inkscape:export-filename="/home/yc/git/ipsj-iot16/figure/37.png"
+ inkscape:export-xdpi="90"
+ inkscape:export-ydpi="90">
<defs
id="defs4933">
<clipPath
id="clipPath4956"
clipPathUnits="userSpaceOnUse">
<path
id="path4958"
- d="m 0,0 4960.67,0 0,7015.75 L 0,7015.75 0,0 z" />
+ d="m 0,0 4960.67,0 0,7015.75 L 0,7015.75 0,0 z"
+ inkscape:connector-curvature="0" />
</clipPath>
</defs>
<sodipodi:namedview
- inkscape:document-units="mm"
+ inkscape:document-units="px"
pagecolor="#ffffff"
bordercolor="#666666"
borderopacity="1.0"
inkscape:pageopacity="0.0"
inkscape:pageshadow="2"
- inkscape:zoom="0.43415836"
- inkscape:cx="490"
- inkscape:cy="380"
+ inkscape:zoom="0.86831672"
+ inkscape:cx="513.19613"
+ inkscape:cy="229.06373"
inkscape:current-layer="layer1"
id="namedview4935"
showgrid="false"
- inkscape:window-width="1920"
- inkscape:window-height="1058"
- inkscape:window-x="-8"
- inkscape:window-y="-8"
- inkscape:window-maximized="1" />
+ inkscape:window-width="1215"
+ inkscape:window-height="776"
+ inkscape:window-x="65"
+ inkscape:window-y="24"
+ inkscape:window-maximized="1"
+ units="px"
+ fit-margin-top="0"
+ fit-margin-left="0"
+ fit-margin-right="0"
+ fit-margin-bottom="0" />
<metadata
id="metadata4937">
<rdf:RDF>
@@ -52,16 +61,17 @@
<dc:format>image/svg+xml</dc:format>
<dc:type
rdf:resource="http://purl.org/dc/dcmitype/StillImage" />
- <dc:title></dc:title>
+ <dc:title />
</cc:Work>
</rdf:RDF>
</metadata>
<g
inkscape:label="Layer 1"
inkscape:groupmode="layer"
- id="layer1">
+ id="layer1"
+ transform="translate(-14.100942,-293.45905)">
<g
- transform="matrix(0,1.25,1.25,0,-3.3991077,-1.5415102)"
+ transform="matrix(0,0.71418402,0.71418402,0,4.1023374,291.1256)"
inkscape:label="ink_ext_XXXXXX"
id="g4948">
<g
View
BIN figure/stages.png
Sorry, something went wrong. Reload?
Sorry, we cannot display this file.
Sorry, this file is invalid so it cannot be displayed.
View
4,128 figure/stages.svg
2,063 additions, 2,065 deletions not shown because the diff is too large. Please use a local Git client to view these changes.
View
154 slides/ipsj-iot16.html
@@ -370,18 +370,9 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
</div>
<div class="slide" id="id2">
<h1>3段階の教育機会</h1>
-<object data="../latex/figure/stages.svg" type="image/svg+xml">
-../latex/figure/stages.svg</object>
+<img alt="../figure/stages.png" src="../figure/stages.png" />
</div>
<div class="slide" id="id3">
-<h1>本学における課題</h1>
-<ul class="simple">
-<li>社会人を中心とした学生のニーズに耐えられる教育の提供</li>
-<li>物理的・時間的に距離のある対象者に対しても教育を行うための仕組み</li>
-<li>情報システムを活用した教育用のインフラストラクチャーの整備が課題</li>
-</ul>
-</div>
-<div class="slide" id="id4">
<h1>通常の大学院との違い</h1>
<p>社会人学生が多い</p>
<ul class="simple">
@@ -393,7 +384,7 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
<li>20歳台後半から60歳台まで(30歳台が多い)</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="id5">
+<div class="slide" id="id4">
<h1>社会人の割合と年齢</h1>
<p>専攻全体(2011年度)</p>
<ul class="simple">
@@ -404,7 +395,7 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
<li>約90%が社会人,平均年齢は36.2歳</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="id6">
+<div class="slide" id="id5">
<h1>社会人のための学修環境</h1>
<p>単位バンク制度</p>
<ul class="simple">
@@ -414,24 +405,23 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
<ul class="simple">
<li>短期間で専門分野の学修ができる</li>
</ul>
-<p>各種勉強会</p>
-<ul class="simple">
-<li>InfoTalk、デザインミニ塾など</li>
-</ul>
<p>遠隔授業</p>
<ul class="simple">
<li>一部の授業は秋葉原サテライトキャンパスでも受講可能</li>
</ul>
+<p>各種勉強会</p>
+<!-- - InfoTalk、デザインミニ塾など -->
</div>
-<div class="slide" id="id7">
+<div class="slide" id="id6">
<h1>科目等履修生(単位バンク制度)</h1>
<p>通常の学生の定員</p>
<ul class="simple">
<li>1,2年次を合計して200名</li>
</ul>
<p>科目等履修生の人数</p>
<ul class="simple">
-<li>平成21年度 68名、平成22年度 72名、平成23年度 51名</li>
+<li>平成21年度 68名、平成22年度 72名
+平成23年度 51名</li>
</ul>
<p>単位バンク制度の利用者数</p>
<ul class="simple">
@@ -447,15 +437,58 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
</ul>
<p>PBLの実施</p>
<ul class="simple">
-<li>修士課程の2年生を対象</li>
+<li>修士課程の2年生を対象とし、期間は1年間</li>
<li>グループワークを主体としたチーム活動</li>
-<li>期間は1年間</li>
+</ul>
+</div>
+<div class="slide" id="id7">
+<h1>本学における課題</h1>
+<ul class="simple">
+<li>社会人を中心とした学生のニーズに耐えられる教育の提供</li>
+<li>物理的・時間的に距離のある対象者に対しても教育を行うための仕組み</li>
+<li>情報システムを活用した教育用のインフラストラクチャーの整備</li>
+</ul>
+</div>
+<div class="slide" id="id8">
+<h1>通常の講義を支援するシステム</h1>
+<p>本学では2年間の通学により修士号を取得できる</p>
+<ul class="simple">
+<li>通信制大学ではない</li>
+</ul>
+<p>授業では教員・学生間あるいは学生相互の議論・意見交換を重視する</p>
+<ul class="simple">
+<li>グループワークを多く取り入れており,学生間のコネクション構築に繋がっている</li>
+</ul>
+<p>しかし,社会人学生は大学での学修のため潤沢に時間を使うことは難しい</p>
+<ul class="simple">
+<li>オンラインで学修することができるものに関しては極力オンラインで処理ができるように環境を整備している</li>
+</ul>
+</div>
+<div class="slide" id="id9">
+<h1>授業動画コンテンツ配信システム</h1>
+<p>欠席した授業の動画を見ることができる</p>
+<ul class="simple">
+<li>出席した授業の復習にも利用できる</li>
+</ul>
+<p>修了生も閲覧可能</p>
+<ul class="simple">
+<li>卒業後10年間,無料で本システムにアクセスすることができる</li>
+</ul>
+</div>
+<div class="slide" id="id10">
+<h1>サテライトキャンパス</h1>
+<img alt="../figure/32.png" src="../figure/32.png" />
+</div>
+<div class="slide" id="id11">
+<h1>学生による授業評価システム</h1>
+<ul class="simple">
+<li>FD活動の一環として,学生による授業評価を実施できるシステム</li>
+<li>従来発生していた人手による評価結果の集計作業をなくすことができた</li>
</ul>
</div>
<div class="slide" id="pbl">
<h1>PBLを支援するシステム</h1>
-<object data="../latex/figure/37.svg" type="image/svg+xml">
-../latex/figure/37.svg</object>
+<img alt="../figure/37.png" src="../figure/37.png" />
</div>
<div class="slide" id="ipbl-1">
<h1>iPBLの機能-1</h1>
@@ -483,59 +516,24 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
<li>プロジェクトを担当する正副教員が,学生の成績を入力するシステム.成績は全ての教員が閲覧でき,成績判定会議の資料として用いる.</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="id8">
+<div class="slide" id="id12">
<h1>PBLのためのその他のシステム</h1>
<p>プロジェクト配属システム</p>
<ul class="simple">
<li>学生が履修したいプロジェクトを選択するシステム</li>
<li>学生は,どのプロジェクトにどのようなメンバーが居るのかを確認しながら,プロジェクトを選ぶことができる.</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="id9">
-<h1>通常の講義を支援するシステム</h1>
-<p>本学では2年間の通学により修士号を取得できる</p>
-<ul class="simple">
-<li>通信制大学では無い</li>
-</ul>
-<p>授業では教員・学生間あるいは学生相互の議論・意見交換を重視する</p>
-<ul class="simple">
-<li>グループワークを多く取り入れており,学生間のコネクション構築に繋がっている</li>
-</ul>
-<p>しかし,社会人学生は仕事・家庭もあるので,潤沢に大学だけに時間を使うことは難しい</p>
-<ul class="simple">
-<li>オンラインで学修することができるものに関しては極力オンラインで処理ができるように環境を整備している</li>
-</ul>
-</div>
-<div class="slide" id="id10">
-<h1>授業動画コンテンツ配信システム</h1>
-<p>欠席した授業の動画を見ることができる</p>
-<ul class="simple">
-<li>出席した授業の復習にも利用できる</li>
-</ul>
-<p>修了生も閲覧可能</p>
-<ul class="simple">
-<li>卒業後10年間,無料で本システムにアクセスすることができる</li>
-</ul>
-</div>
-<div class="slide" id="id11">
-<h1>サテライトキャンパス</h1>
-<object data="../latex/figure/32.svg" type="image/svg+xml">
-../latex/figure/32.svg</object>
-</div>
-<div class="slide" id="id12">
-<h1>学生による授業評価システム</h1>
+<div class="slide" id="id13">
+<h1>情報システム全般に関する</h1>
+<p>多様な制度に対応する情報システムの運用</p>
<ul class="simple">
-<li>FD活動の一環として,学生による授業評価を実施できるシステム</li>
-<li>従来発生していた人手による評価結果の集計作業をなくすことができた</li>
+<li>例)科目等履修生として在籍した学生が修士課程に入学した場合、新たなアカウントへのデータ移行が必要、など</li>
</ul>
-</div>
-<div class="slide" id="id13">
-<h1>現状の課題</h1>
-<p>多様な制度に対する情報システムの対応が本学における大きな課題</p>
+<p>情報システムのユーザが多様であること</p>
<ul class="simple">
-<li>科目等履修生として在籍した学生が修士課程に入学した場合、新たなアカウントへのデータ移行が必要</li>
+<li>情報技術に関して高度な要求をする学生から、ITリテラシーに乏しい学生まで</li>
</ul>
-<p>多様な大学の制度にシステムの運用を対応させるためのコストが発生している</p>
</div>
<div class="slide" id="id14">
<h1>今後導入するシステム</h1>
@@ -549,26 +547,34 @@ <h1 class="title">産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題</h1>
<li>FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの積極的な活用</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="ipbl">
-<h1>iPBLの更新</h1>
-<p>iPBLは,2012年度に更新する予定であり、現状において不足しているものを追加</p>
+<div class="slide" id="id15">
+<h1>PBL用インフラストラクチャの改善</h1>
+<p>iPBLのリプレース</p>
<ul class="simple">
-<li>ソフトウェア開発を行うプロジェクトに向けた,ソースコードのバージョン管理システム(VCM)</li>
-<li>WBSにかわる、バーンダウンチャート</li>
+<li>MS SharePointをベースとした現状のシステムには不満が多い</li>
+</ul>
+<p>ソフトウェア開発プロジェクトに対応するより高度な機能</p>
+<ul class="simple">
+<li>プロジェクトに向けたソースコードのバージョン管理システム(VCM)</li>
+<li>WBSにかわる、バーンダウンチャートをもちいたアジャイル開発への対応</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="id15">
+<div class="slide" id="id16">
<h1>おわりに</h1>
<ul class="simple">
-<li>本稿では,継続的な専門職教育を行う本学の取り組みと,それを支えるシステムの課題を考察した</li>
-<li>今後ともこれらの改善作業に取り組み,そこで得られた知見を積極的に公開する</li>
-<li>今までの運用経験を活かしながらさらに良いシステムに改良したい</li>
+<li>本稿では,産業技術大学院大学における継続的な専門職教育の取り組みと,それを支えるシステムの課題を考察した</li>
+<li>今までの運用経験を活かしながら、これらの改善作業に取り組み,そこで得られた知見を積極的に公開したい</li>
</ul>
</div>
-<div class="slide" id="id16">
+<div class="slide" id="id17">
<h1>ご清聴ありがとうございました</h1>
<p><a class="reference external" href="mailto:yc&#64;aiit.ac.jp">yc&#64;aiit.ac.jp</a></p>
</div>
+<div class="slide" id="id18">
+<h1>テスト</h1>
+<object data="scale.svg" type="image/svg+xml">
+scale.svg</object>
+</div>
</div>
</body>
</html>
View
146 slides/ipsj-iot16.rst
@@ -24,16 +24,9 @@
3段階の教育機会
---------------
-.. image:: ../latex/figure/stages.svg
+.. image:: ../figure/stages.png
-本学における課題
-----------------
-
-- 社会人を中心とした学生のニーズに耐えられる教育の提供
-- 物理的・時間的に距離のある対象者に対しても教育を行うための仕組み
-- 情報システムを活用した教育用のインフラストラクチャーの整備が課題
-
通常の大学院との違い
--------------------
@@ -57,7 +50,6 @@
- 約90%が社会人,平均年齢は36.2歳
-
社会人のための学修環境
----------------------
単位バンク制度
@@ -68,14 +60,14 @@
- 短期間で専門分野の学修ができる
-各種勉強会
-
-- InfoTalk、デザインミニ塾など
-
遠隔授業
- 一部の授業は秋葉原サテライトキャンパスでも受講可能
+.. 各種勉強会
+..
+.. - InfoTalk、デザインミニ塾など
+
科目等履修生(単位バンク制度)
------------------------------
@@ -85,7 +77,8 @@
科目等履修生の人数
-- 平成21年度 68名、平成22年度 72名、平成23年度 51名
+- 平成21年度 68名、平成22年度 72名
+ 平成23年度 51名
単位バンク制度の利用者数
@@ -101,14 +94,59 @@ PBL(Project Based Learning)
PBLの実施
-- 修士課程の2年生を対象
+- 修士課程の2年生を対象とし、期間は1年間
- グループワークを主体としたチーム活動
-- 期間は1年間
+
+本学における課題
+----------------
+
+- 社会人を中心とした学生のニーズに耐えられる教育の提供
+
+- 物理的・時間的に距離のある対象者に対しても教育を行うための仕組み
+
+- 情報システムを活用した教育用のインフラストラクチャーの整備
+
+通常の講義を支援するシステム
+----------------------------
+
+本学では2年間の通学により修士号を取得できる
+
+- 通信制大学ではない
+
+授業では教員・学生間あるいは学生相互の議論・意見交換を重視する
+
+- グループワークを多く取り入れており,学生間のコネクション構築に繋がっている
+
+しかし,社会人学生は大学での学修のため潤沢に時間を使うことが難しい
+
+- オンラインを活用する
+
+授業動画コンテンツ配信システム
+------------------------------
+
+欠席した授業の動画を見ることができる
+
+- 出席した授業の復習にも利用できる
+
+修了生も閲覧可能
+
+- 卒業後10年間,無料で本システムにアクセスすることができる
+
+サテライトキャンパス
+--------------------
+
+.. image:: ../figure/32.png
+
+学生による授業評価システム
+--------------------------
+
+- FD活動の一環として,学生による授業評価を実施できるシステム
+- 従来発生していた人手による評価結果の集計作業をなくすことができた
PBLを支援するシステム
---------------------
-.. image:: ../latex/figure/37.svg
+.. image:: ../figure/37.png
iPBLの機能-1
------------
@@ -134,7 +172,7 @@ iPBLの機能-2
成績評価システム
-- プロジェクトを担当する正副教員が,学生の成績を入力するシステム.成績は全ての教員が閲覧でき,成績判定会議の資料として用いる.
+- プロジェクトを担当する全教員が学生の成績を入力するシステム
PBLのためのその他のシステム
---------------------------
@@ -145,52 +183,16 @@ PBLのためのその他のシステム
- 学生は,どのプロジェクトにどのようなメンバーが居るのかを確認しながら,プロジェクトを選ぶことができる.
-通常の講義を支援するシステム
-----------------------------
-
-本学では2年間の通学により修士号を取得できる
-
-- 通信制大学では無い
-
-授業では教員・学生間あるいは学生相互の議論・意見交換を重視する
-
-- グループワークを多く取り入れており,学生間のコネクション構築に繋がっている
-
-しかし,社会人学生は仕事・家庭もあるので,潤沢に大学だけに時間を使うことは難しい
-
-- オンラインで学修することができるものに関しては極力オンラインで処理ができるように環境を整備している
-
-授業動画コンテンツ配信システム
-------------------------------
-
-欠席した授業の動画を見ることができる
-
-- 出席した授業の復習にも利用できる
-
-修了生も閲覧可能
-
-- 卒業後10年間,無料で本システムにアクセスすることができる
-
-サテライトキャンパス
---------------------
-
-.. image:: ../latex/figure/32.svg
-
-学生による授業評価システム
---------------------------
-
-- FD活動の一環として,学生による授業評価を実施できるシステム
-- 従来発生していた人手による評価結果の集計作業をなくすことができた
+情報システム全般に関する
+------------------------
+多様な制度に対応する情報システムの運用
-現状の課題
-----------
+- 例)科目等履修生として在籍した学生が修士課程に入学した場合、新たなアカウントへのデータ移行が必要、など
-多様な制度に対する情報システムの対応が本学における大きな課題
+情報システムのユーザが多様であること
-- 科目等履修生として在籍した学生が修士課程に入学した場合、新たなアカウントへのデータ移行が必要
-
-多様な大学の制度にシステムの運用を対応させるためのコストが発生している
+- 情報技術に関して高度な要求をする学生から、ITリテラシーに乏しい学生まで
今後導入するシステム
@@ -205,24 +207,30 @@ PBLのためのその他のシステム
- FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの積極的な活用
-iPBLの更新
-----------
+PBL用インフラストラクチャの改善
+-------------------------------
+
+iPBLのリプレース
+
+- MS SharePointをベースとした現状のシステムには不満が多い
-iPBLは,2012年度に更新する予定であり、現状において不足しているものを追加
+ソフトウェア開発プロジェクトに対応するより高度な機能
-- ソフトウェア開発を行うプロジェクトに向けた,ソースコードのバージョン管理システム(VCM)
-- WBSにかわる、バーンダウンチャート
+- プロジェクトに向けたソースコードのバージョン管理システム(VCM)
+- WBSにかわる、バーンダウンチャートをもちいたアジャイル開発への対応
おわりに
--------
-- 本稿では,継続的な専門職教育を行う本学の取り組みと,それを支えるシステムの課題を考察した
+- 本稿では,産業技術大学院大学における継続的な専門職教育の取り組みと,それを支えるシステムの課題を考察した
-- 今後ともこれらの改善作業に取り組み,そこで得られた知見を積極的に公開する
-
-- 今までの運用経験を活かしながらさらに良いシステムに改良したい
+- 今までの運用経験を活かしながら、これらの改善作業に取り組み,そこで得られた知見を積極的に公開したい
ご清聴ありがとうございました
----------------------------
yc@aiit.ac.jp
+
+テスト
+------
+.. image:: scale.svg
View
181 slides/scale.svg
@@ -0,0 +1,181 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no"?>
+<!-- Created with Inkscape (http://www.inkscape.org/) -->
+
+<svg
+ xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
+ xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#"
+ xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
+ xmlns:svg="http://www.w3.org/2000/svg"
+ xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"
+ xmlns:sodipodi="http://sodipodi.sourceforge.net/DTD/sodipodi-0.dtd"
+ xmlns:inkscape="http://www.inkscape.org/namespaces/inkscape"
+ width="800"
+ height="600"
+ id="svg3017"
+ version="1.1"
+ inkscape:version="0.48.3.1 r9886"
+ sodipodi:docname="scale.svg">
+ <defs
+ id="defs3019" />
+ <sodipodi:namedview
+ id="base"
+ pagecolor="#ffffff"
+ bordercolor="#666666"
+ borderopacity="1.0"
+ inkscape:pageopacity="0.0"
+ inkscape:pageshadow="2"
+ inkscape:zoom="1.4"
+ inkscape:cx="30.147654"
+ inkscape:cy="354.72835"
+ inkscape:document-units="px"
+ inkscape:current-layer="layer1"
+ showgrid="true"
+ inkscape:window-width="1215"
+ inkscape:window-height="776"
+ inkscape:window-x="65"
+ inkscape:window-y="24"
+ inkscape:window-maximized="1">
+ <inkscape:grid
+ type="xygrid"
+ id="grid3044"
+ empspacing="5"
+ visible="true"
+ enabled="true"
+ snapvisiblegridlinesonly="true"
+ spacingx="10px"
+ spacingy="10px"
+ dotted="false" />
+ </sodipodi:namedview>
+ <metadata
+ id="metadata3022">
+ <rdf:RDF>
+ <cc:Work
+ rdf:about="">
+ <dc:format>image/svg+xml</dc:format>
+ <dc:type
+ rdf:resource="http://purl.org/dc/dcmitype/StillImage" />
+ <dc:title></dc:title>
+ </cc:Work>
+ </rdf:RDF>
+ </metadata>
+ <g
+ inkscape:label="レイヤー 1"
+ inkscape:groupmode="layer"
+ id="layer1"
+ transform="translate(0,-452.36218)">
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,50 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3046"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,100 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3048"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,150 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3050"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,200 c 800,0 800,0 800,0 l 0,0"
+ id="path3052"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,250 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3054"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,300 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3056"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,350 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3058"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,400 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3060"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,450 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3062"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,500 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3064"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <path
+ style="fill:none;stroke:#000000;stroke-width:6;stroke-linecap:butt;stroke-linejoin:miter;stroke-opacity:1;stroke-miterlimit:4;stroke-dasharray:none"
+ d="m 0,550 c 800,0 800,0 800,0"
+ id="path3066"
+ inkscape:connector-curvature="0"
+ transform="translate(0,452.36218)" />
+ <text
+ xml:space="preserve"
+ style="font-size:4px;font-style:normal;font-weight:normal;line-height:125%;letter-spacing:0px;word-spacing:0px;fill:#000000;fill-opacity:1;stroke:none;font-family:Sans"
+ x="50"
+ y="492.36218"
+ id="text3836"
+ sodipodi:linespacing="125%"><tspan
+ sodipodi:role="line"
+ id="tspan3838"
+ x="50"
+ y="492.36218"
+ style="font-size:14px">50</tspan></text>
+ <text
+ xml:space="preserve"
+ style="font-size:4px;font-style:normal;font-weight:normal;line-height:125%;letter-spacing:0px;word-spacing:0px;fill:#000000;fill-opacity:1;stroke:none;font-family:Sans"
+ x="50"
+ y="542.36218"
+ id="text3836-7"
+ sodipodi:linespacing="125%"><tspan
+ sodipodi:role="line"
+ id="tspan3838-7"
+ x="50"
+ y="542.36218"
+ style="font-size:14px">100</tspan></text>
+ <text
+ xml:space="preserve"
+ style="font-size:4px;font-style:normal;font-weight:normal;line-height:125%;letter-spacing:0px;word-spacing:0px;fill:#000000;fill-opacity:1;stroke:none;font-family:Sans"
+ x="50"
+ y="592.36218"
+ id="text3861"
+ sodipodi:linespacing="125%"><tspan
+ sodipodi:role="line"
+ id="tspan3863"
+ x="50"
+ y="592.36218"
+ style="font-size:14px">150</tspan></text>
+ <text
+ xml:space="preserve"
+ style="font-size:4px;font-style:normal;font-weight:normal;line-height:125%;letter-spacing:0px;word-spacing:0px;fill:#000000;fill-opacity:1;stroke:none;font-family:Sans"
+ x="50"
+ y="642.36218"
+ id="text3861-1"
+ sodipodi:linespacing="125%"><tspan
+ sodipodi:role="line"
+ id="tspan3863-0"
+ x="50"
+ y="642.36218"
+ style="font-size:14px">200</tspan></text>
+ </g>
+</svg>

0 comments on commit ecb131e

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.