Constant symbol generator by meta format description (implemented by Python)
Python
Switch branches/tags
Nothing to show
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
scripts
test
.gitignore
LICENCE
MANIFEST
README
setup.py

README

----
What is xconst?

  xconstは、YAMLやXMLといったフォーマットで記述されたメタテキストから、
  C/C++あるいは他の言語などの定数定義を含むソースファイルを出力するための
  ユーティリティです。

  たとえば、C/C++をホストとして、ゲストに何かしらのスクリプト言語を組み込み、
  それらの間で同一の定義を用いたいといったケースを想定して作られています。

----
How to install.

  まずPythonがインストールされていることを前提としています。
  また、依存モジュールとして下記のものを使用していますので、まずこれらがインストール
  されているかどうかをご確認ください。これらのインストールについては、それぞれの
  インストールマニュアルをご確認ください。

    LibYAML, PyYAML http://pyyaml.org/
   
  xconstのインストール自体はすごく簡単です。
  まず、カレントディレクトリをxconstのアーカイブファイルを展開してできたディレクトリにします。
  そして、コマンドプロンプト上で次のようにタイプします。(管理者権限で実行してください)

    $ python setup.py install

  setupスクリプトの実行が終了したら、プロンプト上で次のようにタイプしてみましょう。

    $ xconst
    input file is not found: 

  オプションが何も指定されていないため、こんな感じにエラーになってしまいますが、
  これで一応インストールが成功したか確認できます。

----
How to use xconst.

  こちらにオンライン版を準備してあります。
  http://github.com/ykanda/xconst/wiki

Options
----
  -h, --help

    Print help.

  -v, --version

    Print version info.

  -i [input_file_name]

    入力ファイル名を指定するオプションです。
    input_file_nameに入力ファイル名を記述します。

  -o [output_file_name], --output_file [output_file_name]

    出力ファイル名を指定するオプションです。
    input_file_nameに出力ファイル名を記述します。

  --input_type [YAML, XML, JSON]

    入力するファイルのフォーマットを指定するオプションです。
    output_file_typeにより、出力するファイルの種類を指定します。
    次のようなものが指定できます。
   (注:XMLおよびJSONは、今後の実装のために予定されているものであり、
    現バージョンでは動作しない、無効なオプションになっています)

    YAML 入力ファイルがYAMLフォーマットにより記述されている場合に指定します
    XML  入力ファイルがXMLフォーマットにより記述されている場合に指定します
    JSON 入力ファイルがJSONフォーマットにより記述されている場合に指定します

  --output_type [output_file_type]

    出力するファイルのフォーマットを指定するオプションです。
    output_file_typeにより、出力するファイルの種類を指定します。 次のようなものが指定できます。

    C   C言語 const形式で出力します。
    CD  C言語 #define 形式で出力します。
    CPP C++ static const 形式で出力します。
    SQ  Squirrel形式で出力します。

----
LICENCE

  zlib/libpng licence. See LICENCE file.