SAStrutsで、配列・リストやフォームをネストしたフォームに対するバリデーションを行う
Java
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
licenses
src
target
.classpath
.gitignore
.project
LICENSE
LICENSE.txt
README.md
pom.xml

README.md

NestValidation

SAStrutsで、配列・リストやフォームをネストしたフォームに対するバリデーションを行う。

使い方

1.以下の3クラスをプロジェクトに入れる。
com.sample.nestvalidation.costomizer.NestValidateActionCustomizer
com.sample.nestvalidation.annotation.Nest
com.sample.nestvalidation.annotation.NestArray

2.costomizer.diconを書き換え、上記のNestValidateActionCustomizerをActionCustomizerに指定する。
org.seasar.struts.customizer.ActionCustomizer → com.sample.nestvalidation.costomizer.NestValidateActionCustomizer

3.アノテーションは以下のようにつける。
Stringの配列・Listの属性値(サンプルでいうとParentFormのarray属性とか)
→ 普通にアノテーションつけるだけで配列の各要素にValidationが効く。(@Requiredとか)

Formの中に別のFormを入れる場合(サンプルでいうとParentFormのchild属性)
→ @Nestをつけて子Formの各属性に必要なアノテーションをつける。

Formの中に別のFormの配列・リストを入れる場合(サンプルでいうとParentFormのchildrenList属性とか)
→ @NestArrayをつけて子フォームの型をアノテーションのパラメータに指定する。
 子Formの各属性に必要なアノテーションをつける。

以上で入れ子になった属性にバリデーションをかけれ(ると思い)ます。