Skip to content

@ysakasin ysakasin released this Dec 25, 2016 · 1 commit to master since this release

  • コマの基本機能を実装。マス目に合わせたコマの移動などは今後実装予定。
  • 部屋削除コマンドcleanroomが動かなかったバグ修正 (thanks @FaviusTy)
  • ListenするPort番号を指定できるように
  • Node.js v6.9.1 LTSヘ移行
  • Herokuへのデプロイに対応
  • Babelを導入 [for Developer]
  • ESLintを導入 [for Developer]
  • Helmetを導入 (thanks @FaviusTy) [for Developer]

注意事項

動作に必要なNode.jsのバージョンが上がりました。Saiderのアップデートを適用する前に必ずNode.jsのアップデートを行ってください。SaiderはNode.js v6.9.1 LTS以上の6系LTSに対応しています。

config.json の設定内容が変更になりました。必ずREADME.mdを参照して、適切な変更を行ってください。

Babel導入により、コンパイルが必要になりました。npm startなど、npm経由での起動では自動でコンパイルされます。エントリポイントからの直接起動には、事前にnpm run buildでコンパイルする必要があります。

Assets 2

@ysakasin ysakasin released this Jul 21, 2016 · 54 commits to master since this release

  • ダイスボットプラグインを実装
  • 一定期間アクセスのないルームをまとめて削除するコマンド
  • データの管理/保持を専用のクラスに分離
  • ルーム一覧ページのデザインを変更

注意事項

Redisで持つデータのキー構造が大きく変化しました。バージョンアップの際にはRedisのデータを手動でリセットしてください。

Assets 2

@ysakasin ysakasin released this Jun 5, 2016 · 71 commits to master since this release

  • パスワード付きのルーム
Assets 2

@ysakasin ysakasin released this May 30, 2016 · 83 commits to master since this release

  • XSS対策
  • CSS崩れの修正
  • config.jsonでRedisクライアントの設定ができるように
Assets 2

@ysakasin ysakasin released this May 26, 2016 · 102 commits to master since this release

  • 新しいデザイン
  • Redisによる永続化
  • 共有メモ
  • マップ共有
  • ルームの作成・削除
  • ライセンスをMIT Licenseに変更
Assets 2

@ysakasin ysakasin released this Sep 9, 2015 · 144 commits to master since this release

  • D100のダイスロール
  • D20のダイスロール
  • D8のダイスロール
  • D4のダイスロール
  • ダイスロール時の成否判定
  • ダイスロール時の加減算
  • 各種モジュールのOSSライセンスを表示
  • ルーム変更時の退出処理
  • ログ表示エリアの高さが広がってしまう問題を修正
Assets 2

@ysakasin ysakasin released this Sep 9, 2015 · 157 commits to master since this release

  • D10のダイスロール
  • D6のダイスロール
  • ダイスロールのショートカットボタン
  • ルーム機能
Assets 2
You can’t perform that action at this time.