Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

quant-methods-R

『Rによる計量政治学』サポートページ

Rによる計量政治学

ここから購入できます(電子書籍もあります)。


目次

第I部 リサーチデザイン

  • 第 1章 計量政治学とは
  • 第 2章 研究テーマの選び方
  • 第 3章 理論と仮説

第II部 Rを使った計量分析の方法

  • 第 4章 Rの使い方(Rスクリプト:ch04.R
  • 第 5章 Rによるデータ操作(ch05.R
  • 第 6章 記述統計とデータの可視化・視覚化(ch06.R
  • 第 7章 統計的推定(ch07.R
  • 第 8章 統計的検定(ch08.R
  • 第 9章 変数間の関連性(ch09.R
  • 第10章 回帰分析の基礎(ch10.R
  • 第11章 回帰分析による統計的推定(ch11.R
  • 第12章 回帰分析の前提と妥当性の診断(ch12.R
  • 第13章 回帰分析の応用(ch13.R
  • 第14章 交差項の使い方(ch14.R
  • 第15章 ロジスティック回帰分析(ch15.R

本書で使用するデータ

データの文字コードはすべてUTF-8です

Rdsファイルについての注意(2020-04-09 追記):Windows OS で download.file() 関数を使って Rdsファイル(例:hr-data.Rds)をダウンロードして使おうとすると、read_rds() の時点でエラーが出ることがあるようです。その場合は、Rdsファイルの代わりに同じ内容の CSVファイル(例:hr-data.csv)をダウンロードし、read_csv() で読み込んでください。

  • 衆議院議員総選挙小選挙区候補者データ, 1996-2017(データに誤りがあったので修正しました [2020-04-19]。福元健太郎さんにご指摘いただきました。)

    • 修正後のデータ (2020-04-19)

    • 修正前のデータ(教科書通りの分析結果を再生するためのデータ)

  • 政党名の日本語表記と英語(ローマ字)表記の対応表:parties.csv

  • 2010年のビールの売り上げと気温のデータ:beer2010.csv

  • 身長の架空データ:height.csv

  • 横長 (wide) データ:wide-table.csv

ggplot2の使い方についての補足

  • ggplot2入門(高知工科大学「統計学2」の授業用資料)

正誤表

本書で使用するデータ の欄にも記したとおり、データセットに誤りがあったので修正しました。修正したデータを使って分析を行うと、正誤表に掲載されている部分以外にも本文と異なる数字が出るところがあると思います。その際は、適宜数字を読み替えてください。教科書に記載されているとおりの結果を確認したい場合は、修正前のデータをご利用ください。第5章のRコード (p.66) を使えば、修正前のデータがダウンロードできます。

第1版第3刷の正誤表(第1刷, 第2刷にも当てはまります)

ページ 場所 解説 Credit
102 散布図の説明 得票率 (votshare) 得票率 (voteshare) 早稲田の学生さん
111 1行目 得票率のヒストグラム 年齢のヒストグラム 早稲田の学生さん
128 5行目 標準平均の標準偏差 標本平均の標準偏差 早稲田の学生さん
153 脚注22 支持するような 支持するように 早稲田の学生さん
156 23行目 μ1 μ 早稲田の学生さん
175 Rの実行結果として表示される表から5行下 除いたた 除いた 早稲田の学生さん
198 1行目 逆に、 逆に、サンプルサイズが小さいと (追加) 早稲田の学生さん
241 Q11-1 選挙費用と年齢 選挙費用と年齢または過去の当選回数

第1版第2刷の正誤表(第1刷にも当てはまります)

以下の内容は、第1版第3刷(2020年12月発行予定)で修正済みです。

ページ 場所 解説 Credit
73 Rの出力(クロス表)の1行目 862 861 小林 哲郎さん
73 Rの出力(クロス表)の2行目 2378 2379 小林 哲郎さん
97 class(HR$wl) の結果 integer numeric 現在最新のRとreadr では、numeric になるようです(2020-06-16)
97 Rの出力 5563, 2378, 862 5563, 2379, 861
98 Rの出力(ページ上部) 5563, 2378, 862 5563, 2379, 861
98 Rの出力 (ページ下部) 5107, 3128, 568 5096, 3138, 569
251 2つ目のコードブロック geom_abline(a = 0, b = 1, ...) geom_abline(intercept = 0, slope = 1, ...) 配布しているRスクリプト(ch12.R)では、当初から正しいコードになっています。 籠谷公司さん

第1版第1刷の正誤表

以下の内容は、第1版第2刷(2020年1月30日)ですべて修正済みです。

tibbleパッケージ(library("tidyverse") で読み込まれる)で tibble(データフレーム)を作る関数が、data_frame() から tibble() に変更になったので、ご注意ください。

ページ 場所 解説 Credit
81 下から3行目 tibble::data_frame() tibble::tibble() data_frame()tibble() に置き換えられたため。
82 1つ目、2つ目、3つ目のRコード内 data_frame() tibble() 同上
188 Rコード内 data_frame() tibble() 同上
190 下から2つ目のRコード内 data_frame() tibble() 同上
192 一番下のRコード内 data_frame() tibble() 同上
249 Rコード内 data_frame() tibble() 同上
251 最初のRコード内 data_frame() tibble() 同上
309 最初のRコード内 data_frame() tibble() 同上
310 2番目のRコード内 data_frame() tibble() 同上
314 下から2つ目のRコード内 data_frame() tibble() 同上
317 最初と2つ目のRコード内 data_frame() tibble() 同上
323 ページ下部のRコード内 data_frame() tibble() 同上
320 最初と2つ目のRコード内 as_data_frame() as_tibble() as_data_frame()as_tibble() に置き換えられたため。
326--327 Rコード内(4箇所) as_data_frame() as_tibble() 同上
172 2つ目のRコード hr09 <- から始まるコード全体(3行分) hr09 <- mutate(hr09, inc = fct_drop(status)) 元のコードも誤りではないが、こちらの方が簡単。 宋ジェヒョンさん
248 12.2.1 の5行目 誤差の分散均一性(前提3)と誤差の独立性(前提4) 誤差の分散均一性(前提4)と誤差の独立性(前提3) 宋ジェヒョンさん

練習問題の解答

関連書籍

About

Repository for "Quantitative Methods in Political Science Using R" by Masahiko Asano and Yuki Yanai

Resources

Releases

No releases published

Packages

No packages published
You can’t perform that action at this time.