209 VR photonphoto (デモアプリ)

miuccie miurror edited this page Jul 28, 2017 · 20 revisions

209 - VR-photonphoto(デモアプリ)

Photonを使用した多人数でVR空間を共有できるデモアプリです。
複数人で同一のVR空間にアバターでログインし、みんなで記念写真を撮影することができます。
また撮影した写真を、Slack上のチャンネルに転送することが可能です。

このアプリをビルドして実行するにはGoogle-Cardboardに対応したハコスコ等のVRゴーグルが必要です。

ソースの場所

https://github.com/yumemi-inc/vr-studies/tree/master/vol2/VR-photonphoto/Assets/VR-photonphoto

動作確認環境

  • Unity / ver 5.6.1
  • Photon Unity Network / ver 1.84.1
  • Google VR SDK / ver 1.50.0
  • Mac OSX Siera
  • GearVR & Galaxy s7-edge

APIキーの取得

このプログラムの実行には、下記のAPI-Keyの取得が必要です。

Photon Cloud

開発者登録をして適当な名前でアプリを登録後、AppIdを取得してください。
https://doc.photonengine.com/ja-jp/realtime/current/getting-started/obtain-your-app-id

Slack API

記念写真を投稿する先のSlackチャンネルでAPI-Tokenを取得してください。
https://api.slack.com/custom-integrations/legacy-tokens


アプリの設定方法

下記のシーンをUnity5.6以上で開きます
https://github.com/yumemi-inc/vr-studies/tree/master/vol2/VR-photonphoto/Assets/VR-photonphoto/VR-photonphoto.unity

Build Targetの設定

BuildターゲットにはAndroidを指定してください

PhotonのAPIの設定

Unityの画面上部のメニューから、Window/Photon Unity Networking/PUN Wizard/LocalPhotonServerSettingsを開き、AppIdを設定します。

SlackのAPIの設定

Hierarychyパネル上のStage/Studioオブジェクトを選択し、StudioManagerコンポーネントの Slack_Api_Tokenプロパティに取得したトークン値を入力します

VRゴーグルでの実行

ビルドを実行して出来たAPKをAndroid端末に転送し、ハコスコ等のGoogle-VR-SDKに対応しているVRゴーグルをつけて起動してください


アプリの操作方法

アプリを起動すると、ランダムなアバターでPhotonクラウドへログインします。10秒ごとに画面中央に配置されたカメラのシャッターが切られますので、下記の操作方法にしたがって、好きなポーズを撮ってみてください。撮影された写真はSlackに自動で投稿されます。

また同時に何個もクライアントを起動することで、同じ空間に入ることができます。 VR空間と現実空間を行き来するおもしろさを感じてもらえればと思います。

Unityエディタ(PC)で実行した場合

  • キーボードの矢印キーで歩くことができます
  • また数字の1-5を押すことで、そのキーに対応したランダムなポーズを取ることができます

VRゴーグル(モバイル)で実行した場合

  • 空中に浮かんでいるオレンジの球を注視することで、その位置まで歩くことができます
  • また右上に浮かんでいるエモーティコンを注視することで、その感情に対応したランダムなポーズを取ることができます
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.