Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
100 lines (59 sloc) 3.84 KB

リンク環境変数リファレンス

目次

Note

サービスをリンクで接続する手法としては、環境変数の使用は推奨されなくなりました。そのかわりに、接続するホスト名として、名前を使ったリンクが可能です(デフォルトではサービスの名前でリンクします)。詳細は :ref:`docker-compose.yml ドキュメント <compose-file-links>` をご覧ください。

Note

環境変数を(Composeで自動的に扱えるように)は、 :ref:`過去の Compose ファイル形式バージョン1 <compose-file-version-1>` を使う場合のみです。

Compose はサービスのコンテナを他に公開するために、 :doc:`Docker リンク機能 </engine/userguide/networking/default_network/dockerlinks>` を使います。リンクされた各コンテナは環境変数のセットを持ます。環境変数は各コンテナ名を大文字にしたもので始まります。

どのような環境変数が設定されているかを確認するには、 docker-compose run サービス名 env を実行します。

name_PORT

全ての URL です。例: DB_PORT=tcp://172.17.0.5:5432

name_PORT_num_protocol

全ての URL です。例: DB_PORT_5432_TCP=tcp://172.17.0.5:5432

name_PORT_num_protocol_ADDR

コンテナの IP アドレスです。例: DB_PORT_5432_TCP_ADDR=172.17.0.5

name_PORT_num_protocol_PORT

公開するポート番号です。例: DB_PORT_5432_TCP_PORT=5432

name_PORT_num_protocol_PROTO

プロトコル(tcp か udp )を指定します。例: DB_PORT_5432_TCP_PROTO=tcp

name_NAME

コンテナの完全修飾名(fully qualified container name)を指定します。例: DB_1_NAME=/myapp_web_1/myapp_db_1

関連情報

.. seealso::

   Link environment variables reference
      https://docs.docker.com/compose/link-env-deprecated/