Permalink
5b2ab6b Apr 1, 2016
105 lines (63 sloc) 5.27 KB

Organizations と teams (組織とチーム)

概要

Docker Hub の organizations 機能は、共有イメージ・リポジトリに仲間がアクセス可能なチームを作成します。Docker Hub の organization には、通常のユーザ・アカウントのように、パブリックかプライベートなリポジトリが含まれます。特定のリポジトリに対してチームの権限を与えられたユーザが、リポジトリに対して送信・取得といったアクセスが可能になります。リポジトリの作成は、organization の所有者グループ(owner group)のみに限定されています。これにより、Docker イメージの配布を限定したままにでき、特定の Docker Hub ユーザが新しいイメージを公開できるように指定できます。

organizations の作成と表示

新しい organizations を追加するには、トップ・ナビゲーション・バーの「Organizations」をクリックします。

organizations 画面

Organization teams

organization の「Owners」チームのユーザが、チーム全体に対するメンバの追加や変更を行えます。

他のユーザは、チームに所属していれば参照可能となります。

teams画面

リポジトリのチーム権限

teams(チーム)はリポジトリを操作できるユーザを管理します。

新しいチームの作成、Hub リポジトリの作成、自動構築をするには、organization の「Owners」(所有者)チームのメンバである必要があります。「Owner」であれば、対象のリポジトリに対して権限を与えるため、リポジトリの画面で「Collaborators」セクションを選べます。

  • Read (読み込み)権限は、ユーザに対してプライベート・リポジトリをパブリック・リポジトリと同じように表示・検索・取得をできるようにします。
  • Write (書き込み)権限は、Docker Hub のリポジトリに対して、手動で送信(push)できるようにします。
  • Admin (管理)権限は、リポジトリに対するユーザの「Description」「Collaborators」権限設定、「Public/Private」の可視性や、「Delete」を行えます。

Note

メールアドレスの確認できないユーザは、チームのメンバに所属し適切な権限を割り与えていたとしても、リポジトリに対しては Read 権限しか与えられません。

Organization リポジトリのコラボレータ

.. seealso::

   Organizations and teams
      https://docs.docker.com/docker-hub/orgs/