Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
179 lines (104 sloc) 10.8 KB

Docker Engine について

Develop, Ship and Run Any Application, Anywhere ~ あらゆるアプリケーションを、どこでも開発、移動、実行できるように

Docker とは、開発者やシステム管理者が、アプリケーションの開発、移動、実行するためのプラットフォームです。Docker は部品(コンポーネント)から迅速にアプリケーションを組み立てるため、コードの移動による摩擦を無くします。Docker はコードのテストやプロダクション(本番環境)に対する迅速な展開をもたらします。

Docker を構成するのは、次の2つです。

  • Docker Engine (エンジン)… 私たちの軽量かつ強力なオープンソースによるコンテナ仮想化技術であり、アプリケーションの構築からコンテナ化に至るワークフローを連結します。
  • Docker Hub … 皆さんのアプリケーション群を共有・管理する SaaS サービスです。

なぜ Docker なのでしょうか?

より速いアプリケーションの配信

  • 私たちは皆さんの環境を良くしたいのです。Docker コンテナと、そのワークフローにより、開発者、システム管理者、品質管理担当者、リリース・エンジニアが一緒になり、皆さんのコードをプロダクションに運ぶのを手伝い、使いやすくします。私たちが作成した標準コンテナ形式により、開発者はコンテナの中のアプリケーションに集中し、システム管理者やオペレータはコンテナのデプロイと実行が可能になります。この作業範囲の分割によって、コードの開発と管理を単純化します。
  • 私たちは新しいコンテナを簡単に構築できるようにしました。これにより、アプリケーションの迅速な逐次投入や、変更の視認性を高めます。この機能は、皆さんの組織における誰もが、アプリケーションをどのように構築し、どのように動作するのかを理解する手助けとなるでしょう。
  • Docker コンテナは軽量かつ高速です!コンテナの起動時間は数秒であり、開発・テスト・デプロイのサイクルにかかる時間を減らします。

デプロイやスケールをもっと簡単に

  • Docker コンテナは(ほとんど)どこでも動きます。コンテナのデプロイは、デスクトップでも、物理サーバでも、仮想マシンにもデプロイできます。それだけでなく、あらゆるデータセンタ、パブリック・クラウド、プライベート・クラウドにデプロイできます。
  • Docker は多くのプラットフォームで動作しますので、アプリケーション周辺の移動も簡単です。必要であればテスト環境上のアプリケーションを、クラウド環境でもどこでも簡単に移動できます。
  • また、Docker の軽量コンテナは、スケールアップやスケールダウンを速く簡単にします。必要であれば迅速に多くのコンテナを起動できますし、必要がなくなれば簡単に停止できます。

より高い密度で多くの仕事量を

  • Docker コンテナはハイパーバイザーが不要なため、ホスト上により多くを集約できます。つまり、各サーバの価値をより高め、機材やライセンスの消費を減らせる可能性があります。

デプロイの高速化による管理の簡易化

  • Docker がもたらすワークフローの高速化は、小さな変更だけでなく、大規模アップデートに至るまでをも簡単にします。小さな変更とは、更新時におけるリスク(危険性)の減少を意味します。

このガイドについて

:doc:`Docker のアーキテクチャ </engine/understanding-docker>` は、次の理解を助けます。

  • Docker がハイレベルでどのように動作するのか
  • Docker アーキテクチャの理解
  • Docker の機能確認
  • Docker と仮想化の違いを知る
  • 一般的な使い方を知る

インストールガイド

:doc:`インストールのセクション </engine/installation/index>` では、様々なプラットフォームに対する Docker のインストール方法を理解します。

Docker ユーザガイド

Docker の詳細を学び、使い方や実装に関する疑問を解消するには、 :doc:`Docker Engine ユーザガイド </engine/userguide/index>` をご確認ください。

リリースノート

各リリースにおける変更点の概要については、 リリース・ノートの各ページ をご確認ください。

機能廃止ポリシー

Docker の各バージョンにおいて、既存機能の削除や、新しい機能に置き換わる変更が生じる可能性があります。既存の機能を削除する前に、ドキュメントの中で "deprecated"(廃止予定)とラベル付けするようにします。通常、少なくとも3つの安定版(stable)リリースがされるまで残します(おおよそ9ヶ月)。期間の経過後、削除となるでしょう。

利用者は、廃止予定の機能に関しては、リリースごとに注意をお払いください。機能の変更が分かった場合は、可能な限り速く(適切な)移行をお願いします。

廃止機能の一覧リストについては、:doc:`廃止機能のページ </engine/deprecated>` をご覧ください。

使用許諾

Docker の使用許諾(ライセンス)は Apache License, Version 2.0 です。使用許諾条項の詳細は LICENSE をご覧ください。

.. seealso::

   About Docker Engine
      https://docs.docker.com/engine/