Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
208 lines (129 sloc) 8.01 KB

Docker ドキュメント日本語化プロジェクト

Attention!

  • Docker 17.06 向けにドキュメントの改訂作業中です(2017年9月現在)。一部古い場合がありますので、ご注意ください。
  • Docker のドキュメントは常に変わり続けています。最新の情報については 公式ドキュメント をご覧ください。
  • 本プロジェクトは有志による翻訳プロジェクトです。お気づきの点がございましたら、 issuePull Request でお知らせ願います。

Docker ドキュメント

Docker を始めましょう

複数のパートにわたる新しい手引きを試しましょう。手引きでは初めてのアプリケーションを書き、データ保存、ネットワーク機能、クラスタの各機能を通し、最終的にはクラウド上のプロダクション・サーバ上でアプリケーションを実行します。すべてを読むのに1時間もかかりません!

Docker のエディションについて

Docker エンタープライズ・エディション

ビジネスにおいて重要なアプリケーションを構築、移動、そして本番環境でスケールさせるような、エンタープライズの開発と IT チームのために設計されています。統合、認証された、エンタープライズが提供するサポートを受け、全てのアプリケーションを現代化するため、業界における最も安全なコンテナ・プラットフォームです。Docker EE は UCP と DTR のようなエンタープライズ向けアドオンを備えています。

Docker コミュニティ・エディション

Docker を使い、コンテナをベースとしたアプリケーションを体験しましょう。Docker CE はデスクトップからクラウドのサーバに至るまで、多くのプラットフォームで利用可能です。単一の環境から自動デプロイ・パイプラインを通し、コンテナを構築・共有します。最新機能をいち早く得たい場合は Edge(エッジ)チャンネルを、あるいは、(挙動が)より予測可能な Stable(ステーブル;安定)チャンネルをお選び下さい。

構成要素


Doc v17.06 目次

.. toctree::
   :caption: Glossary - 用語集
   :maxdepth: 1

   glossary.rst

.. toctree::
   :caption: Guide - ガイド
   :maxdepth: 1

   engine/installation/toc.rst
   get-started/toc.rst
   ユーザガイド <engine/toc.rst>

.. toctree::
   :caption: Docker Compose
   :maxdepth: 2

   compose/toc.rst

.. toctree::
   :caption: Docker Hub
   :maxdepth: 2

   docker-hub/index.rst

.. toctree::
   :caption: Docker Machine
   :maxdepth: 2

   machine/index.rst

.. toctree::
   :caption: Docker Toolbox
   :maxdepth: 2

   Docker Toolbox <toolbox/index.rst>

.. toctree::
   :caption: コンポーネント・プロジェクト
   :maxdepth: 2

   registry/toc.rst
   swarm/toc.rst


About

.. toctree::
   :maxdepth: 3
   :caption: Docker について

   release-notes.rst
   glossary.rst
   about.rst
   guide.rst
   pdf-download.rst

図版は GitHub リポジトリ元 で Apache License v2 に従って配布されているデータを使っているか、配布されているデータを元に日本語化した素材を使っています。

Docs archive

.. toctree::
   :maxdepth: 1
   :caption: Docs アーカイブ

   v1.12 <http://docs.docker.jp/v1.12/>
   v1.11 <http://docs.docker.jp/v1.11/>
   v1.10 <http://docs.docker.jp/v1.10/>
   v1.9 <http://docs.docker.jp/v1.9/>