日本語版: Maya Dome Diagnostics Tool

Toshiyuki Takahei edited this page Jun 1, 2015 · 1 revision

はじめに

Dome Diagnostics Toolは、Mayaの現在のセッションの解析情報をMELスクリプトを使ってマークダウン形式のログファイルに書き出すツールです。これはハードウェアやネットワーク、ネットワーク越しのデバイスや環境変数、Mayaのシーンファイルやプラグイン、サードパーティのレンダラーなどの設定に関する問題を解決するのに非常に役立ちます。

Stackeditで表示したDiagnostics Log

Diagnostics Toolの起動

Dome Diagnosticsを実行すると、デスクトップにログが保存されます。システムにnotepad++がインストールされていれば、notepad++の新しいウィンドウで表示されます。

Domemaster3Dシェルフからの起動

Dome Diagnostics ToolはDomemaster3DシェルフからDiagツールをクリックして起動できます。

Dome Diagシェルフツール

Domemaster3Dメニューからの起動

[レンダリング]メニューセットに切り替えると、[Domemaster3D]タブからCreate Diagnostics Reportメニューを選択できます。

Diagnosticsメニュー

Maya BatchからdomeDiagnostics.melを起動

Maya Batchウィンドウコマンドプロンプト

Diagnostics Toolをターミナルやコマンドプロンプトのコマンドラインから起動することができます。これはSSHや画面共有でレンダーノードの問題を調査する時に便利です。

WindowsでのDiagnostics

下記は、domeDiagnostics() MEL関数をWindowsでMaya Batchを使って実行する例です。

mayabatch -script "C:\Program Files\Domemaster3D\maya\common\scripts\domeDiagnostics.mel" -command "domeDiagnostics();"

MacでのDiagnostics

下記は、domeDiagnostics() MEL関数をMac OS XでMaya Batchを使って実行する例です。Macの例では、Autodesk Mayaのターミナルファイル"Maya Terminal.term"を使うか、mayabatchプログラムフォルダをシステムパス変数に含むよう~/.bash_profileを使います。

mayabatch -script "/Applications/Domemaster3D/maya/common/scripts/domeDiagnostics.mel" -command "domeDiagnostics();"

LinuxでのDiagnostics

下記は、domeDiagnostics() MEL関数をLinuxでMaya Batchを使って実行する例です。この例では、mayabatchプログラムフォルダをシステムパス変数に含めておく必要があります。

mayabatch -script "/opt/Domemaster3D/maya/common/scripts/domeDiagnostics.mel" -command "domeDiagnostics();"

Diagnosticsレポート

DomeDiagnostics関数はMayaとMELスクリプトを使って現在のシステムの状況を下記のように出力します。

  • Computer Name
  • User Account
  • Hardware
    • Processor Type
    • Number of Processors & Speed
    • Physical Memory
    • Free System Memory
  • Networking
    • Network Adapters
    • IP addresses
    • MAC Addresses
  • Hard Disks
  • Graphics
    • Graphics Card Model
    • Free GPU Memory
    • Open GL version
  • Active Processes
  • Maya Details
    • Maya Version + Platform
    • Maya Install Location
    • Maya UI Language Format
    • Maya Locale (Codeset) Format
    • MAYA_LICENSE
    • MAYA_LICENSE_METHOD
    • MAYA_ALT_EN
    • Rendering Software Available
    • Active Renderer
    • Current Maya Scene
    • Recent Scenes
    • Current Workspace
    • Recent Workspaces
    • Renderable Cameras
    • Maya Home Folder Path
    • Maya Render Log File Path
    • Maya.env File Path
    • Maya.env File Contents
    • MAYA_MODULE_PATH
    • MAYA_SHELF_PATH
    • MAYA_SCRIPT_PATH
    • SHARED_MAYA_DIR
    • PYTHONPATH
    • MAYA_PRESET_PATH
    • XBMLANGPATH
    • MAYA_PLUG_IN_PATH
    • Loaded Maya Plugins
    • Image Formats
  • Domemaster3D Environment Variables
    • DOMEMASTER3D_MAYA_DIR
    • DOMEMASTER3D_MAYA_TARGET
  • OS Environment Variables
    • PATH
    • TEMP
    • USERPROFILE PATH
  • Mental Ray Environment Variables
    • MI_CUSTOM_SHADER_PATH
    • MI_LIBRARY_PATH
    • MENTALRAY_LOCATION
    • MENTALRAY_BIN_LOCATION
    • MENTALRAY_SHADERS_LOCATION
    • MENTALRAY_INCLUDE_LOCATION
    • MI_MAYA_SOCKETS
    • MAYA_EXR_LONGNAME
    • Mental Ray Include Directory Contents
    • Mental Ray Shader Directory Contents
  • Arnold Environment Variables
    • solidangle_LICENSE
    • ARNOLD_PLUGIN_PATH
    • MTOA_EXTENSIONS_PATH
  • PlayblastVR Variables and OptionVars
    • PlayblastVR Panorama Format
    • Show Batch Sequence viewer
    • PlayblastVR Module Path
  • Maxwell Environment Variables
    • MAXWELL3_ROOT
    • MAXWELL3_LICENSE_SERVER
    • MAXWELL3_MATERIALS_DATABASE
  • Vray Environment Variables
    • VRAY_PLUGINS_x64
    • VRAY_AUTH_CLIENT_FILE_PATH
    • VRAY_FOR_MAYA2010_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2010_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2010_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2011_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2011_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2011_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2012_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2012_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2012_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2013_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2013_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2013_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2014_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2014_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2014_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2015_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2015_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2015_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2016_MAIN_x64
    • VRAY_FOR_MAYA2016_PLUGINS_x64
    • VRAY_TOOLS_MAYA2016_x64
  • Fabric Engine Environment Variables
    • FABRIC_CAPI_DIR
    • FABRIC_DIR
    • FABRIC_DOCUMENTATION_DIR
    • FABRIC_EDK_DIR
    • FABRIC_PYTHON_MODULE_DIR
    • FABRIC_TOOLS_DIR
    • FABRIC_EXTS_PATH
    • FABRIC_SPLICE_UNGUARDED
    • FABRIC_CUDA_LOG

マークダウン形式のログを表示する

Diagnosticsレポートはシステムのデスクトップフォルダに下記のようなファイル名で自動的に保存されます。 Domemaster3D_Report_<PC名>_<ユーザーアカウント名>.md

上記の命名テンプレートに従って、"HP"という名前のPCを"hazelden"というユーザーアカウントで使っていると、Diagnosticsファイル名は下記のようになります。 Domemaster3D_Report_HP_hazelden.md

Diagnosticsの出力は"マークダウン"形式のプレーンテキストで記録されており、Markdown Pad / StackEdit / Notepad++ / TextWrangler / BBeditまたはその他のプレーンテキストエディタで開くことができます。私のお気に入りの"視覚的な"マークダウンエディタはStackEditMarkdown Padで、これらは無料で使うことができます。

StackEdit

Stackeditで表示したDiagnosticsログ

Markdown Pad

Markdown Padで表示したDiagnosticsログ

Notepad++

Notepad++で表示したDiagnosticsログ


(翻訳: 株式会社オリハルコンテクノロジーズ 高幣俊之)
Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.