日本語版: Vray for Softimage Domemaster3D

Andrew Hazelden edited this page Oct 21, 2017 · 2 revisions

VRay for Softimage Domemaster3D

目次

概要

Domemaster3Dレンズシェーダー(以下、Domemaster3Dと呼びます)は、立体ドーム映像や立体パノラマ映像制作ためのレンズシェーダーセットで、3DS Max、Maya、Softimage、Houdini、Maxwell Studio、Mental Ray Standalone、VRay StandaloneおよびArnold Standaloneに対応しています。レンズシェーダーはメンタルレイ、VRay、ArnoldおよびMaxwell Render version 3.1+から利用できます。

ここではVRay for Softimage版のDomemaster3Dについて説明します。

既知の問題

現在のVRay Domemaster3D (2015-05-23版)は、開発途中のバージョンです。

  • VRay for SofimageのSPDLとDSPresetファイルの基本セットはDomemasterStereoおよびLatLongStereo用に作成されています。
  • Domemaster3DのインターフェースはSoftimage内に表示されますが、現在のところレンズシェーダーのデータを.vrsceneファイルに書き出したりVRayフレームバッファウィンドウでシェーダーを有効化するための、SoftimageからVRayへの変換機能が用意されていません。

VRay for Softimage Support


(翻訳: 株式会社オリハルコンテクノロジーズ 高幣俊之)
Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.