Skip to content
TRON Forum T-Kernel for Raspberry Pi and Renesas RZ/T1
C Assembly Makefile C++ Perl Shell Other
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.settings
_misc/etc
doc
tkernel_source
.cproject
.gitignore
.project
README.md
TEF000-218-150401.pdf
rzt1_kernel-rom.rom.jlink
rzt1_kernel-rom.rom.launch
rzt1_rominfo-rom.jlink
rzt1_rominfo-rom.launch
rzt1_tmonitor.jlink
rzt1_tmonitor.launch
yt-kernel_distmark.png

README.md

yt-kernel

TRON Forum T-Kernel for Raspberry Pi and Renesas RZ/T1

概要

Tronフォーラム(http://www.tron.org/ja/)で下記公開のオープンソース T-Kernel2.0 & Extensyon(T2EX)からポーティングしたリアルタイムOS。

  1. T-Kernel 2.02.00 Software Package
    • 2015/06/08 18:35 396,299 tkernel_source.tar.gz
  2. T-Kernel 2.0 Extension(T2EX 2.01.00)
    • 2015/06/09 13:16 419,593 t2ex_source.tar.gz
    • 2015/03/25 17:12 1,219,629 bsd_source.tar.gz

以前、Raspberry Pi用に公開してた「rpi_t-kernel」の構成を見直し、RTOS(T-Kernel)部分のみを分離し独立させ保守性を向上。更に、ルネサスのRZ/T1マイコン用のコードも同梱。

本プロジェクトを直接修正して利用する事もできるが、アプリプロジェクト内にGitサブモジュール機能でサブディレクトリとして登録して使う事を想定。

T-Kernelに一緒にリンクして動かすサンプルアプリは同梱して動くようにしてある(T2EXの簡易シェル)。 又、別プロジェクトで動かすサンプルアプリも公開していく。

T2EXについて

T-Kernel 2.0 Extension (T2EX) は、T-Kernel にネットワーク機能などを追加する拡張モジュール。

本プロジェクトには、参考にT2EXのコードも同梱しているが、現状ではT2EXの機能は殆ど利用してない。(簡易シェルのコードはサンプルとして利用)

  • t2ex用のビルドフォルダも残っているが、メンテナンスしていない。

Gitリポジトリ

https://github.com/jr4qpv/yt-kernel.git

サポートサイト

下記URLで、ビルド手順や実行方法などの技術情報を逐次提供しているので、詳細はそちらをご覧ください。

https://www.yokoweb.net/dokuwiki/develop/yt-kernel/start

対応機種

1)Raspberry Pi 対応機種

TYPE_RPIは、コンパイル時にRasperry Piの機種を区別しているmake変数。

モデル TYPE_RPI 備考
Pi Zero 1
Pi 1 Model B+ 1 動作未確認
Pi 2 Model B 2 シングルコア動作
Pi 3 Model B 3 32bit,シングルコア動作

2)Renesas RZ/T1 対応機種

モデル TYPE_RZT 備考
Renesas Starter Kit+ for RZ/T1 0
--- 1 予約

プロジェクトのファイル&フォルダ説明

フォルダ名 説明 備考
README.md 説明ファイル Markdownで記述
TEF000-218-150401.pdf ライセンス規約 T-License2.1
yt-kernel_distmark.png T-Kernelディストリビューションucode
tkernel_source/ T-Kenelソース本体フォルダ ポーティングしたもの
doc/ 関連ドキュメントフォルダ
_misc/ その他
.cproject e2 Studio用 RZ/T1
.project e2 Studio用 RZ/T1
.setting/ e2 Studio用 RZ/T1
*.launch e2 Studioデバック用 RZ/T1
*.jlink e2 Studio J-Linkデバック用 RZ/T1

ビルド環境

作者が確認した環境。GCCのバージョンは多少異なっても大丈夫と思う。

【Windows】

【macOS】

【Linux】

コンパイルに必要な環境変数

コンパイル実行するには、下記環境変数が設定されている事が必要。

環境変数 説明
BD T-Kernelソースのベースパス /C/work/yt-kernel/tkernel_source
GNU_BD ARMコンパイラのベースパス /C/Program Files (x86)/GNU Tools ARM Embedded/6 2017-q2-update

仕様書

T-Kernel関連の仕様書はTronフォーラムを参照。

  1. T-Kernel 2.0 仕様書
  2. T-Kenrel 2.0 Extension 仕様書 (T2EX)
  3. T-Monitor仕様書

ライセンス

T-License2.1に従う。同梱ファイル TEF000-218-150401.pdf を参照。

ディストリビューションucode

T-Kernel再配布規約に従い、本ソフトウェアのディストリビューション番号は「00070059」。同梱ファイル yt-kernel_distmark.png を参照。

免責

本プログラムの使用にあたっては、使用者自身の責任で行ってください。作者は何の保証もしないし、本プログラムを利用した上で生じたいかなる障害や損害についても、作者は責任を負いません。

補足

  • 以前の「rpi_t-kernel」は凍結してこれ以上の更新は行いません。今後は、この「yt-kernel」に移行し更新していきます。

来歴

  • 2019/09/28 r0.60公開
You can’t perform that action at this time.